2008 > 11 > 15 > 東京理科大


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【拡大大麻汚染】「有罪…誠に遺憾」早大がコメント
2008.11.15 21:51
このニュースのトピックス:汚染・環境破壊

 早稲田大学(東京都新宿区)は15日、「学生が有罪判決を受けるなどし、誠に遺憾に思う。薬物の危険性は講演会や広報誌で注意喚起をしてきたが、今後も継続して取り組む」とのコメントを発表したが、記者会見は開かなかった。

 早大によると、大麻を栽培していたとして逮捕された商学部3年の学生の事件については「大学としてまったく把握できていない」としている。

 大麻を密輸しようとして逮捕された2人は国際教養学部2年の男子留学生(22)=マレーシア国籍=と、3年(20)=日米の二重国籍=の男子学生で、いずれも逮捕後に退学処分となっている。このほか、事件にかかわっているとみられる同学部2年の男子学生(20)がいるが、9月に大学側に、海外に在住する母親の看病のために「休学したい」とメールで連絡してきた後、行方が分からなくなっているという。

 また、東京理科大(東京都新宿区)は「本学の学生が大麻密輸の容疑で逮捕されたとの報道があり、事実関係を確認している。事実とすれば大変遺憾だ」とのコメントを発表した。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。