第1章第3話「デスティニー・エンカウント」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「なんで俺まで行かなきゃなんないんだ……」

「もう、カシス君! ぶつぶつ言ったって仕方ないってば!」


志熊 京とカシス・S・時雨の二人はボード学園の校門前に来ていた。

9月1日、今日から二人ともこの学園の生徒である。

京は高等部2年A組。カシスは高等部3年B組だ。


「あのな、俺は大学卒業してこっち来たんだぞ。何でいまさら……」

「でも、やってることは自宅警備じゃない!」


簡単に言うと、ニートということだ。

実際はキールの手伝いをしているが、手伝いなので仕事とは見なされない。


「わかったよ。やるだけやってみるさ」

「とりあえず、職員室まで行こっ!」


京は意気揚々とそう言うが、カシスは知っていた。


―空元気だな、あれは。


本当は不安だらけなのだろう。この学園に行くことが決まってから、

京はアルバイトをすると宣言して、あっという間に喫茶店のバイトを決めてきた。

だが京は、ある事情からあまり他人とは接していなかった。

そんな人間が学校で友人を作り、アルバイトで良好な関係を作れるのか?


―はっきり言おう。かなり難しい。


「そうか……」


カシスは木場社長が自分を一緒に編入させたかの理由をつかんだ。


―ひとりじゃない。頼れる人がいるほうが良いって事か。


「なら、その思惑に乗ってやる。あいつが人間的に成長するかどうかを、見届けてやるさ」


カシスはそうつぶやくと、京の後を追いかけた。


それと同じ頃―


(人間か……)


豊桜 冥ことソフォクレスは高等部2-A前で、残りの編入生を待っていた。


(くだらない……この世界の頂点にいるというのに、こいつらは世界を汚すゴミ達……)


彼女の細い目は人を軽視し、くだらないとはき捨てる。そんな目だった。


(しかし、それはまぁ置いといても……どういうこと……?)


彼女の興味は自分の横にいる生徒……八代 みつるに注がれていた。


(こんな奴から……力を感じるとは……)


彼女には相手の力量を量れる、「眼」を持っていた。

と言っても、相手がどれ位の力量を持っているかだけの判断しかできないが。


(一応、マークしておくか…………ん……!?)


その時、ある一人の男と眼が合った。

同じクラスになる予定の生徒だろうか?


(……私の正体を見透かされている? ……いや、こいつも……?)


「ここ、高等部2-Aですか?」

「え?」


いきなり話しかけられて、冥はやや戸惑う。

普通の相手なら驚くこともなく反応できるが……。


(シグマか……。彼女が……「鍵」だとエウリュディケは言っていたけど……)


「ええ、そうみたいね」

「そうみたいねってことは、あなたも2-A?」

「ええ。豊桜 冥よ、よろしくね」

「志熊 京です。よろしくお願いします」


ちょっと恥ずかしそうに京は手を差し出した。

一応礼儀に沿って握手する冥。


(……こんな子が……エウリュディケの一番気にするライダーなの?)


――冥も京も、まだ知らなかった。
  この出会いがお互いの運命を狂わせた事に。




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。