※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

218 :51 ◆dD8jXK7lpE [sage] :2007/04/01(日) 00:23:29 ID:cYfvBBu7
鬼葬譚 第二章 『篭女の社』

よんばんめのおはなし
==============================
 人間の価値は、その人間の死をどれほどの人間が悼むかで
計る事ができるとは、一体誰の言葉だったろうか。
 父の葬儀はしめやかに、だが多くの人に悼まれながら過ぎて行った。
 父が良く相談に乗っていた方々、氏子の方々、それに…
良く神社に遊びに来ていた子供達までも、葬列に並んでいた。
 そういう意味で言うならば、父の価値はきっと高かったのだろう。

 ――唯一の肉親であった、あたしにとっても。


 父は、殺されていた。

 心臓を刃物で一突き。それが致命傷だったらしい。
 手荷物から金銭類がなくなっているため、恐らくは小金目当ての
賊の仕業だろうとの話だった。

 何故。どうして。

 父が、何かしたというのだろうか。
 こんな理不尽な最後を父が迎えなければならない理由が
どこにあったというのだろうか。
 葬儀の日以来、あたしの脳裏をめぐるのは答えのない
その問いだけ。



219 :51 ◆dD8jXK7lpE [sage] :2007/04/01(日) 00:24:27 ID:cYfvBBu7
 そしてその日も…あたしは、何をするでもなく社の縁側で
ぼうと空を見上げていた。
 空はからからに晴れ、もう夏の陽気を降り注いでいる。
けれど、その陽気ですらあたしの心に掛かった澱みを
掃う事は出来ない。
 頭をめぐる『何故』、という問いかけ。
 …いや、それはもう問いかけですらなく、あたしの心を縛りつけ、
深い闇の中に沈める『呪詛』にも似ていた。

 だからだろうか、あたしは目の前に人影があることにすら
気がついていなかった。

「…よう」
「…」
「…おい」
「…」
「おい…紗代!」
「え…?」
 
 あたしを呼ぶ声に気がついて、ようやっと顔を上げる。
 逆光に遮られ、影になった男の顔。

「儀…介」

 ぼぅと、熱病に浮かされたかのようにその男の名を呼ぶ。
 

「…なにかよう? ごめん、いま少し疲れてるから…」

 あたしは儀介にそれだけ言うと、室内に戻ろうと
立ち上がる。今は、とにかく一人でいたかった。


220 :51 ◆dD8jXK7lpE [sage] :2007/04/01(日) 00:25:10 ID:cYfvBBu7
…だが。

「待てよ…!」

 儀介はそんなあたしの手を掴み、あたしを引き止める。
…ああ、そういえば父が死んだあの日も、こんな感じで
儀介に無理やり呼び出されたのだっけ。
 あたしは、何故か急にそんなことを思い出した。
 …もっとも、今はそれもどうでもいい事か。

「…ごめん、疲れてるの…放して」

 あたしは、儀介の顔も見ずにその手を振り払おうとする。
 だが、儀介は手を放さない。それどころか、より強くぎゅうと
あたしの手を握り返した。
 あたしは何も言わずに手を振り払おうとさらに力を入れる。
 それでも、儀介はあたしの手を握る力を弱めようとはしない。

「…放して、お願いだから」

 儀介のほうを振り向き、あたしは懇願するように言う。
 …儀介は、そんなあたしを真っ向からじいと見据えた。
あの日…あたしに向けたあの視線そのままに。
 あたしはそんな儀介の視線に居た堪れなくなり、逃げ出す
ように走り出そうとする。
 だがそんなあたしを逃がすまいとするかのように、儀介は
ぐいとあたしの手を強く引き返した。
 逃げようとすれば逃げようとするだけ、儀介の手の力は強くなる。



221 :51 ◆dD8jXK7lpE [sage] :2007/04/01(日) 00:26:22 ID:cYfvBBu7

 なんなのよ…!

 だんだんとあたしはそんな儀介に苛立ちを覚えはじめていた。
 一人でいたいのに、そっとしておいて欲しいのに…ッ!

「…いい加減に放してよ! なんなの?! 一人にして欲しいのよ!」

 幾度かそんな事を繰り返すうちに、とうとうあたしの癇癪が炸裂する。
 そんなあたしに、一瞬儀介は驚いたような顔をし、だがすぐにむっと
した顔になると、あたしを睨んだ。

「あのな! そんな落ち込んだ姿見せられてな、はい、わかりました
 なんて帰れると思うのかよ?! 人が心配してるってのに…」

 なんて…勝手な。
 儀介の勝手な言葉に、あたしの頭にかぁっと血が上る。
 
「判らないくせに!あたしの気持ちなんかわからないくせに!」
「わからねえよ! 何も言わないで、一人で塞ぎ込んでちゃさぁ!」

 腹が立つ。
 こいつなんかに、こんな奴に何が判るって言うんだ。

「じゃあ、教えてよ! 答えてよ!
 どうしてお父さんは殺されなきゃいけなかったのよ?!」

 気が付けば、あたしは儀介に向かって激昂していた。


222 :51 ◆dD8jXK7lpE [sage] :2007/04/01(日) 00:27:12 ID:cYfvBBu7
「お父さんが何かした!?
 お父さん、殺されなきゃいけないくらい悪い事したのかなぁ?!
 お父さんのどこに殺されなきゃいけない理由があったのかなぁ?!」

 興奮した頭は、冷静な判断をさせてはくれない。
あたしは儀介に向かって叫び続ける。
 叫ぶあたしの目じりがどんどんと熱を持っていく。

「教えてよ…どうして…お父さん…おとうさんがぁ…
 う…うぇっ…ぐっ…うぇぇぇ…」
 
 最後の言葉を紡ぐ前に、零れ出した、涙。
 堪えきれない感情の高ぶりに、あたしはもはや泣く事しか出来なかった。

「ふぇ…ぐ…おとーさん…ひぐ…おとぉさぁん…うぇっ…」

 嗚咽が、涙が、止まらない。
 あたしは、まるで幼い頃のように泣きじゃくり続けた。
 …そんな時だった。
 ふわりっ、と温かい感覚が私を包む。

「…?」

 涙に濡れた顔をあげる。
 そこには…あたしを優しく抱きとめる儀介の姿があった。


223 :51 ◆dD8jXK7lpE [sage] :2007/04/01(日) 00:28:02 ID:cYfvBBu7
「…辛かったよな。苦しかったよな。昔からお前、父親っ子だったし…な」

 儀介の声。先ほどまで感じていた嫌悪感は、もうない。

「お前…本当は結構泣き虫なんだからさ…少しは、泣いちまえよ。
 恥ずかしいなら、胸の一つや二つ、貸してやるからさ」

 儀介…。
 胸が詰まる。先ほどの涙とは、違う涙がこみ上げてくる。

「俺、頼りねえかもしれないし、親父さんみたいに頭がいいわけでもないけど…。
 …俺じゃ、駄目かな。俺じゃ、親父さんの代わりには、なれないかな?」

 儀介の顔を見る事が出来ない。
 だからあたしは、顔を儀介の胸にうずめた。

「…俺と、結ばれてくれないか。
 辛い事も、悲しいことも、半分ずつならきっと耐えられると思うんだ」

 儀介のその言葉に、あたしはただ、泣く事しか出来なかった。

==============================