※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

32 :名無しさん@ピンキー [sage] :2007/08/09(木) 12:48:32 ID:/PW8D9Pi
「ねえねえ、名無し君」
「ん、なんだ」
「今日も、おうちに居てくれるの?」
「ああ」
 俺の答えを聞くと、女は蕩けたような笑顔を浮かべ抱きついてきた。
 この女は、俺のストーカーだ。
 いや――ストーカーだった、というのが事実としては正しいだろう。
 今では俺の恋人、もっと変わった言い方をすれば内縁の妻だ。
 同じ屋根の下で暮らして、同じ釜の飯を食って、同じベッドで抱き合いながら眠る。
 夫婦の実態など知らないから断言できないが、夫婦生活というのはこんなものだろう。

 俺は今年の1月後半から、望んで女に監禁された。
 監禁される前日まで、この女はずっと俺をストーキングしていた。
 俺が住んでいた家に女がやってきた時点で、すでに俺はかなりおかしくなっていた。
 それまでも大量の手紙、帰宅したとき勝手に用意されている夕食、携帯電話へのモーニングコールなど、
それ以外にもいろいろされてきた。
 しかし俺は、それらに参って監禁されたわけではない。

 俺はSSを書くのが好きだった。
 仕事に行っている間も、ずっとSSのことばかり考えていた。
 仕事に行かずにずっとパソコンの画面と向き合い、キーボードを叩き続けていたかった。
 ある時、俺はその望みを叶える方法に気付いた。
 ――この女に監禁されてしまえばいいのだ、と。

 それ以来俺は家から一歩も外に出ず、SSを書くか、女と寝るか、ご飯を食べるか、という単純な生活を送っている。
 最初は社会や友人への未練もあったが、今ではもう全て吹っ切れた。
 SSを書いて居られれば、俺はそれで良かった。そのことに、気付いたから。

 擦り寄ってきた女の体を抱き締める。
 とても柔らかい。安らぐ。そして――暖かい。
「名無し君……」
「今から、いいか?」
「うん……いっぱい、して」
「ああ……」

 ずっと、こうやって暮らしたい。



こんな妄想が浮かんだ俺はもう駄目かもわからんね。