※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

776 :名無しさん@ピンキー [sage] :2007/02/13(火) 02:07:30 ID:gnRHxdtb
知ってた。

ナナシ君にとって私なんて使い捨てだって。

それでも私は好きだった。

私の代わりはいくらでもいる。それこそ次々に現れる。ナナシ君にとって私はきっと
たくさんの中の1人でしかないと思う。というか確実にそう。初めての子は印象に残る
っていうけど……私は初めてですら無いから。現に初めての子とは結構長く続いてた
みたいだけど、私とは1ヶ月も保たなかった。次の子も、その次の子もきっと
短いんだろう。短く無かったら許せない。私だけ短いなんてことになったら……
呪ってやる。ナナシ君はもう誰とも長く付き合えない……もしそんな運命なら私も
少しは救われるのかな。

ねぇナナシ君。あなたは知らないかもしれないけど私本当に好きだったんだよ。

使い捨てでもいいって本気で思ってたよ。他の誰を好きでもいいって。でもやっぱり
耐えられ無いよ。本当はどこにも行かないで欲しい。ずっと私だけを、他の何をも
見ずに私だけを見て欲しいんだよ。1ヶ月にも満たないけど一緒にいる間は本当に
幸せだった。この思い出だけで私は行ける、誰にも嫉妬なんてせずに独りひっそりと
ナナシ君を思っていられると。

思ってた、けど。

そんなのやっぱり無理で。

醜い感情が溢れてくる。私を見て。私だけを見て。私だけを私だけを。……こんな
醜い感情はナナシ君には似つかわしく無い。こんな醜い面を見られる前に捨てられて
良かったよ。ナナシ君を汚さないで済んだから。

うん、良かったよ。

一番良かったわけじゃないけど、最悪では無かったと思う。

ナナシ君はもう私のこと忘れたかな?忘れててもいい。

私が最後に発するのはあなたの名前と別れの言葉。

「ナナシ君……さよなら」

私はそうして、空へと舞った。