※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

146 :野獣とアングレカム ◆OxLd.ko4ak [sage] :2008/07/24(木) 17:48:59 ID:rzDVq6FD
                    プロローグ

「もう卒業して4年になるのか。」
ふと、深夜のファミレスで大学の友人達と安いドリンクバーを飲みながら、他愛も無い話をしていた時、友人の一人が言った言葉に忘れていたはずの高校時代の事を思い出していた。

俺は大学3年。一浪をしてるから本当は4年の筈なのだけれど、もう就職は決定し後は卒業を迎えるだけ。
高校時代から続けていたラグビーは大学に入ると同時に引退して、大学生活を満喫していた。
色々な地域からやってくる同級生達に色々な遊びを教えてもらった。
最近は合コンやコンパ、飲み会にアルバイト。海とか山とか、とにかく遊んでばっかりの様な気がする。


147 :野獣とアングレカム ◆OxLd.ko4ak [sage] :2008/07/24(木) 17:51:23 ID:rzDVq6FD
ん。あれ・・?そういえば、なんで高校時代にひたすらラグビーに明け暮れていたんだろう。
別にそこまで真剣に頑張ってはいなかったと思うんだけどな。特に3年の夏はあまり覚えていない、

いや、なんというか何かとても凄い事が起きた筈なのだけれど、それが何か思い出せない。時々思い出そうとすると頭が凄く痛くなる。風邪なのかそれとも病気なのか。
でも俺は、風邪なんか滅多にひかないし、健康そのものだ。
頭痛になるのが、嫌で直ぐに思い出すのを止める内に忘れてしまったのか。変なクセだよな。
そうこう頭の中で考えていると、高校時代の話をしていた友人達の話が聞こえてきた。


149 :野獣とアングレカム ◆OxLd.ko4ak [sage] :2008/07/24(木) 17:53:56 ID:rzDVq6FD
「ハハハ!そいつがバカでさ~授業は真面目に出るのにテストでいつもビリなんだよ~」
「懐かしいな~!お~!そういえばさ、高校の時に不思議な娘がいたよな~」
「おおお!いたなぁ!えっと名前は~・・・」
「ば、バカ!!」
「お・・・おい!お前その話は!」
「あ・・ごめ!は、話変えようぜ・・・」

高校時代からの馴染みの友人が何かの話をしていた。・・・あの娘?誰だろう。
女子は多い高校だったけど、そんな話題になる娘が誰かは特定出来なかった。
何で、友人の何人かはその話を止めさせたんだろう。
俺の顔を伺っている様にも見えた、いや伺っている、何で焦っているんだろう。
その時だった、友人の放った一言で場の空気は一変する。

「月咲美代子!月咲美代子だろ?お前らの桜花学園の話題の子。俺の高校でも噂で持ちきりだったんだぜ~」

大声で話をしていた、友人の声を聞いていたのかドリンクバーの飲み物を汲みに行っていた別の高校出身の友人の一人が席に戻りながら言い放ち笑いながら席に座った。、
その声に俺以外の桜花学園高校時代の友人達の顔に緊張が走る。


150 :野獣とアングレカム ◆OxLd.ko4ak [sage] :2008/07/24(木) 17:58:01 ID:rzDVq6FD
「あ・・・ああ!そういえばさ!!桜花時代の先生なんだけどさ~!!!めちゃくちゃ面白い人がいたんだけどよー!!!」

「な、なんだよ、いきなり。それより月咲ってどうだったの?彼女、中退しちゃったんだろ?なあ~詳しく聞かせろよ!あ、昂四郎!お前月咲と仲良かったじゃん!いつも電車で一緒に帰ってたの見かけたんだぜ!おい教えろよ~!」

「お、おい!やめろって!」

月・・・咲・・美代子・・・?俺と仲が良かった・・・?いや、そんな女子知らない、一緒に帰った事なんて・・・・あれ、なんだろう。その名前を聞いた途端汗が滲みだす。
・・・頭が痛い。暑い、店内はエアコンが寒い程効いてるのに、なんで・・・震えてるんだ、俺。・・え、なんだこれ・・・!!

気付けば、俺の大きな体は掃除をしたばかりの、ファミレスの床へと握っていたドリンクバーのコップと共に震えながら崩れ落ちていた。
周りに居た友人達が慌てて駆け寄りながら俺の名前を呼ぶ。・・・恥ずかしいな、いい齢して・・・救急車でも呼ばれるのかよ・・。

そこで俺の記憶が途絶え、次に目を覚ますと一人暮らしの自分の部屋にベットだった。周りには友人達が床にいびきをかきながら寝ている。そうか、俺はあのまま。
駄目だ、風邪を引いたみたいにダルイ。起きれない。・・ああ、そうか・・・月咲美代子。少しだけ思い出した。あの娘か。