※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

89 :緋口宗一 :2007/04/27(金) 20:29:26 ID:74nAWJQm
中村さん

「ごめんねー、またやっちったよ」
「ああ、はいはい。部屋ですか?」
「うん。」
「手ぇ、動かないとかないですか?」
「ちょっとぴりぴりしてる・・・。血は、前みたいな
感じ」
「すぐいきますわ」
「ありがとー。・・・怒ってる?」
「はい」
「ごめん」
「はい。じゃあ、脇の下ちゃんと押さえててください。」
「うん。あ、あとさ、ゴムも持ってきて?」

通話を切って救急箱を持って中村さんの家に
向かった。
カウンセリングもあんまり効果がないみたいで、
相変わらずこんな真似を繰り返している。



90 :緋口宗一 :2007/04/27(金) 20:52:18 ID:74nAWJQm
すでに中村さんの右手はムカデみたいな
縫いあとだらけで(彼女は左利き)、
だいぶ前から血管に届くぐらい深く切るように
なっていた。

救急車を呼ぶといやだいやだと喚いて逃げて、
気絶され、退院したあと
「知らない人に触られたから」
と腕の皮を剥ぎだしたりしたので、
それからは僕が応急処置をするようにしている。
惚れた弱みだよなー、と、少し笑えた。
すごく悲しく笑えた。

自転車を深夜の中でとばして中村さんの
家についた。
相変わらず広い。そして寒い。
「中村さーん」
「はーい。」
二階の、自分の部屋にいるらしい。
と言っても、この家にはずいぶん前から
彼女しかいないのだけど。
両親が鬼籍に入った後も、そのまま自分の
部屋に住み続けている。