世界観設定(プ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一ノ宮財閥

SB社をも凌ぐ力をもつ大企業。
その力は世界経済に多大な影響力をもち、経済を裏で操っていると噂される。
一方で“守護神機関”の力をもってしてもその実態を探れぬ謎多き企業でもある。
カンケルについて多くの情報を持つほか、シキの一族についても知っているなど経済界のみならず、歴史や社会の裏側にも深く関わっていると思われる。

シキの一族

刹那の一族。
古くから外界との関係を絶ち、人里離れた山奥で生活をしていた。
そのため血を受け継ぐ者が減っていき、衰退の一途を辿り滅び行く運命にあった悲運の一族。
しかし突如として現れたカンケルにより刹那一人を残して全滅。現在では刹那ただ一人である。
シキへの変身能力、未知の力『ダークライト』などの超能力を備えているなど謎も多い。

Dr.アリス一味

Dr.アリスを筆頭とした一味。
構成員はアリスが作り出した異能生命体のみ。
あらゆる意味で異質な組織体制をもち、他の組織のような支配力・強制力が存在しない。
つまり、アリスに組織を率いているという自覚は無く、ひたすら研究と実験に没頭している。異能怪人達も命令があれば従うが基本的には自分達の意思で勝手に行動している。
また目的が世界征服や人類の淘汰等ではなくアリスの研究の完成なので、派手な行動に出ず多くの組織はその存在を把握していない。

異能生命体

Dr.アリスが作り出した人工生命体。
アリスの研究過程で誕生し各々が高い戦闘能力や超能力を有している。血の色は青。
生物兵器としては申し分のない力を持つが、アリス曰く「ただの失敗作」。
彼らは死者の細胞を使用して作られた一種のクローンだが、生前の記憶や人格は引き継いでいない。
また異形の姿や戦闘能力、超能力に関しては偶発的に生まれた副産物であり、アリスの望む物では無かった。
それが「失敗作」と呼ばれる所以らしい。

眷属

カンケルがその身から生み出すとされる異種生命体。
眷属の中でも階級差が存在し、下級のキャンサーは知能はおろか自我すら持たないが、中級や上級クラスになると知能や自我を有するようになる。
独立した生命体ではなく、あくまで『カンケルの身体の一部』であり、根本にあるのはカンケルの意思であり本能である。
アリス曰く「人間に例えるならば白血球や抗体のような存在」。

消滅波動

カンケルとその眷属のみが操る特殊なエネルギー。
この力を受けたあらゆる物質は、存在を『破壊』されるのではなく『消滅』してしまう。
眷属内でも威力にはバラつきがあり、強い力を持つ者であればある程度は耐えられる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。