ガドフォール×メーベル(852氏)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2008/01/03(木) 18:14:33 ID:0SgHyftC

「フン!!フン!!」

ガドフォールは今日もまた、いつものように朝早くから剣の稽古にいそしんでいる。

昼近くになり、メーベルが昼食を持ってやってきた。

「いつも頑張ってるわねえ、ガドフォール?」

そう言っておにぎりとイノブタステーキを差し出すメーベル。

「いや、こんな事騎士にとって当然のたしなみ…。
メーベル殿こそいつもいつも上手い食事を作ってくれて感謝している。」
ガドフォールが上気した顔で剣を鞘に収め、汗を拭ってメーベルを見下ろした。
ぷんと、汗の匂いに混じって牡馬の獣臭い匂いが鼻をつき、メーベルがぶるんと身を震わした。

(ああん…。いつも思ってたけど、やっぱりガドフォールって逞しいわ…。)

くんくんと鼻を鳴らし、ガドフォールの匂いを思う存分吸い込む。
ガドフォールがまだ乾ききらない汗を垂らしたまま、イノブタステーキを豪快に食していく。

その雄雄しさが、真昼間にも関わらず、随分ご無沙汰のメーベルの欲情を高めていった。

股のあたりがじゅんと熱くなってくる。
少し距離を取って、ガドフォールの全身をくまなく観察してみる。

上半身は逞しい筋肉質の男の体。
そして下半身は美しい毛並みの中にも、均整の取れた
筋肉に覆われた、お馬さん…。

おにぎりをほおばる度に、馬の足が床を踏み鳴らし、かぽかぽっと心地いい音を出している。

(もうたまらないわ…。ガドフォール…。わたし…。)

メーベルの呼吸が乱れる。
ジオフィートに来て以来、前にも増して生活範囲が狭まり、
満足に新しい男にも出会えない。
欲求不満はピークに達していた。
そっと手を伸ばし、メーベルがガドフォールの馬の毛並みをふわっと撫でた。

「な…!!?メーベル殿…!一体何を…!!?」
ガドフォールがそのあやしい手つきに、頓狂な声を出しておにぎりを吹きだしてしまう。

「別に…。ただ、ガドフォールって…とっても素敵だなあって思って…。」

メーベルが潤んだ瞳で前に回り、
じっとガドフォールの目を見つめた後、
口周りについたおにぎりを指で掬い取り、自分の口に持っていく。

「おいしい…。」

その女性的な仕草に加え、メーベルのとろんとした表情のせいで、
ガドフォールの鼓動が高鳴り、
治まりかけた呼吸が運動ではないものによって再び荒くなり始めた。

思わず目をそらし、逃げだそうと振り返ろうとした瞬間、
メーベルが急に爪先立ちで
伸びあがり、今度はガドフォールの口元にまだ付いていたご飯粒をべろんと舌で舐め取った。

「う…うわあああ!!何を…!」

焦って声が裏返るガドフォールに、メーベルが甘い声でさらに迫る。

「ガドフォール…。わたし、もう我慢できないの…。
だってあなた、とっても…」
「な…私は騎士ですぞ!!
女人との繋がりなど、騎士道には不必要…うッ!!」

最後まで言う前にメーベルが首に手を回し、ガドフォールの顔を引き寄せ強引に口付けてしまった。
柔らかな唇の感触に、ガドフォールが抵抗も忘れて固まる。

メーベルが舌を入れ、優しくガドフォールの舌を絡め取る。

初めての感覚にも関わらず、ガドフォールは舌の甘い動きと熱さに
魂を抜かれたかの様にKOされてしまった。

「ん…ん…」

メーベルが鼻で粗く息をして、
更に舌を深く絡ませてくるのに任せ、ガドフォールが目を閉じてその感覚に酔った。

しばらく唾液を絡ませた後、ぷはっと満足げな音を出して、
メーベルが口を離し、
ガドフォールの目を更に潤んだ瞳で見つめた。

「メ…」

言おうとする唇を、メーベルが人差し指で制した。

「何も言わないで…。私に任せて…?
ちゃんとあなたの事は分かってるから。」

艶やかに微笑み耳元に囁くその声には、大人の女の余裕が漂っていた。

「わか…ってる…?」

一体何をだ…?
ガドフォールの疑問に答えるようにメーベルが再び耳元で囁いた。

吐息が耳たぶに当たり、体中の血の巡りが急激に早くなったように、むずむずしてくる。

「初めて…なんでしょ?」

メーベルの言葉に、かっと顔が赤くなった。

「な…!私は……!!ぐうっ!」

メーベルが両手で綺麗に割れた腹筋に沿わすように体を撫で回し始めて、ガドフォールが拒絶を引っ込め、
体をこわばらせた。
メーベルの手が確かに、心地いい。

「本当にあなたっていい体してるわぁ…。
すごぉい…」

いつもの間の抜けた声が、妙に色っぽく響く。
メーベルが手を這わし、ガドフォールの体と毛並みの感触を味わいながら、
徐々に下半身に移動していった。

やがて愛撫の手が、遂にガドフォールの脇腹を通り抜け、股に到達した。
ガドフォールが完全に固まって、逃げる事も出来ずに焦って言った。

「メ…メーベル殿…!
昼…間ですぞ…!?」
「あらぁ?こんなになってるのに、昼間も夜も関係ないと思うけど…?」
メーベルがにやりと艶然とした微笑を浮かべ、ガドフォールの股間を横から覗き込んだ。
まさに馬並みの大きさを誇るそこが、
ガドフォールの騎士の誇りとは裏腹に非常事態に膨れ上がっている。

「いつも見とれてたのよぉ…?
歩く時に横から覗くあなたのおちんちん…。
人間はもちろん、エルフだって遥かに及ばない立派さなんだもの…。
使わないなんてもったいないわ…。」

羞恥で赤くなるガドフォールの顔を満足そうに見上げたまま、メーベルがそこに手を伸ばした。

とても片手では収まらないほどの巨大さを誇る、ガドフォールの熱くたぎったペニスを握り、すすっと上下に扱き上げる。
「ぐ…っ!」

途端に電流のような快感が走り、ガドフォールが唸った。

「うふふふ…」

メーベルが楽しそうに笑いながら、嬉々としてペニスを扱き続ける。

「うう…ッ…!うう…ッ…!」

ガドフォールが4本の足を不規則に踏み鳴らしながら、顔だけを振って、快感に耐えた。

自分は腐っても騎士の端くれ…。
支配されるわけにはいかない…。
あうんの呼吸でそれを感じ取ったかのように、
メーベルが意地悪にガドフォールの歪む表情を凝視したまま、
いやらしい響きを含んだ声で言った。

「そんな我慢しなくてもいいじゃない…?
みんなしてる事よ?」

ぎゅっと、手に圧力を加える。
ガドフォールに強い快感が与えられ、体がびくんと跳ね上がり、
後ろ足で踏ん張ったまま前足だけを宙に浮かした。

「騎士…には…必要ない…!!ぐッ…!」

メーベルが抵抗を許さないかのように、速度を速めて扱き続ける。

ガドフォールの腰が揺れ、前足がひっきりなしに上がり、
カコンカコンと床で不規則な音を出し続けた。

「騎士の皆さんだって、みんなしてるわよ…?」「そんな事はない…!」「しなきゃ赤ちゃんが生まれないじゃない?
うふふ…。
あなたの尊敬するアバロンだってきっと…。」
「アバロン殿が…このような行為など…」
「あら、私、聞いたもの。本人に。
今はあんなんだから無理だけど、
現役時代はすごかったって…。
そのおかげでやる気が増して、騎士道に邁進できたんだって…。」
「う…うそだ…」
「本当よ?」
「嘘だ!!!!」
「きゃっ」

ガドフォールが拒絶の意思を強め、
大きく前足を跳ね上げてメーベルを振り払った。
メーベルが跳ね飛ばされて床に転がった。
騎士道を侮辱されたと感じたガドフォールが、両前足を振り上げたまま、
後ろ足だけで立ちメーベルを威嚇した。

「メーベル殿…。
いい加減なことを言うと、いかにあなたでも容赦しませんぞ…。」

メーベルが床に転がったまま、怯えを浮かべてガドフォールを見上げた。
しかし、その勃ちあがった股間から垂れる先走りを見て、すぐに余裕の表情を取り戻し、
逆に四つん這いでじりじりとガドフォールに詰め寄っていった。

「な…メー…!!」

あっという間にメーベルが後ろ足で立ち上がったままのガドフォールの股間に近寄り、

「立っててね?」

そう言うと即座に怒張を頬張った。
ガドフォールが熱い舌を敏感な部分で感じ、再び快感に身をよじる。

「あん…おおふい……」
メーベルが、限界まで大口を開けても咥え切れない怒張に手を這わす。
根元を擦り上げながら、亀頭だけを咥え込んで、舌でちょろちょろ刺激をはじめた。

「ぐううッ…くああッ…」

ガドフォールが堪らず絞り出す様な声で喘いだ。
「んふ…」

ガドフォールの男の喘ぎを聞きながら、メーベルが充実感に満足して微笑み、更に舌を使う。

先走りがメーベルの涎と混じってそのきれいな顔を滴っていった。

ガドフォールの腰が前後にがくがくと揺れ始め、後ろ足がもう立っていられないという感じで震えはじめた。

「も…立っていられない…!」

荒い息を吐きながら、ガドフォールがメーベルに限界を訴える。
メーベルが手で扱き上げたまま、口だけを離した。

「壁に前足を付けば大丈夫よ?」

くいっと自分の後ろの、剣や槍が立てかけてある壁を顎で示す。

「く…」

ガドフォールが一瞬騎士の魂そのものの剣を見て、屈辱を感じたが、
中心を握られた弱みに加え、その快感を手放す事など今となっては不可能に思えた。

仕方なく二人で呼吸を合わせて体を進め、
前足を剣と槍との間に立てかける。

すぐにメーベルの口責めが再開され、
下からじゅぼじゅぼっといういやらしい水音と、自身を擦り上げる規則正しい摩擦音が響き渡った。

「くうう…」

前足を壁に預けているおかげで、
さっきよりも腰が激しく動き、快感を深く感じられる。

メーベルが股間に顔を埋め、目を閉じて怒張の先走りを味わい、
手を動かし続けている。
ガドフォールがびくびくと痙攣し始めた。

メーベルが射精の予感を嗅ぎ取って、
更に舌と手のスピードを上げる。

「だ…だめだ…!もうイク…!!!」

ガドフォールが限界を感じて腰を大きく突き出し、
メーベルの口の中に大量の精を放った。

「ううん…」

メーベルに想像以上の精液量が放たれ、口中に収まりきらない白濁が口端を滴り落ちる。
うっとりした表情でごくっと満足げに飲み干したメーベルが、更に顎に零れ落ちた
白濁をもおいしそうに舐め取った。

ガドフォールがまだ前足を上げたまま、その様子を呆然として見ている。
射精の脱力感のせいで頭が満足に動かない。
メーベルが太ももを刷り合わせ、誘うようにガドフォールの胴をさすり、潤んだ目で見上げてきた。

「すごいわ…。本当、あなたって最高よ。
よく思えば、自己処理どうしてたの?
手は…無理しないと届かないでしょ?」
「べ…別に…」
「それとも、私が知らないだけで、誰かとしていたのかしら?」
「そんな事は……」

くすっと笑った後、メーベルがはあはあと荒く息を吐きながら、
もう一度ガドフォールのペニスに顔を近づけた。
優しく全身を両手で握り締める。
熱い息が当たり、満足したはずの自身に再び欲が戻ってくるのがわかる。
「わたし…欲しいのこれ…。」

メーベルが心底物欲しげに目を潤ませ、
半勃ちのペニスをさすりながら、頬擦りした。

「ううう…」

その刺激で一気に怒張が勢いを取り戻し、
どんどん大きく形を変える。

メーベルが一回果て敏感になった先端に、
快感だけを与えるように触れるか触れないかの距離で静かに舌を這わした。

「メ…メーベル…」

再びガドフォールの腰が前後に軽く揺れ始め、
完全に怒張が復活したのを確認し、
メーベルがそっと怒張から距離を取り、
後ろの壁に後ずさり、ガドフォールの前足の間で、背中を壁に当てて立った。

二人の目が合う。

欲情は隠しようもなかった。

メーベルが全てを悟りきったかの様に艶然と微笑んだまま、
静かに後ろを向き、壁に手を付いた。

ガドフォールが生物的な本能で、次に何を為すべきかを理解する。

その腰をぐっと引き寄せ、埋め込みやすい位置に尻だけを突き出させた。
「あん…っ」

メーベルが小さく声を出す。
ガドフォールの目が期待に血走り、呼吸が更に乱れ始める。

がしっとメーベルのスカートを掴み、強引にたくし上げた。
ストッキングの向こうで、下着の上からでもぐっしょりと濡れたそこがはっきり分かる。

すっと割れ目に指を当て上下に擦ってみた。

「ああんんん!」

まだ下着を着けているというのに、メーベルの腰が大きく跳ね上がり、
高い喘ぎ声が飛び出した。
ガドフォールが指を止め、その部分をじっくり観察する。

微妙な間に耐え切れなくなったメーベルが、
堪らず腰を振り、自分でガドフォールの指に
股間を押し当て刺激を得はじめた。

「ああん……ああ…ねえっ!早くぅ……ッ!!」
腰をくねらしながら、後ろを振り返りメーベルが懇願する。

「わかった…」

ガドフォールがごくっと生唾を飲み込んで、メーベルのストッキングに手を掛け、
ほとんど引きちぎるように引き下ろした。

我慢できなくなったメーベルが、早くして欲しいと言わんばかりに自分でパンツに手を掛けるのを制し、
黒い下着をゆっくり降ろしていく。

すでにべったりしみ出た愛液が黒い下着の股間部分に張り付いて、ねっちょりと糸を引いて伸びた。
自分の精液の匂いに混じり、メーベルの女の生臭い匂いが辺りに漂う。

ガドフォールが完全に牡の本能に目覚め、下半身を更に昂ぶらせる。

すっと指を膣に押し当てると、メーベルが

「はぁうんん…」

背中を反らして短く喘ぎ、
中に受け入れやすいように腰を上げた。

ガドフォールがメーベルの望みに応じ、ゆっくりと指を進めていく。

濡れそぼったそこが何の抵抗もなくずぶずぶと、ガドフォールのぶっとい指を受け入れていった。
中の熱さがガドフォールに火をつける。ぐっぐっとゆっくり指を出し入れした。

「ああん!ああぁぁ…!!指…すご…!いいわぁ……ああん!」

すぐにメーベルが悦びの声を上げ、感じ始めた。
愛液が泉のように満ちてきて、ガドフォールの指を湿らせ、抜き差しする度に
外に溢れ出て滴り落ちていく。

メーベルが指の動きに合わせて腰を前後させ、いやらしく喘ぎながら、首を反らして快感に酔った。
ガドフォールの指がメーベルのGスポットを激しく擦り上げ、
人間よりも遥かに長く太い指が子宮口まで届くかの様に、奥までしっかり責めていく。

「やあんん!!そこ…!そこ…いいぃ…!!
ああぁぁんん!!
ガドフォールぅ・・も…っとぉぉ!!!」

よほど欲求不満が募っていたのか、
メーベルが激しく腰を振りながら体をのけぞらせ、大声で喘ぐ。

まぶたをしっかり閉じ、口が開きっぱなしで、今にも涎が垂れ落ちそうな勢いだ。

感じまくっているせいで、指1本では物足りないほど、中が緩くなってきた。

ガドフォールが指をもう1本増やし、
さらに激しく掻き回した。
水音がいやらしく響き、刺激が大きくなり、メーベルが壁に立てかけたガドフォールの前足をぎゅっと握り締める。

「あん!ああんん!や…あぁあんん!」

指の出し入れに合わせてメーベルが声を出す。
中が熱くなり、ひくひくと収縮し始めた。
太ももがぴくぴくと痙攣し出した。

「ああんんん!!も…だめぇええ!!
い…イっちゃ…ひゃやあああんん!!!!!」

大きく叫んでメーベルが背筋を反らせ、そのまま動きを止めた。
ガドフォールの指を絶頂に至った膣壁がぎゅっぎゅっと締め付ける。
指を抜くと、じゅぼっと音がして溢れ出た愛液が指とともに滴り落ちた。
ガドフォールがそのまま本能に忠実に従い、メーベルの腰を掴んで引き上げる。

「あう…っ」

怒張が押し当てられ、メーベルがぴくんと身構えた。

「やあぁああぁああ!!!」

メーベルが悲鳴をあげた。
ガドフォールの巨根がめりめりと壁を押し広げながら埋まっていったのだ。

初めてではないのに、初めての時のような、壁ごと引き裂かれるような痛みが、メーベルを襲った。
痛みで涙が滲んでくる。
欲求不満が募り、ずっとこうしたかったはずなのに、後悔の念が湧き起こった。

こんな化け物みたいな巨根で突かれるなど、最初からやめておけばよかった…。
ここはシリルがいるとはいえ、やはりトウマあたりにしとくべきだった…。
ぐりぐりと抉るように侵入してくる怒張の圧迫感に圧倒されて、メーベルの頬を涙が滴る。

「ぐうう……」

後ろではしっかりとメーベルの腰を引っ掴んで、埋めていくガドフォールが、自身を包む快感をじっくりと味わっていた。
何でこんな気持ちいいことを今まで我慢してきたのか、さっぱり理解不能だった。

腰を進めるたびに、メーベルの膣壁が生き物のように絡みつき、その熱さが欲情を高める。

やがてようやく全部埋め込んで、
二人ともしばし動きを止めその熱い感触を味わった。

ガドフォールが、ゆっくりと動き出す。

そろそろと先端近くまで引き出し、一気にずぼっと突き刺した。

「ひいいいッ!!」

メーベルが快感とは程遠い感触で押し込まれ、苦悶の叫びを上げた。

しかし、今更やめるわけにはいかないガドフォールが、腰をがっしりと引き寄せて突きこむ。

「ひゃん……!」

立ちバックの姿勢で突き上げるように突き込まれ、
メーベルの体が浮き上がるのを、手と前足でしっかり押さえつける。

ガドフォールの突き上げが速くなってきた。
メーベルが壁に立て掛けられた、
前足を必死に掴んで衝撃に耐える。

初めて受け入れる人外の巨根が、中を容赦なく押し広げながら抉り、
内臓が口から飛び出るほどの圧迫感が体中に広がった。

もうあそこががばがばに開ききって、
今後の人生、馬意外とはヤレないかもしれない…。
そんな悲しいビジョンが広がるほどの荒々しい突き上げに揺さぶられ、涙が止まらない。

「フン!!フン!!」

ガドフォールが最初、部屋を訪れた時にしていた剣の稽古同様の規則的な声を発しながら、
メーベルの細い体を押さえ込み、子宮口まで広げ切るほどの突き上げを食らわしていく。

もう同じ体勢で優に10分は突かれただろうか。
メーベルの様子が変わってきた。

膣がようやくガドフォールの怒張になじみ、
内壁をたっぷり摩擦されたおかげで、快感を伝え始めた。

「あん、あぁぁん…!ひゃ…ぁぁあんん、ああんん!!」

ガドフォールの腰使いに合わせ、メーベルが艶っぽい声で鳴きはじめた。
「フン!!フン!!メーベルどの…ッ!いいのか…!!?」
「はあぁんん!!!あ…ッ…!!
すご…いわ…!こんな…の、はじ…めて…ひゃあああん!!」

ガドフォールがメーベルの賛辞に応える様に、ぐいっと力任せに突きこみ、
同時に腰を掴んで引き寄せる。

怒張が深く埋め込まれ、奥に当たる刺激でメーベルが涙混じりに喘ぐ。

さっきまであんなに痛かったのに、ようやく慣れたガドフォールの巨根がメーベルの人生で初めての、強烈な快感をもたらす。

もう他の男とは出来ない…。
そんな事を考えながら、体全体に充満する快感に身を任せ、
メーベルがひいひいと苦しげに、喘ぎか悲鳴か分からないほどの声を上げた。

ガドフォールが艶かしい声に後押しされ、更に力強く突き上げはじめた。
パンパンと肉の擦れる音、埋め込む度にぐちゅぐちゅという水音が響いた。
コツを掴んだガドフォールの怒張が絶妙なタイミングで、メーベルの側壁を擦り上げていく。

前足でしっかりと押さえ込んだまま、ガドフォールの両手がメーベルの胸に回った。

「ひゃああ…!!」

服の脇から強引に手が入ってきて、メーベルの乳房を掴み、揉み上げた。
ガドフォールが抑えたピストンに変更し、胸の感触を味わう。
そのゆっくりした動きが余計にメーベルの官能を高め、体を鋭敏にしていった。

「あん…あん…ああ…っ」

静かに中を探るような、ガドフォールのピストンにあわせ、
メーベルが子猫のような声で小さく喘ぐ。

やがてガドフォールが、メーベルの既に堅くなった乳首をこね回し始めた。

「はあぅぅ…!!」

新たな刺激で、膣への快感が強くなる。
きゅっと締まりがきつくなり、ガドフォールのパンパンの怒張を締め付けた。

敏感になった乳首をいじられ、
恥ずかしいような複雑な感情が起こり、
メーベルが苦悶の表情で首を左右に振った。

「いやなのか…?」

ガドフォールが後ろから耳元に囁いた。
乳首をいじられるままに、その低い声に淫欲が刺激され、メーベルが苦しそうに否定した。

「ちが…うの…。ちがうのよ…」
「そうか…。なら…!」
ガドフォールが再び胸を鷲掴みにし、激しいピストンに移行した。
急激に膣内を擦り上げられて、メーベルが一気に絶頂近くまで追い立てられる。

既に前足を掴む腕には力が入らず、いつの間にか壁に顔を押し付けて、突き上げに晒されていた。
絶え間ない快感で意識が飛びそうになる。
ピストンにあわせてメーベルの体が浮きあがり、真横の剣がカチャカチャと金属音を出した。

「やあああんん!!あああんんん!!
ガド…だめ…だめえええ!!!
いい…ッ!
気持ちいいの…ぉ…!!あぁぁああんん!!!
も…やめてええ…!」

メーベルが激しい律動に突き上げられ、
ジオフォート内に響くような大声を出しながら快感を貪る。
口はもう開きっぱなしで涎が垂れ、目からは快感の涙が溢れていた。

体はこれ以上ない快感に悦んでいるというのに、裏腹に抵抗の言葉をもが出てくる。

「やめる…のか…!?
やめていいのか…!!?」
「きゃあああ!!!」

ガドフォールがそんな事は許さないというかの様に、
一際大きく突き上げメーベルの子宮を揺らした。電流のような快感が体を走り抜けていく。

「いやあ!!やめ…ないで…!!
あぁぁぁんん!!
もうダメぇ…!!
イク…!イク…!!」

メーベルの言葉を立証するように、中がきゅきゅっと収縮しはじめ、
ガドフォールが指の時の、メーベルの絶頂を思い出し、限界が迫っている事を感じた。

「私も…そろそろイクぞ!!」

ガドフォールがぐいぐいと締め付けてくる中の感触を味わいながら、ラストスパートに入った。

「ああぁん…!あぁん…!ぁあぁあん…!!
ダメえ…ほんとに…ああぁんん!!」

胸を鷲掴みされたまま今までよりも激しく、速く突き上げられ、
メーベルが悦楽に歪んだ表情で涙と涎をたらしたまま最高潮の嬌声を上げ続ける。

ずんずんずんずん──。
ガドフォールの怒張がすさまじいスピードで子宮口をほじり、
膣壁を抉り続ける。

メーベルがいよいよ近くなった絶頂に身を何度も震わせ硬直させ始めた。
「やぁっぁああああぁ!!!!」

大声を上げ、遂にメーベルがイッた。

きゅっと内壁が強く収縮し、ガドフォールがその刺激で達し、止めようもなく
メーベルの奥深い所で2度目の精を放った。

動きが止まり、そのまま二人してその快感に酔う。
メーベルは今までの経験を遥かに凌駕する深い絶頂に身も心も委ねて、朦朧としていた。

もうこんな気持ちいい事は二度とないかもしれない。
それほどの快感だった。
ずるっとガドフォールが中から抜かれ、馬並みの大量の精液が穴から零れ出て床を汚した。

メーベルの胸から手を離し、
腰を抑える前足を床に下ろす。
途端にメーベルががっくりと腰を折り屑折れた。
まだ快感の余韻が残るのか、わずかに腰を痙攣させながらうっとりとした表情で、
床に散らばる白濁を眺めている。

ガドフォールが大きく息を吐いて、
自分は射精後の疲労とむなしさを感じながらも、壁に掲げられた剣を視界に捉え、
それでも今後は無駄な禁欲は止めようと、誓ったのだった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。