※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

586 :もう何も信じない 第10話 ◆KG67S9WNlw [sage] :2008/09/30(火) 14:55:21 ID:UNxrftNU
佐橋 晶。

そう、それが君の妹さんの名前なんだね。

――――あれ?おかしいな。なんで僕、こんなに震えてるの?
わからない。わからないけど……
こわい。

どうして?僕は何に怯えてるの?

……怖いよ。




早朝―――

僕は、結局一晩中眠れなかった。隣には歩がいるけど、きっと寝たふりだ。
僕を心配してくれたんだね?……ありがとう。

「おはよう、歩。」
「……ああ。飯にしようか。」
「うん。」

僕は、歩に僕の不安が気取られないよう、努めていつもどおりの態度をとる。

―――歩が頭を撫でてきた。

「……どうしたの?」
「………おまじない、かな。」

だめだ。きっとばれてる。……歩に隠し事はできないんだよね。


朝食を終え、僕は歩に切り出す。

「今日、調べたいことがあるんだ。出かけていいかな?」
「…構わないが……1人で平気なのか?」

本当は、怖い。できるなら、歩と一分一秒も離れたくない。
でも、いつまでも逃げるわけには行かないんだよね?

「大丈夫だよ。」


587 :もう何も信じない 第10話 ◆KG67S9WNlw [sage] :2008/09/30(火) 14:56:37 ID:UNxrftNU
僕は、右京君と喫茶店で待ち合わせた。頼みたいことがあったんだ。

「……で、三神は佐橋の死んだ妹、晶について知りたいわけだな?」
「うん……歩は、妹さんのことは覚えていないから……」
「そのことなんだが……実は、佐橋にも同じことを頼まれてたんだ。」
「…え?」
「なんでも、『自分の過去に何があったかを知りたい。』って。」
「……で、調べられたのかい?」
「ああ。俺の知り合いには、そういうのを得意とする奴が何人かいるからな。」
「……君が何者なのか、はあえて聞かないでおくよ…。」

そういうのをって……ほんと、何者なんだろう?


「さて、本題に入る前に一つ確認したい。……三神、今回俺が知りえた情報は、
間違いなくお前たち2人の幸せを脅かすものだ。今なら、俺1人の胸の中にしまっておくことができる。
……お前は、佐橋との幸せと引き換えにしても、知りたいか?」

「……どういうこと?意味がわからないよ。歩の過去と、僕たちは関係ないはずだよ?」
「関係なくはないさ。お前だって、それがわかるから今こうして俺のところに来てるんだろう?
……実際は、おそらくお前が考えてるよりずっと深刻だけどな。」

――いったい、過去に何があったの?僕たちと関係があるって……わからないよ。

でも、僕は……

「……ごめん。やっぱり、いいよ。」
「……そうか、お前ならそう言うと思ってた。」
「僕は……ずるいのかな。」
「そんなことはないさ。大事なのは過去より今。いつだってそれは変わらない。」
「そう……だね。ありがとう。」


588 :もう何も信じない 第10話 ◆KG67S9WNlw [sage] :2008/09/30(火) 14:57:29 ID:UNxrftNU
右京君と別れた僕は、歩の家へと向かった。

僕は、いつだって歩との未来を選ぶ。その思いは変わらないはずだよ。

「ただいま。」
「おかえり。用事は済んだか?」
「うん。もう平気だよ。」
「そうか。」

そして僕は眠りにつく。歩のぬくもりを隣に感じながら。



―――逃げるなんて、許さない。光、あなたは知らなくちゃいけないのよ。―――

―――自分が、どんなに罪深いのかを。今、教えてあげる―――


僕は、夢を見た。

夢の中で、僕は人を殺してた。

血塗られた手に、握られたナイフ。
眼前には、横たわる死体が二つ。大人と―――女の子。
そして、いつか見た、子供のころの歩。何かを言っている。

「―――して!どうして父さんと光を殺した!どうしてだ!」

……? 光は僕だよ? 何を言ってるの、歩?

「答えろよ!晶!」

あきら………僕が……晶?

―――思い出した?―――

そうだ……思い出した。僕は……


僕が、晶だったんだ。