※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

335 :慎太郎の受難第3話1/7 ◆lPjs68q5PU [sage] :2007/02/18(日) 23:02:39 ID:h00npabN
月曜日。俺は日曜日のこともあり、少し鬱な気分で登校した。奈津子と絵里が鉢合わせしたとき、何も起こらなかったので、内心安心していた俺の気持ち。
しかし、よくよく考えてみると、何もしなかったのは、我慢していただけではないかと・・・
そう考えると今日の部活は恐ろしかった。奈津子になにをされるか・・・そんなことを考えていると授業が頭に入ってこなかった。
結局今日の授業まともに聞けず放課後俺は部室に向かった。さて蛇が出るか、鬼が出るか。
・・・しかし、予想に反する出来事が俺の身に降りかかる。
「ヤッホー、しんちゃん♪」
それはいつもどおりの明るい挨拶。昨日のことなんてなかったかのような笑顔。俺は驚いて言葉が出なかった。
「うーん、どうしたのかなぁ?私の顔に何かついてる?」
「いや、昨日お前・・・」
「昨日どうしたの?」
「いや、会ったじゃん街で!」
「何言ってるの~?あぁ、もしかして妄想?私に惚れすぎちゃった?うれしいなぁ~♪」
・・・忘れてやがる。
「きのうは確か練習終わった後家にそのまま帰ったよ~」
どういうことかは分からないが、奈津子は昨日のことをすっかり忘れていた。
正確に言えば昨日の夜のことのみを。
俺はわけがわからなくなった。
「本当に覚えてないのか?」
「しつこいなぁ覚えてないって言ってるでしょ?」
・・・何がなんだか分からない。
あれは夢だったというのか?
いや、確かに昨日俺は・・・
そんな思考をめぐらせていると、突然グイッと俺は誰かにひっぱられ、
そのまま連れ去られた。

「ちょっとまて誰だ!?」
「つべこべ言わない!」


336 :慎太郎の受難第3話2/7 ◆lPjs68q5PU [sage] :2007/02/18(日) 23:03:36 ID:h00npabN
その声は・・・恵か!
「ちょ・・・何するんだよ!」
そんな声を無視して、恵は俺を引っ張りながらずんずん廊下を突き進む。
「ここならいいかな」
といって停まったのは、部室から遠いほうの階段の踊り場だった。そして恵の第一声。
「あんたどういうつもり!?」
恵は俺に昨日の事情を説明し始めた。
昨日俺に会った後、奈津子はまるで抜け殻のように一言もしゃべらず、
ただふらふらと街をうろつこうとしたらしい。
これは危ないと判断して家まで奈津子を恵が送ったらしい。
ちなみにその間も、魂が抜けたような感じだったらしいが。
「かなりショック受けてたみたい・・・」
そういえばこういう話を聞いたことがある。人は自己防衛のために、記憶にふたをすることがあるらしい。要するに嫌な記憶だけの忘却。奈津子は今そんな感じか。
「いい?余計な詮索をして、思い出させるようなことしちゃ駄目よ。」
「分かってるよ・・・俺もいきなり修羅場になるのはごめんだし。はぁ」
「それにしてもあんたったら、女たらしもいいところね」
「おい!俺にはまだ彼女はいないが?」
「誰だってあの状況みりゃ彼女だって思うわよ!」
うれしい誤解だな。絵里が彼女かぁ・・・
恵に解放された後奈津子に、、恵と何をしていたかと詮索されたが、別に大きなことにはならなかった。
そして土曜日になった。恵の言いつけを守り、奈津子には余計な詮索をしなかった。
幸い、記憶は戻らず平和な一週間がすぎていった。
そう、またしても俺は忘れていたんだ。天国の後には地獄が来ることを・・・
土曜日の夜、それは唐突にやってきた。
神様、俺なんか悪いことしました?





337 :慎太郎の受難第3話3/7 ◆lPjs68q5PU [sage] :2007/02/18(日) 23:05:04 ID:h00npabN
そう、土曜日の夜。
俺は家の電話がなったのに気づき受話器を取った。
「しんく~ん」
「なんだ絵里か」
「何だとは何よ?」
「いや・・・うん他意はない。で、何か?」
「勉強教えて欲しいの」
「はぁ?」
「だから、勉強教えて欲しいの」
「何でまた?」
「全然追いつけなくてさぁ・・・ほらあんた頭いいでしょ?」
「全然」
「あたしよりは確実にいいでしょ?だからさぁその・・・」
「場所は?図書館でいいか?」
「ううん、あたしの家」
「なっ・・・なんだってー」
「あ、両親その日いないの。だから、その泊りがけで教えていきなさい!」
これなんてエロゲ?というかフラグ建っちゃたよおい!
テンションあがるなぁ!よし、少しからかってみるか。
「いいのかよおい、夜にお前を襲っちまうぜ」
「・・・襲ってきたらぶち殺す」
「・・・冗談だって・・・」
なんで可愛いこと言えないかねぇ・・・はぁ。
何はともあれチャンス到来。
これを気に童貞卒業だー!
しかし、その幸せな思考を携帯の着信音が突然さえぎる。
メールが来ていた。誰からだよ、と思い、送信者を見て・・・愕然とした。
Mail from 小牧奈津子




338 :慎太郎の受難第3話4/7 ◆lPjs68q5PU [sage] :2007/02/18(日) 23:05:50 ID:h00npabN
んな夜中になんだよ・・・
俺は一体なんなのかと思いつつ携帯を開いた。内容は
『明日の部活後、私の家に来ない?』
・・・なんですと!というかなぜお前のうちに行かなければならない?
下を見てみると
「来てくれなかったら・・・するよ。あ、ちなみに両親は明日いないの」
と書かれている。
いや、お前何する気だと。
俺の頭は混乱した。
よりにもよってダブルブッキングかよ!しかもどっちも両親いないってなんだよ!
お前らの両親ぐるかよ!
さらに電話で絵里が混乱に追い討ちをかける。
「今の携帯の着信何?奈津子さん?」
いや絵里さん勘良すぎだから!
どうする俺・・・そりゃ絵里のほうに行きたい・・・
だが、奈津子のほうを断ったときに、何が起こるのか予想がつかない。
殺されたりしないだろうか?あいつならやりかねん。
勝手な妄想が俺の中でぐるぐる回る。
どうする俺・・・考えてるうちにまたメールが来た。
『何を迷ってるの?早く返事してよ~』
そんな事言われても!
果たしてどうするか・・・
結局考え付かず、へたれな俺は、結論を明日にまわすことに決めた。
そうと決まれば言い訳するしかない。
まず、絵里に明日返答することを言うことにした。


339 :慎太郎の受難第3話5/7 ◆lPjs68q5PU [sage] :2007/02/18(日) 23:07:03 ID:h00npabN
「絵里・・・すまん明日行くか決めていいか?どうせ夜のことだし、いいだろ?」
「ふーん、今日じゃ駄目なの?」
「あぁ」
「奈津子さんとあたしとで迷ってるんでしょ?」
「んなこたない。ただ心の準備とかが必要なんだ・・・」
「じゃあ奈津子さんは関係ないと。」
「そうだ」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・だ・・・」
「?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そだ・・・嘘だ・・・」
「・・・おい絵里・・・?どうした?」
「嘘だ・・・嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だーーーーーーー!」
!!!!!!
「絵里!」
やばい壊れた!どうしたって言うんだよ!
「絵里落ち着け!まずは落ち着け」
「・・・・・あは♪驚いた?アニメでみてこうすれば男の人って驚くのかなぁと思って。」
どうやら元に戻ったようだ。しかし何のアニメ見たんだ?こいつ。
「驚くも何も心臓に悪い。やめてくれ」
「ふふふ・・・でもね、嘘つくのはやめたほうがいいわよ」
「だから嘘なんてついてないって」
「・・・もう一度言うわよ。あたしに嘘はついちゃ駄目よ。」
「なんでだよ?」
「もう長い付き合いじゃない。しん君が嘘ついてることぐらいわかるし、それに・・・」
「それに?」
「見てるから。じゃね♪」
がちゃ!つーつー。
見てるから?最後のは見てるからってどういうことだ?
まあいい気にはなるが次は奈津子にメールをしなければならない。



340 :慎太郎の受難第3話6/7 ◆lPjs68q5PU [sage] :2007/02/18(日) 23:08:59 ID:h00npabN
しかしここで俺は異常な状態に気づく。
ん?今までの間に新着が50通?
・・・しかも全部奈津子かよ。
何々
『ねぇ返事は?』
『私待ってるんだけど。』
『返事マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン 』
『ねぇ・・・』
『ちょっと・・・まだなの?』
『ふざけないで・・・ねぇってば』
『しんちゃんなんで返事くれないの?』
『速くしてよ!』
『・・・・・・・・ねぇ、私怒るよ?』
『もう怒ったんだからぁ。早く返事をよこせ!』
等など。まだ5分もたってないぜ・・・おい。
とりあえず明日伝える旨をメールで送った。
『すまん奈津子、今日はちょっと決め切れん。明日の部活で返事しても言いか?』
すぐさま返事が来た。
『今じゃ駄目?』
『駄目だ。俺にも心の準備というものがあるしな』
『分かった~。じゃ明日ね。』
あんがいあっさり行った。
まさかここまで奈津子が素直に従うとは思わなかった。
普通にしてればやっぱりかわいいんだよな。
そんなことを考えてるとまたメールが来た。
『そうそう明日先週一緒に歩いてた子のこと教えてね。じゃ今度こそおやすみ~』
戦慄が走った。記憶が戻ってる。何故?このとき俺は初めて死にたいと思った。
盗んだバイクで走り始めるのもいい。とにかく逃げ出したい。
そんな時母がこんな事を俺に言った。
「そういえばあんたがいないとき絵里ちゃん来て、あんたが返してくれないものがあるからって
直接取りに来てたわよ。あんたの部屋探してたけど、なかったって帰っちゃった。早く返しなさいよ」
なんだって!?あいつが俺の部屋に入っただって?
俺の頭は混乱し、何がなんだか分からなくなった。まさか、見てるからって・・・
ふっ思い過ごしさ・・・そうだ思い過ごし。
よし明日になれば何とかなる。そう思って寝てしまった。
そして日曜日が来た。きてしまった。


341 :慎太郎の受難第3話7/7選択肢 ◆lPjs68q5PU [sage] :2007/02/18(日) 23:10:51 ID:h00npabN
部活に行く間俺は次の行動ををどうとるか考えた。
とりあえず思いつくものをあげておく。

1,奈津子のところへ行くことにする。
2,絵里のところへ行くことにする。
3,とりあえず恵に相談してみる。
4,とりあえず鈴木に相談してみる。

どうする俺!?どうする?