※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

454 :ヤンデレエスパー [sage] :2007/02/21(水) 21:46:53 ID:Db0L97sO

私の名前は花形美魔。高校2年で無敵のエスパー!
彼氏は高橋幸一先輩!超能力についてのアドバイスをしてくれる素敵な先輩!
でもちょっぴり責任感強すぎなの!
せんぱーい!今日も一緒に帰りましょう?
えっ?今日は調べ物があるから居残り?ふーんそうですか。(ざんねんだな)

ともかく、図書館でなにをしてるか透視でえい!
えっ?先輩?その横にいる女の子は誰ですか?
「逃げたら悲鳴を上げる?」「手を出さない男は馬鹿だ?」「またこずかいちょうだい?」
明らかな脅迫だ。先輩が手を出さなければ先輩に罪を着せて、手を出せば金を奪い取る。
「汚物は消毒ね!」
私はそう決めると、瞬間移動で校舎に移動した。

先輩に抱きついてる泥棒猫をサイコキネシスで吹き飛ばすと、私はちょっぴり怒った様子で先輩に声をかける。
「ねえ先輩……まさかこのデブ猫に抱きつかれて嬉しかったってないですよねえ」
「お前何処から入ってっ……ふめごらっ!」
泥棒猫に椅子の嵐を叩き込む。あら一発もあたらない。
「ひはぁっ」
変な泣き声を上げる泥棒猫。よし決めた。あんた明日変死体(はーと)

「やめろっ!」
あっ!先輩!駄目!まだこの泥棒猫の目があるのよ!
殺しちゃ駄目?ぶーぶー!先輩を脅した罪は殺人より重いのよ。
……先輩がそういうんだったら……。

ひとまず記憶は消しといたから。
でも、先輩と長いこと合ってるとまた記憶が蘇っちゃうかも。
だからこの泥棒猫に近寄らないでね
(ほんとは記憶ごっそり取ったから、蘇る事は無いんだけどね。こう言っておけば先輩も近寄らないでしょ)

帰り道
ねえ先輩、私とあの泥棒猫どっちが抱きごこちいいですか?
!!
やっぱり私ですよね!(美魔みたいな美貌の子を俺みたいなので吊り合うのかな…)
大丈夫ですよ先輩。だって先輩、大企業を起こす人になるんですから!
えっ?未来を予言した瞬間に未来が変わる可能性がある?
大丈夫ですって!先輩がどうなっても私が守りますから!うふふふふふ………
だって私は無敵のエスパー!