2008 > 12 > 02佐藤雄平知事


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


県議会:開会 「誠に遺憾」知事陳謝 不正経理盗撮など、相次ぐ職員不祥事に /福島

 県議会の12月定例会が2日、開会した。佐藤雄平知事は所信表明で、国庫補助事業の不正経理問題について「誠に遺憾」と陳謝したほか、県立湯本高教諭による盗撮など相次ぐ職員不祥事に「綱紀粛正を徹底したい」と厳しい表情で語った。

 不正経理を巡っては、農林水産部と土木部の02~06年度の国庫補助事業で、計約3300万円の不正経理が会計検査院から指摘された。県の独自調査で、07年度分の6部局計約1449万円の不正も発覚している。佐藤知事は「適切に対処したい。今後の予算執行で審査機能の充実を図りたい」と述べた。

 県は同日、約16億2000万円を減額する一般会計補正予算案など58議案を提案した。県内28警察署を、10年4月から22署に再編する条例改正案も上程された。【西嶋正法】

毎日新聞 2008年12月3日 地方版

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。