※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

576 :もう何も信じない 第9.5話 ◆KG67S9WNlw [sage] :2008/09/29(月) 22:15:14 ID:yK5+LjJN
珍しく、あいつから電話があった。
なんでも、調べてほしいことがあるそうだ。

あいつは…佐橋は何か思い詰めたような声色をしていた。
でも、なんでだ?

佐橋は、自分の父親と、妹のことを知りたいだけだろう?何をそんなに恐れる?


俺は、環 右京。
実家は資産家で、しかし俺たちはそれを隠して暮らしている。
"俺たち"というのは、俺と、姉さんのことだ。

佐橋は、俺の初めての友人だった。中学でも、実家のことを隠していたが、
あることがきっかけでそれを知られて以降、まわりのやつらの俺を見る目が変わった。
そのせいで、俺は誰にも気を許せなかった。ただ唯一、姉さんだけが俺をかばってくれた。

実家を出て、必要最低限の仕送りを受け、二人だけで暮らそうと言ってくれた。
姉さんは、俺のためならなんでも捨てる覚悟だった。
せめて、大好きなバイクだけは持っていこう、と言うのが精一杯だったよ。


俺の身の上話はここらへんでやめにしよう。

要するになにが言いたいかっていうと、俺は唯一の友人のためなら何も惜しまないということ。
かつて忌み嫌った環家の財力を以てしても、調べてやろうじゃないか、我が友よ。

プルルルルル………ピッ

「……父さん?お願いがあるんだ。」


577 :もう何も信じない 第9.5話 ◆KG67S9WNlw [sage] :2008/09/29(月) 22:16:38 ID:yK5+LjJN
朝になった―――
俺はあらゆる手段をもって、可能な限り調べ尽くした。
環家御用達の情報屋も当たったし、警察内部のデータもその筋のやつに調べさせた。
たかだか一般人のデータだ。そこまで調べるのは難しくはなかったらしい。
急ぎでやってもらったため、割り増し料金は取られたが構いはしない。

結果、俺は知ることができた。とんでもない事実を。

………これを、佐橋に告げていいんだろうか?
もし知れば、あいつは間違いなく終わる。いや、全てを終わらせてしまいかねない。
だが、いずれ知ってしまうかもしれない。

―――だめだ、言えない…。俺には、無理だ。あの二人の幸せをぶち壊す権利は俺にはない。

どうすればいい?

――――電話だ。
……っ、三神……?

「……頼みたいことがあるんだ。会ってくれないかい?」

察しはつく。きっと三神も、佐橋と同じことを俺に頼むつもりだろう。

でも、俺はどうすればいい? 誰か、教えてくれよ…。

言えるわけない……"三神 光"は死んでいた、なんて…。