2008 > 11 > 17 > 小沢一郎代表


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


小沢代表「遺憾、理解できない」 首相との党首会談

 【東京支社】民主党の小沢一郎代表は17日夜、麻生太郎首相との党首会談後、記者会見し「選挙より景気対策という国民との公約を実行しようとしないのは、非常に遺憾で理解できない」と、追加経済対策を盛り込んだ2008年度第二次補正予算案を今国会に提出しない麻生首相を厳しく批判した。

 小沢代表は「審議拒否はしないが、問題のある法律は十分に審議を続けたい」とし、18日に参院外交防衛委員会で予定している新テロ対策特別措置法改正案の採決には応じない姿勢を示した。

 その上で、補正予算案が提出されれば「通常の審議をして賛成はできないが、国会として結論を得ることを私自身、代表としての責任で約束する」と明言し、麻生首相に早期の提出を求めた。
(2008/11/18)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。