※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

616 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/12/20(水) 00:06:30 ID:3ouRB9kS
数年後。
兄さんは中学三年に、私は五年生になった。
私と兄さんは今も元気だ。

「ただいま。」
家の中には誰も居ないけど私は挨拶をする。
生活の中の挨拶をしっかりしよう。
これは兄さんに言われたことだ。
私にとって兄さんは絶対。兄さんに言われて以来欠かしたことは無い、はず。
おかげで先生にも褒められたこともある。
兄さんじゃない人に褒められてもあんまり嬉しくないけど。

そんなことを考えながら時計を見ると、三時半。
兄さんが帰ってくるまであと1時間ほどだ。
私は机の引き出しをあけて小さな鍵を取り出した。


617 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/12/20(水) 00:08:02 ID:3ouRB9kS
あれは半年くらい前のこと。
私は兄さんに鍵付きの日記をプレゼントした。というより押し付けた
「毎日じゃなくてもいいから日記はつけたほうがいいよ。
私もつけてるんだからさ、兄さんもやろうよ。」
そういうと、兄さんは少し笑って頷いてくれた。
鍵付きの日記なら兄さんは安心して本当のことを書くだろう。

でも、私は、買った時に付いてきた予備の鍵を、
兄さんにその存在を、伝えていない。
何故か?
そんなことは簡単だ。
これは、私の、秘密兵器。
兄さんの本当の気持ちを、文章で表してくれる素晴らしいものだからだ。


618 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/12/20(水) 00:09:29 ID:3ouRB9kS
もちろん、毎日事細かにチェックするなんてことはしない。
兄さんは私を愛しているのだし、私はそれ以上に兄さんを愛している。
互いに信頼し合っている。

だからこれを使った記憶があるのはまだ一回だけだ。
その一回は、兄さんと父が口論をした夜の何日か後。
私はあんな奴、親とも何とも思ってないが、兄さんはどうだろう。
それが気になって仕方が無くなった時の一回だ。
その時日記には、親に裏切られた悲しみが書きなぐってあった。

それから私は父を心底憎んだ。
兄さんを悲しませるような人間は死んだほうがいい。


619 :ideal ◆zvQNG0FZvQ [sage] :2006/12/20(水) 00:11:07 ID:3ouRB9kS
それで今回が二回目の秘密兵器の登場だ。
昨日の日曜、明らかに兄さんは変だった。
まず午前中、私を家に残して兄さんは出掛けて行った。
せっかくの、休み、なのに、だ。
…こんなこと今まで無かったのに。
帰ってきてからも兄さんはどこかおかしかった。
何か、あったに違いない。
調べなくちゃいけない、兄さんの身に何があったのか。

ふと気が付くと鍵を見つめたまま思いの外時間が経っていた。
いけない、あと30分しかない。
私は、兄さんの机から日記を取り出し、鍵を差し込んだ。
カチリと小さな音が鳴り、表紙が開く。