※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

288 :名無しさん@ピンキー [sage] :2008/10/22(水) 18:28:34 ID:sLh6LgxP
わたしたちがヤンデレだ!!


289 :名無しさん@ピンキー [sage] :2008/10/22(水) 19:42:18 ID:C2KNRpxM
違う!!!!!貴様は自分のエゴを押し通しているだけだ!!!!
その狂愛……俺が断ち切る!!!!


290 :名無しさん@ピンキー [sage] :2008/10/22(水) 19:58:42 ID:VXpECp8N
よぉくいったぁ!ヤンデレェーー!!!!


292 :小ネタ [sage] :2008/10/22(水) 21:39:34 ID:NRnVBBer
 説得する
 彼女の愛を否定する  ←
 彼女の愛を受け入れる

「違うッ! 貴様は自分のエゴを押し通しているだけだ!
 その狂愛……俺が断ち切る!」
「……そう」

 彼女は悲しそうに呟き、いったん黙り込む。
 そして、小さな弟を諭す姉のような口調で切り出した。

「人は誰しもエゴや狂気を抱えているものよ。ただ、二種類の人間がいるだけ。
 それを押さえ込むことに理性を従事させている人間と、
 それを後押しすることに理性を活用している人間。
 ――ねぇ、あなた? 一体、どちらのほうが自然だと思う?」

 疑問符を追いかけるように、たん、と小さな靴が石畳を叩く音が響いた。
 それが聞こえたと思った瞬間、酷く楽しそうな瞳と三日月を描いた唇が目前に迫る。
 反応して身体を動かすどころか、視認することすら叶わない。
 次の瞬間に身体の芯を貫いた衝撃は、体格差から考えれば異様なものだった。

「大丈夫、ちょっと寝てもらうだけ。傷なんてつけないから」

 意識が傾いでいく。
 同様に倒れようとする身体は、優しく抱きかかえられている。
 暗転していく視界の隅に、彼女の至極満足げな笑みが見えた気がした。

 ――GAME OVER。


上のほうの台詞を見てやった。今は反省している
ほんの少しだけ、ヤンデレが何で戦闘力高めなのか分かる気がした