※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作成中


各職の役割

はじめに、どの職にも共通することは足の速さです。
自動技能の俊足(あれば俊足改も)、装飾の俊足玉は必ず付けましょう。
また、戦術技能の疾駆も必ず一つ以上入れるようにしましょう。

防御

主な役割は突撃時に罵倒を使って相手のタゲを取ることです。
ですので突撃時はなるべく先頭を走って行くのがよいとおもいます。

戦術と同様に範囲攻撃が呪詛札しかないので、場合によってはアイテムで
浄化、回復波で見方のアシスト、余裕があれば布職を狙っての気魂撃。
後はバフの数が必然的に多いので制限を越えないようにする工夫が必要です。

戦術

突撃時、退却時の徒党疾駆が主な仕事です。
徒党疾駆は二つ以上入れて、
移動時、退却時は弐、突撃時は参といった感じで使い分けるといいでしょう。

呪詛の修正により範囲攻撃がなくなってしまったため、
突撃時にはアイテムを使っての回復波・浄化、
敵の練丹や妖術を狙って沈黙・落心など入れていくといいと思います。

攻撃



投射

…?

練丹

味方への回復、浄化、蘇生が主な仕事になります。
回復技能は、再生や大練丹よりも回復波を使いましょう。
蓮華、痛覚反転を使っての魂移法も効果的です。
回復波や浄化は自分中心に使うのではなく、
多く当たりそうなところを狙って撃つように心がけましょう。

蘇生は基本的には連合員優先、余裕があれば連合外という感じです。

速化徒党に入った場合は、まず敵の中央で混乱を撃ちましょう。

呪詛散布は修正により大幅に弱体化しましたが、
帰り際に参でも撃っておけば少しはKILL稼げるかも知れません。

妖術




祝福・神の護りのみ発動時

主に移動時に使うことが多いです。
祝福・神の護りと疾駆のインターバルは30秒で同じなので、疾駆を使って移動速度を上げましょう。
また、戦術は徒党疾駆をお願いします。

移動中敵の連合を見つけた

敵が固まっていればそのまま突撃します。
妖術は詠唱強化からの火炎柱・氷雪嵐、練丹は混乱、双剣はなぎ払い。
いつでも戦法発動できるように、常に党首の位置を確認しておきましょう。

敵が突撃中の場合。逃げます。
祝福・神の護りが使用可能になり次第、全戦法を使って反転突撃します。

囮突撃

篭城戦などで敵の斥候を欺くのが目的です。
祝福護りを使い、5秒間ほど前に進み、一切攻撃せずにすぐ下がります。
戻ったら次の突撃に備えましょう。ここでの死亡は禁物です。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|