アミタリリ×ファークリン(妄想・251氏)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007/02/25(日) 19:52:42 ID:VKW1dT5W

アミちゃん…ボクの事、どう想ってるんだろうなァ。
下僕、家来、ペット、奴隷、召使い―…
想い付く言葉は多々あれど、皆、自分が下の立場である物ばかりだ。

まぁ、ボクは特殊な属性持ちだから、
悪い気はしないんだけど…いや、寧ろ大歓迎?
想像してみる。

―アミちゃんに蹴られるボク。
―アミちゃんに怒られるボク。
―アミちゃんに(性的な意味で)酷い悪戯をされるボク。

ああ、うふふ。
何だかほわほわ。
良い気分になってきちゃった…かも?

若し、ボクがアミちゃんと体を繋げる様な関係になれたなら、
その時はやっぱり、アミちゃんにリードして貰いたいな。

「ファークリン、今日は特別に奉仕する事を許してあげるわ!
まずは、足を舐めなさい!」

ベッドに腰掛けて、冷たい目線でボクを見下ろすアミちゃん…

「若し、アンタの方が先にイっちゃったら、
後ろの穴を、この極太バイブで犯してあげるんだからね!!」

ペニスに加えて、アナルにまで手を出そうとするアミちゃん…

ああ、想像するだけで股間が熱くなってきちゃうよ…

どうしよう…こんなボクは、やっぱり変態だ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。