※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

549 :もう何も信じない 第9話 [sage] :2008/09/28(日) 20:30:45 ID:JyzWe4pG
それは、青天の霹靂だった―――――

ピンポ―――ン

「ふぁぁ…ん?誰だよ。」
「ぁゆむぅ?だれぇ?」

――っかわいい………この舌足らずな感じが…じゃなくて…

ピンポ―――――ン

「はいはい、今行きますよっと。」

俺はシャツを羽織り、ズボンを履き、玄関に行く。その…昨夜いたしてしまったわけで…
まあ、なんだ。気にするな。

「誰に喋ってるんだい?」
「―っ な、なんでもない。」

がちゃり

ばたん

ドンドンドンドンドンドン


「あゆ君!開けなさい!」

「ったく…なんてタイミングで…おい光!急いで服着ろ!」
「誰なんだい?」
「俺の…伯母さんだ!」
「……って、ええ!?待ってよ!」

がちゃん

「うわあぁぁ!?」

どったん

「まったく…失礼しちゃうわね。人の顔見ていきなり締め出すなんて…あら…?」

くそぅ…なんて怪力だ。ん?

―――あ。

「……っ…た…立てないよぉ……(涙目)」

しまった。ヤりすぎた―――――


550 :もう何も信じない 第9話 [sage] :2008/09/28(日) 20:31:35 ID:JyzWe4pG
「あ―ゆ―く―ん―?彼女さんができたら教えなさいって言ったでしょう?」
「ひぃっ!?ご、ごめんなさぁい!」
「伯母さん!光は――――」
「 あ ゆ く ん ?その呼び方やめてって言ったでしょう?」
「…ハイ…スマセン……礼ねぇさん」


「相変わらず若いですねぇおば「ん?(般若オーラ)」…お、お姉さま!」
「そんな…もう30よ?」
「全然見えないですよ!?」
「で、何しに来たんだ?」
「あらいやだ、愛する義息子に会いに来て何がいけないの?」
「何が"愛する義息子"だ。よくもぬけぬけとそんなことが言えたな。」
「歩!そんな言い方は―――」
「いいのよ…あゆ君はいつもこんな感じだから。いえ、以前なら口なんか聞いてくれなかったわ。」
「歩!君はこんな美人さんにそんなひどいことを!?」
「光の方がかわいい。」
「えっ…もう…歩ったら////じゃなくて!!」

ったく――どうして俺がこんな目に…
そもそも俺は礼ねぇさんには会いたくないんだ。そりゃ、伯父さんが死んでからも、礼ねぇさんは俺を養ってくれた。
でも3年間で俺がねえさんに放った単語は
「オハヨウゴザイマス」「イッテキマス」「イタダキマスゴチソウサマ」「タダイマ」「オヤスミナサイ」だけだ。
はっきり言って、信じられなかったんだ。必死に俺に取り入ろうと顔色ばかり伺う礼ねえさんを、
俺は好きになれなかった。

「ああでも、あゆ君って、私のお姉ちゃんの若い頃そっくりよ?」
「ほんとですか!?」
「ええ、女の子の服を着せれば、もっとそっくりになるんじゃないかしら?」
「僕の服ならありますよ!!?」

「なっ――――落ち着け二人とも!なんでそんな目が血走って――――」
「ハァハァ……歩きゅんの女装姿…………」
「ふふ…おねえちゃあん♪」
「ひぃっ――――!?」


551 :もう何も信じない 第9話 [sage] :2008/09/28(日) 20:32:28 ID:JyzWe4pG
「ちょっとこれは…シャレにならないわね……。」
「ええ………これはやばいですよ…じゅる」

最悪だ。もうお婿にイケナイ。
鏡の中の俺は………完璧女だった。認めたくないが、だれがどう見ても美少女だ。
男の娘ってレベルじゃない。ちなみにこのロン毛はカツラだ。つうか、だれお前。
俺? あ、そう。
ちくしょぉぉぉっ

「ほんとにおねえちゃんそっくり………ううん、もっときれい……っ…」
「礼ねぇさん?」
「…っく…なんでもないわ。ちょっと目にゴミが………」

光が肘でこづき、目配せしてくる。
――――わぁったよ。ったく―――

覚悟を決め、俺は礼ねぇさんを抱きしめる。

「ほら…泣くな。」
「あ…っ。お姉ちゃん!おねぇちゃあぁぁん!わあぁぁぁぁっ!!!」

意外だった。こんな弱々しい礼ねぇさんは始めて見た。
きっとねえさんは、俺に母さんの面影を見ていたんだな。
でも、何でだろう。以前より少しだけ………

「ねえさん、いや………礼。ほら、笑って。」
「ぁ……っ…ふぁぁぁぁん………おねえ…ちゃん……」

少しだけ、このひとを好きになれそうだ。



数時間後――――
さすがにあのままでは色々まずいので女装は解いた。そして………

「…で、本当に何しに来たんだ?」
「だから言ったじゃない。愛する義息子の顔を見に来たって♪」
「嘘つけ。もっとましな理由を考えろ。」
「あゆ君…その、人を疑う癖、良くないわよ?」
「誰のせいでこうなったと思ってる!」

っ―――――地雷踏んだ。

「あのひとのせい、よね…。今でも、申し訳なく思ってるわ。」
「………悪い。つまらないことを思い出させた。」
「いいえ。あゆ君が気にする必要はないわ。わたしも、あのままだったらどうなってたか…。
それよりあゆ君。おとうさんのお墓参りは行かなくていいの?」

―――?
あのクソ親父、死んでたのか?

「女つくって逃げたやつがどうなろうと知るか。」

「…え? まさか…覚えてないの…?」
「何を。」
「あなたの父さん、浮気なんかしてないわ。その前に亡くなったじゃない。」


552 :もう何も信じない 第9話 [sage] :2008/09/28(日) 20:33:33 ID:JyzWe4pG
――――今度こそ意味が分からなかった。

「その前って…いつだよ。」
「あゆ君がまだ小さいころ、小学校に上がったばかりのときよ?」


馬鹿な。だって親父は、女がいるっていって……

まて。

確かに親父はそういったのか?
なんだか、頭にもやがかかったみたいだ……。

「その話、詳しく聞かせてくれないか。」

「…あゆ君、覚えてないならその方がいいかもしれないわよ?」
「頼む。俺は…知らなきゃならない。そんな気がするんだ。」


信じられなかった。
親父は逃げたんじゃない。殺されたんだ。そして妹も。
俺はそれを目の前で見ていたらしい。
そして俺は今まで、いや、今でも忘れている。

「歩……リラックスしなよ。なんだか、思い詰めた顔してるよ?」

ぎゅっ、と俺に抱きつく光。

「大丈夫。大丈夫だ。」

いったいなぜだ?
なぜ親父は殺された?
それから、誰に?
そして、なぜ今まで忘れてた?

まさか、――――?
「まさ、か…な。」
「…あゆ君?」
「なんでもないよ。それより、腹減ったろ。今飯作ってやるから、食ってけよ。」
「あゆ君の手料理なんて………食べたいに決まってるじゃないっ♪」

今日のメニューは、礼ねぇさんの好物のぶり大根にした。
ったく………まさかご飯5杯もおかわりするなんて………どこに行くんだ、その栄養は。

「じゃ、またくるわねー。」
「突然来るのはやめろよな。」


今は夜8時。……まだ起きてるな。

プルルルル…ピッ

「どうした、佐橋?」
「右京か。頼みたいことがあるんだ。」
「なんだ?」
「それは――――」


553 :もう何も信じない 第9話 [sage] :2008/09/28(日) 20:34:24 ID:JyzWe4pG
「ねえ…歩。」
「どうした?」
「もし思い出したとしても…歩は変わらないよね……?」
「?」
「歩は歩のままだよね?僕を愛してくれるよね!?」
「光…なにそんなに震えてるんだ…。」
「だって僕…歩しかいないんだ……。もし…歩に見放されたら……ぁ…」

ちゅ…くちゅ………

「……っぷは。安心しろ。お前には俺。俺には光がいる。それで充分だろ?」
「うん…でも………」
「心配するな………光。」
そう言って俺は、光を愛撫する。

「…ふぁ!あっ!あゆむぅ………」


なあ光…不安なのはお前だけじゃないんだ。
知らなくちゃいけない。なぜかそんな気がする。
でも、知って。その先に何があるのか、不安なんだよ。
何でだろうな…こうしてお前を抱いていても、真実を知るのが怖いんだ。

でも、今だけはお前とこうしていたい。お前といる幸せに、溺れていたい。

愛してる、光。


「そういえば、亡くなった妹さん。なんて名前なんだい?」
「…急にどうした?まあいいか。妹の名前は……


 あきら。 佐橋 晶っていうんだ。」