※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

575 :シアン・マゼンダ・イエロー・ストーカー ◆Z.OmhTbrSo [sage] :2007/02/10(土) 19:00:38 ID:+Ky50rQJ
~シアン・マゼンダ・イエロー・ストーカー~

 ある夜の、都心部に在るマンションの一室。
 一人の男がPCと向かい合ってうんうん唸っている。

 男は逡巡してから顔を上げて、
 
『このゲームをアンインストールしますか?』
「はい。・・・・・・っと」

 マウスを操作してゲームのアンインストールを実行する。
 PCがアンインストールの作業を実行し、一分も経たないうちに
ゲームは真也のPCから削除された。

 エロゲーのヒロインが同じゲーム内のヒロインを殺害し、さらにキーボードを
勝手にタイピングしたという現実を目の当たりにしてこのゲームをまたプレイ
しようと真也は思わなかった。
 とはいえ、アンインストールしようとしたらまた何か奇妙な出来事が
起こるのではないかと真也は戦々恐々としていたが、数秒、数分待っても
何も起こらなかった。

「よかった。これで安心だ・・・・・・」

 あのスペシャルステージと、自動的にテキストエディタが
立ち上がったのはゲームに組み込まれていたもの。
 キーボードが勝手にタイピングを始めたのは、自分の気のせい。
 真也はそう納得することにした。

「もう夜の二時だもんな。知らないうちにちょっと寝てたんだろう。きっと」

 立ち上がり、ベッドに身を投げる。
 ぼすっ、という音と共にベッドが真也の体重を受け止めた。

 そしてそのまま目を閉じて彼は眠りについた。 



576 :シアン・マゼンダ・イエロー・ストーカー ◆Z.OmhTbrSo [sage] :2007/02/10(土) 19:01:37 ID:+Ky50rQJ
 翌日。
 今日は燃えないごみの日だったので、あるものをゴミ袋に入れて
ゴミ収集所に出しておいた。
 『あるもの』とは、昨日プレイしたゲームを購入したときに特典として
ついてきたヒロインのフィギュアだ。
 今朝目が覚めたときに、部屋に飾っていたフィギュアを見たら
悪寒がしたのだ。
 
 もしかしたら、フィギュアが動き出すかもしれない・・・・・・

 実際にはしばらく見つめていても何も起こらなかったし、
ゴミ袋に放り込んだときに暴れだす、ということも無かった。
 
「ま、当たり前だよな。昨日のはやっぱり夢だよ」

 そうひとりごちてから会社へ向かうことにした。



 仕事中にメールをチェックしていたら、迷惑メールが一通
届いていることに気づいた。
 メールサーバで迷惑メールは削除するように設定されている
というのに・・・・・・
 不審に思った真也はそのメールの送信者を確認した。

「あれ? これって俺のアドレス・・・・・・?」

 自宅のパソコンから会社のパソコンにメールを送った覚えはなかった。
 ウイルスにでも感染していたのだろうか?

 しかし、そのメールの件名を見て真也は目を見開いた。

「『アンインストールしたこととゴミ袋に入れたことについて』・・・・・・」

 おそらく、昨晩のエロゲーのことを言っているのだろう。
 ウイルスメールにしても昨日の今日ではタイミングが良すぎる。
 それにゴミ袋。まさかあのフィギュアのことを言っているのか?

 真也はしばらく逡巡したが、決心してそのメールを開いた。



577 :シアン・マゼンダ・イエロー・ストーカー ◆Z.OmhTbrSo [sage] :2007/02/10(土) 19:02:23 ID:+Ky50rQJ
『真也くん。お仕事お疲れ様。
 ねえ。どうして昨日私が出てくるゲームを削除しちゃったの?
 あのゲームが無いと私に会えないじゃない。
 もしかして焦らしてるの? だめよ。そんなの我慢できないわ。
 だから私がまたインストールしちゃったから。

 あと、私をゴミ袋に入れたことについてなんだけど、
 これについてはゆっくりお話がしたいな。
 だから今日は早めに帰ってきてね。』

 『私が出てくるゲーム』。
 『私をゴミ袋に入れた』。
 もう疑う余地は無い。
 このメールを送ったのは朝に捨てたヒロインのフィギュアだ。

「どうなってんだよ・・・・・・これ・・・・・・」

 真也は頭を抱えた。
 まさかナニのネタを替えただけでこんなことになるとは。
 家に帰ったらまさかあのフィギュアが待っていたりするのか?
 嫌だ。そんな家には帰りたくない。
 しかし、逃げても無駄なように思える。何せ相手は都市伝説そのものなのだ。

 考えた末、真也は決心した。 

「やられる前に・・・・・・やってやる。
 家に帰ってあのフィギュアを見たらすぐ粉々にして、
 PCのハードディスクも叩き壊してやる・・・・・・」

 
 真也は会社の帰り道で100円ショップに寄りかなづちを購入した。
 人外の相手をするには心許ないが、無いよりは幾分かマシだろう。
 いつもよりも激しく鼓動する心臓を深呼吸で落ち着けながら
自宅へ向けて歩き出した。