※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

14 :the inFinite Evils チャプター1 ◆.DrVLAlxBI [sage] :2008/11/14(金) 23:42:44 ID:3mVZRW6x
あてのない旅をしていました。
たどり着く場所なんてないのに、私はどこかにある――ないかもしれない、安らぎを求めて旅をしていました。
「寒いね」
傍らにたつ少女――涼ちゃんは、私の腕をぎゅっと握って呟きます。
唇が震え、衰弱している。
私は、焦っていました――このままでは、涼ちゃんはもう長くない。
二人であてもなく歩き始めてもう半年。なんとか生き延びてきた私達。
しかし、涼ちゃんは旅のなかで少しずつ弱ってきました。
食事も何でも、特に障害はないのですが、ただ『生命力』が奪われたかのように、動きが遅くなり、鈍くなってきました。
医者には何度も見せました。
しかし、ヤブ医者達は、涼ちゃんを散々こねくりまわして調べても「原因不明だ」などと無責任にも穿き捨てるだけでした。
あろうことか、大学病院で研究させてくれなどという輩もいました。
私は、そんなわからずや達を殴りつけ、涼ちゃんを治せる人のいる人を探しました。
そして、歩きつづけたその果てに、私は自分達がどこにいるかもわからなくなりました。
日本かどうかもわからない、何もない荒野を何日も歩き続けました。
「これを着てください、涼ちゃん」
「でも、希望(のぞみ)が……」
「私はかまいませんから!」
私は自分の来ていた上着を涼ちゃんに着せ、その身体を支えながら歩きました。
雪が降っていました。
べたべたと私達の服に張り付き、溶けて冷たい水となり、体温を奪っていきます。
がたがたと身体を振るわせる涼ちゃん。震える唇は、変色していて。
綺麗。



15 :the inFinite Evils チャプター1 ◆.DrVLAlxBI [sage] :2008/11/14(金) 23:43:15 ID:3mVZRW6x
……綺麗?
なぜ、私はそんなことを思ったのでしょうか。
死に行く涼ちゃんを見て、綺麗?
そんな、馬鹿なことがあるわけがない。涼ちゃんは、太陽なんだ。
私は、いつも元気な涼ちゃんが好きなのに、なぜ、一瞬でもこんなことを考えてしまったのだろう。
私は、涼ちゃんに生きていて欲しいのに。
「……希望、あたしたち、死ぬのかな」
「死なせませんよ。涼ちゃんだけは、絶対に、私が守りますから」
「でも……」
――希望が死んじゃったら、あたしも生きていけないよ。
涼ちゃんはけなげにもそう呟きました。
だから。だからこそ、私は涼ちゃんを絶対に死なせないという決意をしました。
徐々に、雪は大雪に。大雪は吹雪に変わっていました。
積もった雪が脚に絡まって、私達の歩みを邪魔します。
「……」
怒り。
衰弱していく涼ちゃんの顔を見ていると、怒りが溜まってきます。
もちろん、涼ちゃんへの怒りではありません。
この世界の、全てへの怒り。
運命を決める、神への怒り。
「どうして……?」
どうして、この世界はこんなにも優しくなってくれないのでしょうか。
私と涼ちゃんは、二人だけで生きていきたいのに。
私と涼ちゃんは、二人いればそれだけで幸せなのに。
なぜ、奪い去ってしまうのでしょうか。



16 :the inFinite Evils チャプター1 ◆.DrVLAlxBI [sage] :2008/11/14(金) 23:43:48 ID:3mVZRW6x
「もう、いいよ……。希望、あたしを、捨てていって……」
「……!? 涼ちゃん、何を言って……!?」
「このままじゃ、希望も死んじゃうよ……。あたしが、足手まといだから」
はぁはぁと呼吸もままならず、震える声で私にそう訴える涼ちゃん。
そんな……。
涼ちゃんは、私のために死のうとしている。
そんなこと、私が望むわけがありません。
だれのせいか。それはもう、分かりきっていました。
この運命を決めた何か。――おそらく、神と呼ばれるもの。世界そのもの。
もう、気付いてしまっていました。
私達を苦しめるもの……。涼ちゃんの命を奪おうとしているもの。
「……そんなこと、できるわけがありません」
涼ちゃんの頬を撫でる。
冷たい。
でも、すべすべの肌は、やっぱり気持ちよくて。私の大好きな涼ちゃんの感触で。
この感触は。
涼ちゃんのぬくもりは。
放したくない。
絶対に。
「……私はっ!!」
涼ちゃんを強引に掴んで背負い、走り始める。
私と涼ちゃんは同じくらいの体重。かつ、私の筋力はそこまで大きくありません。
でも、だから背負えないなんて。
そんなの、誰が決めた?
神ですか?


17 :the inFinite Evils チャプター1 ◆.DrVLAlxBI [sage] :2008/11/14(金) 23:44:19 ID:3mVZRW6x
なら、私は逆らって見せようって、決めたんです。
「……希望」
ざくざくと雪を掻き分けて、私はがむしゃらに前に進みました。
ひたすら、前を。
時に、雪に足をとられて転んでしまうこともありました。
その時は涼ちゃんだけは命をかけてかばいきり、私は再び走りました。
いつしか、身体が血だらけになって……。感覚がなくなってきて。
涼ちゃんは、すでに何も言わなくなって。
呼吸すらしているのか怪しい。そんな危険な状態でした。
「はぁ……はぁ……」
何も見えない。真っ白な世界。
完全な闇と、同じでした。
白と黒。反対だなんて、誰が決めたのでしょうか。これも神でしょうか。
――同じじゃないですか。
怒りと憎しみと。同時に、笑いが零れる。
「神さま……」
存在するはずの無い、神に、いつしか私は祈っていました。
「涼ちゃんをこんなにしたのは、あなたなんですか……? 私に、ひとつたりとも幸せをあたえようとしないのは、あなたなんですか……?」
涙が流れていることに気付いたのは、このときでした。
凍ってしまって、頬にずっと張り付いていました。
「神さま……涼ちゃんを助けて……! そのためなら、私、なんでも……なんでもします!」
神をあがめてなどいない。
でも、これが本心だった。



18 :the inFinite Evils チャプター1 ◆.DrVLAlxBI [sage] :2008/11/14(金) 23:44:50 ID:3mVZRW6x
「涼ちゃんのためなら、私は、悪魔にだってなってみせます! どんな天罰でも受けて見せます……。だから!」
――だから、涼ちゃんを助けて……!

光が。

光が、生まれました。







そして、意識を失う直前に私が見たのは。

白い霧が晴れた先にある。
暗いくらい。
『漆黒の街』でした。



19 :the inFinite Evils チャプター1 ◆.DrVLAlxBI [sage] :2008/11/14(金) 23:45:39 ID:3mVZRW6x
『the inFinite Evils』


20 :the inFinite Evils チャプター1 ◆.DrVLAlxBI [sage] :2008/11/14(金) 23:46:38 ID:3mVZRW6x
作品予告


「君は特別なんだよ」
突きつけられた事実。
「だからって私……。人には、できることとできないことがあるから……」
戸惑い。
「この子は大きすぎる悪意を感じ取ってしまっている。それがこの子の生きる意志を縮小してしまっているんだ」
義務。
「ありがとう!」
覚醒する希望。
「正義を成すことが、こんなに嬉しいことだなんて、初めて知りました」
終わらない戦いの始まり。
「もっと強くなりたいです!」
そして……邪悪。
「そうやって大きすぎる夢を持ったから、人間は争ってんだろぉ!?」
怒りと憎しみ。
「それでも私は……前に進むって決めたんです!」
愛。
「この身体が朽ち果てても、護りたいものがあるから」

短編連作『the Two in the Dark』 First tale『the inFinite Evils』
始まります。