225 50 sage 2007/10/21(日) 01:43:34 ID:kfjw9gqT0

アキの家庭教師が始まった。
最初は期待感が大きかった。
自分で『最後までしない』と決めておきながら
何をwktkしているのか。
そもそも家庭教師として行くのだ。

しかし、上手くいかなかった。
どうしても男女の関係を意識してしまい
二人して流される。
この年齢、男女のことよりも
興味深いものはなかった。

徐々に勉強の比率が減り
イチャつく時間が増えた。
それも気がかりだったが
オレにはもう一つ大きな心配があった。


226 50 sage 2007/10/21(日) 01:44:09 ID:kfjw9gqT0

紀子姉のことだ。
家に行くと意識してしまう。
いつもどおりに接してくる紀子姉が
何を考えているか全く分からなかった。

会えば挨拶。
軽く冗談。
特別何かを意識する風でもなく
三人の時間も楽しんでいる。
こうも普通にできるのか。

そうしている間に
アキとの仲も深くなっている。
多分、間違った方向に。
アキも身体の繋がりを求めているらしく
どんどん本当のセクロスに近づいていく。


227 50 sage 2007/10/21(日) 01:44:54 ID:kfjw9gqT0

アキは紀子姉の予定を正確に
把握するようになった。
何時から家にいない。
何時頃帰ってくる。
オレに触れられたいが為に。

何かがズレてきていた。オレは状況に置いていかれる。
このまま最後まで行ってしまうのではないか。
裸で抱き合うのと、セクロスは全く異なる。
オレの前に大きな一線があった。
アキとはその辺りで価値観が違った。

一方は『好きな人に抱かれたいと思うのは当然』と
他方は『従妹しかも処女なんて抱けない』と。


228 50 sage 2007/10/21(日) 01:45:59 ID:kfjw9gqT0

じゃあ何、今までのは何。
そんな風に言われたらどうしようもないな。
オレだってその答えが見つかるなら探したい。

しかし、アキは我慢強かった。
一切問わなかった。
だから、オレは応えられるだけ全力で応えた。

「けい、この問題解けたら、今日は終わりでいい?」
「ちょwwwお前まだ15分しか勉強してない」
「家庭教師って言ってもボランティアなんだし気楽にやりなよ」
「それ、教えてもらう側の台詞じゃないなw」
「だって…オネエいないし」
「理由になってないです」
この辺りでもう諦める。いや、流される。
「十分な理由じゃない」


229 50 sage 2007/10/21(日) 01:47:25 ID:kfjw9gqT0

「アキ…」
いつもアキは可愛い。
従兄のオレが嵌っていくのだから
他の男は言わずもがな、だ。
「電気消すよ?」
「うん」

「今日、デートに誘われた」
「そうなの?」
「うん、断ったけど」
「ふーん」
アキを抱きしめた勢いでゆっくり倒れる。
「ちょ、ちょっと」
「忘れて」
年上なのに余裕なくてイヤになる。
「…忘れさせてよね///」


230 50 sage 2007/10/21(日) 01:48:52 ID:kfjw9gqT0

「あっ」
無言で白いシャツを脱がせると
起伏のある胸が露になる。
「制服って何かエロいよな」
「ちょっと寒いんだけど」

「じっと見ないでよ、変態」
「じゃあ舐める」
「え、あっ…けいの身体温かい」
寒さが音を張り詰めさせる。
ちゅっ…じゅぅペロっ。
いやらしい音が輪郭を持って強調される。
「いやぁ、ブラ外してよ」
「ん?」
「何か…もどかしくて///」
「どっちが変態だよ」


231 50 sage 2007/10/21(日) 01:50:05 ID:kfjw9gqT0

「あ、舐めさせてあげない」
「嘘だよ」
「じゃウチも嘘!」
自ら身体を少し起こしブラを外すアキ。
そして両手で胸を覆う。
「隠したら舐められないよ」
「このまま舐めて」
「無茶言うなw」

首筋を舐めているとアキの細い両腕が背中に回される。
「あっいきなりっ」
胸を舐め始めるとアキが少し仰け反る。
「うっんん…あっあっ」
丁寧に舐めながら手で身体を撫でる。
「けい///」
舌を乳首に進めた。


232 50 sage 2007/10/21(日) 01:51:00 ID:kfjw9gqT0

「あああん」
乳首に舌を立て、舐めて、口に含む。
口の中でまた舐める。
「あっ!あっ!んんダメぇ」
乳首が大きくなっているのが分かる。
堪らずアキがオレの指を咥える。

フェラなんてしたことないのに
まるで指をフェラしているようだった。
「ん、ちゅ、あっ、ぴちゃぴちゃ」
オレの指は何かに操られているように
アキの薄い唇の間を前後にゆっくり動いた。
指先からアキの口に同化していくようで気持ちよかった。

指をアキに預けたまま乳首を責めた。
舌で触れる度に一瞬アキの動きが止まる。


233 50 sage 2007/10/21(日) 01:52:37 ID:kfjw9gqT0

「すごく、変な、感じ///でも気持ちいいよぉけい」
「オレもすごく気持ちいい」
相手を気遣って優しくして
お互い気持ちよくなって心にも快感が迫る。

「あん、あんっ。ちょっと休ませて」
「しんどい?」
「ううん。…おかしくなりそうなの」
「イクってこと?」
「分かんない、けどそうなのかな」

じゃあ止める理由はない。
女の人もイクと知ったのは最近だ。
オレはアキにもっと気持ちよくなって欲しくて
動かしすぎで痺れそうな舌をさらに激しく動かした。


234 50 sage 2007/10/21(日) 01:53:34 ID:kfjw9gqT0

「ちょ…とイタい、かも」
なかなか上手くいかないもんだな。
「ごめん」
「ううん」
口の周りを自分の唾液でベトベトにした
アキはまたオレの指を舐め始めた。
気を遣ったんだろうな。

「そんな風に、優しくされたら、ぁあん」
女の子の身体は敏感で
とてもデリケートにできている。
「けいぃ…もっといっぱい舐めて」
アキからこんな風に求めてきたのは初めてだった。
「ああっんっあっあぅんあっ」
呼吸の間隔が短くなる。
ああ、感じてくれているんだなと思った。


235 50 sage 2007/10/21(日) 01:55:34 ID:kfjw9gqT0

「ぅう…ああ、ぃやあ」
アキの瞳はキレイな水の膜を張ったように潤んでいた。
そしてオレを映していた。
アキのことも、好きだ。

「いぃよぉぉ、けいぃ」
「(挿れても)いい」と言われたのかと思い
オレの動きが一瞬止まる。
すぐに違うと分かって安堵する。
その分大胆になり、皺になったスカートを脱がせて
下着の中に手を入れる。

汗でも涙でもない体液が指に絡みつく。
アキがオレの身体にしがみつこうとする。
「怖いよ」


236 50 sage 2007/10/21(日) 01:56:36 ID:kfjw9gqT0

「本当にイってしまいそう」
「オレもイきそうだよ」

アキは荒い息を収めようともしないまま
オレのモノに手を伸ばした。
唾を飲む音が聞こえる。
「すごい固い…!」
目を大きくするアキ。
「ねえ。けいがイクとこ見てみたい」
実際は射精寸前だった。

「じゃあもう少し強く握ってみて」
「ん…こう?」
「で、しごいて」


237 50 sage 2007/10/21(日) 01:57:31 ID:kfjw9gqT0

もうアキをイかせるなんて
考える余裕がなかった。

射精するところを他人に見せてもいいのか。
でも、アキが見たいと言っている。
こんなときだけ上目遣いをするアキ。

「いっぱいイジめられたから」
造りもののような美しい指が
アレを握っている様は例えようがない。
徐々に根元からしごかれていく。

「大きくなってる///」
今更のように言う。
オレは身体を起こした。


238 50 sage 2007/10/21(日) 01:59:18 ID:kfjw9gqT0

「けい、イって」
身体を密着させて、耳元で囁かれた。
オレの手ではない
白い手がいやらしい動きを繰り返す。

アキの手でイく。そう思ってからはすぐだった。
もうダメだ。
「アキっ」

精液がアキの手や体を汚す。
申し訳ないような恥ずかしいような
気持ちでオレはひたすら赤くなった。

「すごい///」
もしかしたらアキはセクロスのときのことを
想像したのかも知れない。


239 50 sage 2007/10/21(日) 02:00:10 ID:kfjw9gqT0

丁度、イチャつく比率が勉強の比率を超えた頃
オレは罪悪感の中で帰路に着くことが多くなった。
泊まらないで帰ることさえあった。
従姉妹宅からオレの家までは電車で3駅。
全行程で1時間ほどだ。

ある日の帰路。また悩みながら帰った。
何に悩んでいいか分からないほど悩んだ。
駅に着く寸前で後ろから肩を叩かれる。

紀子「いつもアキの為にありがとうね」
オレ「紀子姉!どうしたの」
紀子「部活帰りだよ」
オレ「そっかあ」
紀子「けいは今から帰るの?」

|