※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

362 :名無しさん@ピンキー [sage] :2008/10/26(日) 17:59:06 ID:IgppDcME
今朝ヤンデレ幼女に襲われるというやたらに生々しい夢を見た
正夢にならないかな……



363 :名無しさん@ピンキー [sage] :2008/10/26(日) 18:27:01 ID:TWWqUh5Z
夢じゃないよ?現実だよ?


364 :名無しさん@ピンキー [sage] :2008/10/26(日) 19:59:04 ID:IgppDcME
>>363
うはwちょっと幼女探してくるw
ちなみに夢の内容はこんな感じだった



365 :ヤンデレ幼女の夢 [sage] :2008/10/26(日) 20:00:47 ID:IgppDcME
夢の中の幼女とはもともと仲がよかったみたいで、お兄ちゃん、お兄ちゃんって俺のことを慕ってくれていた。
俺も最初の内は大いに彼女を可愛がった。暇な時はよく一緒に遊んでやっていたようだ。
でも幼女はいつでもどこでも俺に引っ付いてくるもんだから俺は次第に彼女のことを疎ましく感じるようになった。
俺が幼女以外の人、特に女性と話していると突然どこからともなく幼女が怒鳴りこんできて、それでも俺が無視していると泣き喚く。
俺にも人付き合いってもんがあるんだ。なのに何で彼女が怒ったり泣いたりするのか理解できない。
彼女が俺のせいで泣いているということで俺の評判が落ちたらたまったもんじゃない。
小さな女の子を泣かせるなんて、と俺の評判はがた落ちするかもしれない。
今後できるだけ幼女とは関わりを持たないようにしよう。
そう思って幼女を避けるように行動をしているはずなのに、彼女はどこからともなく必ず俺の前に現れる。
彼女は俺を見つけると嬉しそうに勢いよく俺に抱き付き、その端正な顔を胸に埋めてくる。
しかし、俺の方はこの頃になると幼女を見ることさえ苦痛に感じるようになっていた。

しばらくして俺は何故か突然遠く離れた所に引越しすることになった。
すると幼女は俺を力の限り抱きしめ、顔を涙と鼻水でぐしゃぐしゃにしながら、
「行かないで!」「ずっとずっと一緒って言ったよね?」「私はお兄ちゃんのことがこんなに大好きなのにどうしてそんなこと言うの?!」
と喚き続け、一向に俺を離そうとしてくれない。
俺も初めは波風を立てたくないので穏便に幼女と別れようとしていたが、いつまでも泣きやまずに我侭ばかり言っている彼女に腹が立ち、
「うるさい!いつもいつも自分勝手なことばかり言いやがって!お前の顔なんか見たくもねぇよ!」
と彼女に怒鳴りつけ、強引に引き剥がすとその場を去ろうとした。
「あははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは!!!」
突然気味の悪い声で笑い始めた幼女。
驚いて振り返るとそこには俺の知らない彼女が立っていた。
「そうか。わかったよ。あの女が悪いんだよね?そうだよ。そうに決まってるよ。だってお兄ちゃんが私にそんなひどいこと言うわけないもん。
うん。大丈夫だよ。私全然気にしてないから。悪いのは全部あの女だもん。だからお兄ちゃん。離れるなんて言わないで私とずーっと一緒にいよう?
いつまでも二人だけで一緒に暮らすの。えへへ。私お兄ちゃんのこと大好きだから楽しみだなぁ。ね?ずーっと、ずぅぅぅぅぅぅっと一緒だよ?」
いつ息継ぎをしているのか分からないほどのスピードで恐ろしいことを言い放つ幼女。
その双眸は大きく開き、いつもきらきらと輝いていた瞳に光はなく、代わりにあるのはどろっと濁った深淵の闇。
彼女はその年齢には見合わないほどに美しく笑っていた。そう、寒気がするほどに。
やばい。このままこの場にいたら間違いなくやばい。
そう直感した俺はそんなことを言いながら一目散にその場を駆け出す。
走る走る。一刻も早く幼女の傍から離れたかった。
なのに――

「あははははは♪待ってよー、お兄ちゃーんっ♪」
彼女は俺を追いかけていた。しかも、大人の俺が走るスピードに食いつく速度で。
「くそっ!!な、何なんだよ!気持ち悪いんだよ、お前っ!!こっちに来るんじゃねぇ!!」
普段だったら考えられないような酷い罵声を幼女に浴びせる。それだけ今の俺には余裕がなかった。
「ひどーい、お兄ちゃん。そんなこと言う子にはオシオキだからねっ!」
しかし、幼女は特に気にした様子も見せず、むしろ嬉々とした表情で隙あらば俺の背中に掴みかかろうとしている。
しかもいつの間に取り出したのかその手には鋏が握られているではないか。
ちゃちな作りではあるが仮にも刃物。十分に殺傷力はあるだろう。
わからない。幼女はどうしてそこまでするのだろうか。わからない。
混乱した俺の脳みそじゃその結論に辿り着くことはできず、ただひたすらに逃げろと体中に警鐘を鳴らすことぐらいしかできなかった。



366 :ヤンデレ幼女の夢 [sage] :2008/10/26(日) 20:02:53 ID:IgppDcME
彼女から逃げ回ってるうちに何故か舞台はうっそうと木が生い茂る山奥に。
後ろから聞こえる幼女の不気味な笑い声がまるで鎖のように俺の体に纏わり付き、耳から離れない。
いつまでこうやって逃げ続ければいいんだ?
こうやって走っていても彼女から逃げられるとは思えない。漠然とした恐怖を感じながらそれでも走り続けるしかない。
もう2,3時間以上は走っているように感じられる。喉が渇いて貼りつく。頭がぼうっとする。
ふと腕を引っ張られる感触。恐る恐る後ろを振り向くとそこには――

「つーかまえたっ♪」

この上ないほどの笑顔を浮かべた幼女が俺の腕を掴んでいた。
「うわあああっ!!!離せっ!!!離せよっ!!!」
怖い。怖い。この年端も行かない彼女の笑顔、行動、あらゆる全てが怖い。
完全に取り乱した俺は幼女の手を振り解こうと暴れる。
しかし彼女は絶対に離そうとしない。しかもその顔は喜悦に歪んだまま。
その表情にこの上ないほどの恐怖を感じ、幼女の可憐な顔を思い切り叩く。
口の中を切ったのだろうか。その可愛らしい口の端からはつーっと一筋の赤い雫が滴り落ちる。
それでも彼女は俺の腕を離そうとはしない。むしろ腕を掴む力が強くなるだけだった。
「このっ、いい加減にしろよっ!!」
なお俺の腕にしがみつこうとする幼女の頭を引き剥がそうと髪の毛を思い切り掴む。
勢い余って彼女のさらさらと流れる美しい黒髪がぶちぶちと音を立てて抜け落ちた。
それでも幼女は何も応えていないらしい。
「あははっ♪痛いよー、お兄ちゃん。でもね、こんなことされても平気なんだよ?」
彼女は最早狂っている。そうとしか思えない。
振り乱した髪の下から覗く瞳は焦点が定まっておらず、片手に握られた鋏はギラリと光る。
「うふふ。だって私、お兄ちゃんのこと」
やめろ!!言うな!!それ以上言ったらわかってしまう。理解してしまう。
だからお願いだ。それ以上は言わないでくれ!!
しかし俺の願いは彼女に届かなかったようだ。

『愛してるから♪』

彼女の口が形作る。声帯が空気を震わす。俺の鼓膜が振動を捉える。脳が信号に変換して理解する。
「う、うわあああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!」
その言葉が俺の脳内で静かに響き渡った時、俺はついに正気を失った。
助けて。誰でもいい。嫌だ。早く逃げなきゃ。怖いよ。
最早言葉にすら聞こえない叫び声をあげ子供のように喚きながら俺は必死にもがく。
決して幼女が振り回す鋏で傷つくことが怖かったんじゃない。
彼女から俺に流れ込んでくる重苦しく絡み付くような暗い情念を受け続けることに耐えられなかったのだ。
幼女の呪縛から逃れようと目を血走らせ,息を荒げながら彼女と揉み合いになる。
しかし,幼女はこの状況にも関わらず、キャッキャとまるで面白いおもちゃを見つけた赤ん坊のように屈託なく無邪気に笑い続ける。
「えへっ。楽しいね、お兄ちゃん?」
「くそっ!!くそっ!!離せ――」
ふと足元が軽くなる。何だ?
後ろを振り向くと視界一面に切り立った急斜面が映った。
ああ、つまり俺は足を踏み外してこの崖から――

重力に従って俺はそのまま空の底へと落ちていく。奇妙な解放感が俺を包んだ。
やっとこれで幼女から逃げられる。そう、例えそれで命を失うことになったとしてもだ。
そう思うとあれほど混乱していたにも関わらず、不思議と俺の心は安らいでいた。
最後に彼女の方をぼんやりと見る。
崖から転落して落ちていく俺を幼女はじっと見つめていた。
彼女の瞳の中に俺が映っている。その姿は奇妙に歪んでどこか滑稽な姿に見えた。
そして彼女はずっと嬉しそうにニコニコと俺に微笑んでいた。
意識が途切れる寸前、微かに届いた彼女の声。

『えへ。大好きだよ、お兄ちゃん♪』