第2章第5話「偽りという名の仮面」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

執筆者:ユルカ

AM 08:50 ボード学園高等部2年A組・教室


「志熊さん? あなた、護矢君と何かあったの?」

「えええっ!?」


回し蹴りがさく裂し、ダウンした晃輝を横目に、雅菜は京にそう聞いた。


「な、何もないですよ! あったら、もっと普通に話しかけてきませんか?」

「それもそうね……。ごめんなさい。野暮なことを聞いちゃって」


しかし、この会話を交わした後、京は誰にも聞こえない声で呟いた。


(ごめんなさいはこっちのほうですよ……草加さん)


そして、ダウンしている晃輝の手の中には、京の書いたメモがあった。


『放課後の屋上で待ちます。 志熊 京』





そして、その騒ぎを冷ややかな目で見ていた一人の少女がいた。


豊桜 冥 ―またの名を『EASE・技の戦士:ソフォクレス』―


(くだらない。一人の人気者に対する馬鹿騒ぎと、一人を口説こうとしたこの騒ぎ。
 人間という生き物がくだらないことがわかる。)

「どうしたの? 豊桜さん、怖い顔しちゃって?」


雅菜が今度は冥に話しかけてきた。

しかし、冥はすぐに表情を変え、こう言った。


「いいえ。ちょっとこの騒ぎについていけなくなっただけよ」

「ああ……そうかもね」


(嘘という仮面は、どんな人間でも被れる物。しかし私が、被ることになるとは……)



同時刻・EASE:図書室―



そこで、神藤 和子 ―またの名を『EASE・力の戦士:エウリピデス』― は、本を読んでいた。

それも人間では到底読めないような数を……。


「勉強熱心だね?」


そこに、エウリュディケがやってきた。


「いえ、好きでやっていることですから」

「もうすぐ、読めなくなるからかな?」


ピクリと、和子の手が一瞬止まる。


「分かっているね? 次の任務に失敗したときは……」

「分かっています。ライダーを倒し、我等の同志とするために」


(だけど、私には……私には……!!)


和子の思いは複雑だった。

以前に知った、ゼベイル=舞夜のデータを調べるうちに、人間への情が出来てしまったのだ。

この3日間、何度もゼベイルをチャンスを与えられながら、それをわざと失敗させた。


(私は……どうすればいい?)



同時刻・Dr.レッドリリーのアジト―



「まだ、動かれないのですか?」

「そろそろ良いころね。やりましょうか」


まるで、料理をするような感覚で、作戦を実行しようとしているDr.レッドリリー。

なんて物騒なんだ。


「15:00に、ボード学園で始めなさい」

「目標は?」

「今回の目標は……SB社製のライダー及び、BOARDのライダーよ」

「了解しました。……シグマはどうしますか?」

「今回は目標を優先させなさい」

「はい」


(そう。私の傑作に、まだ死は早すぎる……)


ここにも、偽りの仮面を付ける者がまた一人。



物語は、仮面と共に動き出す。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。