※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

484 :もう何も信じない 第7話 ◆KG67S9WNlw [sage] :2008/09/26(金) 19:38:28 ID:fILIDVGb
―――知りたくなかった。

かみさま、どうしてですか?

どうして、僕から大事なものを奪ってくんですか?

こんなのって・・・あんまりだよ。
ひどいよ。いっそ殺してよ。
なんで、歩なの?他の人じゃだめなの?
僕が両親を殺したから?歩を騙したから?
ねえ・・・なんとか言ってよ・・・
どうして、僕たちが――――

「・・・・っ! 光!大丈夫か!」
「・・・あ、あゆむ・・?どうしたの・・」
「お前、すごくうなされてたぞ。大丈夫か?ほら、水だ。」

夢・・?あれは全部夢だったの?・・いや違う。
僕は、何かを知ったんだ。そして―――
・・あれ?僕は、何を知ったんだ?思い出せない。なにか、ものすごく大事なことだったのに。

いや、きっとこれでいいんだね。そんなの、思い出す必要ない。僕には、歩がいればいいんだ。

「おかわり、いるか?」
「・・・ううん、いらない。いらない、他に何もいらないからっ・・・」

僕は、歩にすがる。

「おねがい・・・ずっと一緒にいて・・・・。」

そう、他に何もいらないから・・・
かみさま、どうか僕から大事な人を奪わないで。


485 :もう何も信じない 第7話 ◆KG67S9WNlw [sage] :2008/09/26(金) 19:39:23 ID:fILIDVGb
それが、2か月前のこと。
僕は、もはや歩なしではいられなかった。

歩がトイレに行く数秒が我慢できなくて、一緒についていった。
歩が他の女の子と話しているのを見て、捨てられるんじゃないかと思ってびくびくしてた。
体育の授業で離れたときは、ほんとに吐きそうになった。あんなものが週3回もあるなんて・・・地獄だよ。
暇さえあれば、人目をはばからず歩の唇にむしゃぶりついた。
ひとりぼっちでいると、ものすごく怖かった。その分、歩にたくさんシテもらった。

僕は、もうだめだね。
歩がいてくれないと死んじゃいたくなる。まるで、麻薬中毒者みたい。


「心配するな。俺には、お前しかいないんだから―――」

君も、僕なしじゃいられないんだね?あは・・・・うれしいなあ。
いいんだよ?もう僕は君しかみえない。いっそ君もそうなっちゃえばいいのに。
でも、どうしてかなあ?「おまえしかいない」って言ったのに―――

「………てわけで光。終わるまでどっかで待っててくれないか?」

どうして、僕を独りにするの?
僕のことが嫌いなの?もううっとおしいの?僕の愛だけじゃ足りないの!?
………そう、じゃあ、君も僕と同じにしてあげる。
僕のことしかみえなくしてあげる。
そうすれば、ほら。二人だけの世界。すばらしいよ。

「ふ…ふふ……歩…許さないよ………明日、たっぷり"おしおき"してあげるからね…?」