※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





  • リカバリ領域バックアップ方法
    • SystemRescueCdのUSBフラッシュメモリ版を作成.
    • リカバリ領域ディスクをsda、書出先ディスクをsddとすると
    # mkdir /mnt/usbdisk
    # mount /dev/sdd /mnt/usbdisk

    # partimage
    # dd if=/dev/sda of=/mnt/usbdisk/backup-sda.mbr count=1 bs=512
    # sfdisk -d /dev/sda > /mnt/usbdisk/backup-sda.sf
    fdiskで書き込んで終了。
  • リストア方法
    # mount /dev/sdd /mnt/usbdisk
    # dd if=/mnt/usbdisk/backup-sda.mbr of=/dev/sda
    # sfdisk /dev/sda < /mnt/usbdisk/backup-sda.sf
    ※Bad inputと出るが気にしない。
    # partimage
    再起動してF11押してあとは普通にリカバリーする。