※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

282 50 sage 2007/10/26(金) 01:49:47 ID:G9q5YZUX0

「……」
「けい?いとこ同士の恋愛ってダメだよね?」
「一般的には…」
このときの紀子姉はぐちゃぐちゃだった。

言っていることが支離滅裂で
「妹に幸せになって欲しい」
「オレのことが好き」
「好きな人と付き合いたい」
「いとこ同士の恋愛は認められない」
そんな気持ちが縺れた結果だと思った。

紀子姉にこんな弱いところがあるなんて。
自分で言うのもなんだが
愛されているんだな、と感じた。


283 50 sage 2007/10/26(金) 01:50:45 ID:G9q5YZUX0

近くにいくと紀子姉は身を引いた。
オレに下心があったのかも知れない。
頑なにオレから優しさを与えられることを拒んだ。

受け入れたらアキの立場が無くなる。

紀子「ダメだよ」
その一言に全部つまっていた。
ここで細い線を引いたんだ。

紀子姉は泣かなかった。
ボロボロの紀子姉の
唯一の矜持だったかも知れない。
子供時代、年上というのはそれだけで
損な役回りが多いよな。


284 50 sage 2007/10/26(金) 01:51:41 ID:G9q5YZUX0

オレは思い浮かんだことを
次から次へと口に出した。

「紀子姉は悪くない」
「アキも悪くない」
「オレが悪い」
「アキとはこれからも良い従兄妹である」

というようなことを必死に言った。
頷いたり、首を横に振ったりしながら
紀子姉は静かに聞いてくれていた。

聞き終えると
「何で私たち従姉弟なんだろうね」
と呟いた。


285 50 sage 2007/10/26(金) 01:52:48 ID:G9q5YZUX0

紀子姉が立ち上がるのをただ見ていた。
肩を落として去っていこうとする。
いつも頼れる紀子姉の
そんな姿は見たくなかった。
エゴでしかないがオレのせいで元気をなくしているなら
オレが元気づけるべきだと思った。
そしてオレにしかできないことだと思っていた。

オレは後ろから紀子姉を抱きしめた。
オレは本当にバカだ。
アキを傷つけたばかりなのに。

「……やめよう?」
「ごめん、でも」
「……私、けいを怒りたくない」


286 50 sage 2007/10/26(金) 01:55:10 ID:G9q5YZUX0

オレはもう引っ込みがつかなくなっていた。
『何で私たち従姉弟なんだろうね』
そんなこと言わせたくない。
従姉弟だからって何か障害があるのか。
矛盾もいいとこだがそう思った。

アキとのことの整理も全くできていないのに
オレは紀子姉の気持ちが
離れていって欲しくないと願った。
心のどこかでアキのことは諦められたんだ。
でも紀子姉のことは諦められない。
アキに手を出しておいて
言える台詞じゃないが
紀子姉のことがずっと好きだった。


287 50 sage 2007/10/26(金) 01:55:50 ID:G9q5YZUX0

アキをこれ以上傷つけたくない。
それはオレも紀子姉も同じ。
紀子姉はだからこそ
オレと好きあう仲になってはいけないと思い、
オレはオレで誰にも気付かれずに
紀子姉との仲を発展させる方法を考える。

紀子「けいの気持ちは分かったから」

「ちゃんと考えるから」

「今日はもう寝て」

初めて、紀子姉の口にキスをしたいと思った。


288 50 sage 2007/10/26(金) 01:56:42 ID:G9q5YZUX0

こうやって読むと最悪だな。
オレ厨房のとき何考えていたんだろ。

アキに手を出して、振った。
悔いたはずなのに、
その日に紀子姉と深い仲になりたいと思った。
鬱になりそうだぜ。

しかし、こんだけ書いてんのに
まだエロさの欠片も出てないなんてwww
力量不足で申し訳ない。


289 50 sage 2007/10/26(金) 01:58:45 ID:G9q5YZUX0

オレは中三になった。
オレの進学先はもう決めてあった。
公立高校一本。

塾の先生「私立も受けろ。受かる可能性は高い。
     そんなに公立にこだわる理由は何?」
「近いから」流川かw

オレは面倒なことはイヤだった。
勉強を頑張るってセンスないことだと思っていた。
中二病治らずwww

中三前の春休みは全くといっていいほど
従姉妹宅には通わなかった。



290 50 sage 2007/10/26(金) 01:59:39 ID:G9q5YZUX0

オレは未だに
紀子姉のことを忘れられていなかった。
会えない間、紀子姉が
美化されてしょうがなかった。

『ちゃんと考える』
この言葉を信じるしかない。

そんな中、アキにはまた彼氏ができたと
風の便り(CV:オカン)で聞いた。
「ラブラブらしいわよ」
ラブラブってwww
おかんの口から聞くと新手の妖怪みたいだわw

彼氏になった人は羨ましいなと思った。
相手の男子もタイミングよく告白したんだろうな。


291 50 sage 2007/10/26(金) 02:01:29 ID:G9q5YZUX0

それを聞いてまた従姉妹宅へ行く勇気が出た。
読みたい漫画も溜まっているはずだ。
恐る恐る従姉妹宅・居間へ侵入を試みる。

アキ「うお、けい君。いきなりだわ」
男 「あ…お邪魔してます」消え入りそうな声で言う。フツメンだ。
オレ「あ、こんにちは」
アキ「彼氏だよん」
男 「う、言うなよ」
アキ「え、違うの」
男 「…違わないけど」
アキ「ならいいじゃん♪」
オレ「オレ、アキの従兄です」正直、いきなり対面すると思ってなかった。
アキ「頑張れ未来の旦那」
男 「あ、あ、よよろしくお願いします」おおキョドってるw
おまえが選んだのは荊の道だwww


292 50 sage 2007/10/26(金) 02:02:03 ID:G9q5YZUX0

ヤバイ超ヤバイ。
ラブラブパワーマジヤバイ。
オレが居るところで手繋ぐなwww
彼氏拒否権ねーのかよw

でもオレが悩んだことって一体。
アキは真剣だったんだろうが
まだ引きずっていると
思っていただけに拍子抜けした。

途端に紀子姉が恋しくなる。
もう何ヶ月会っていないんだろう。

アキが電話を受けているのが見える。
こういうときの勘って当たるよね。


293 50 sage 2007/10/26(金) 02:02:57 ID:G9q5YZUX0

アキ「ね、けい君オネエ駅まで傘持って
   迎えに行ってあげてくんない?」
合点承知!
もうキスしてもいいぞ、お前らw

駅で。
「紀子姉!」
「けい?」駆け寄ってくる紀子姉。
端からみたらカップルみたいだ。
「びっくりした。あれ?傘二つなかった?」
抜けてんな、オレ。天然策士だぜ。
「何してんのーw入りなよ、けいも」

相合傘。
この日ほど雨に感謝した日はない。ビバ雨男。


294 50 sage 2007/10/26(金) 02:03:54 ID:G9q5YZUX0

傘が大きくないから否が応にも腕が当たる。
オレは、それを意識しつつも、俯いて歩きながら
水溜りの水を軽く蹴ってる紀子姉にモエス。

紀子「返事遅くなってごめんね。まだ、答え出ないんだ」
オレ「ああ、ああいいよ」
唐突で何も聞く準備が出来てないから焦った。
紀子「久しぶりだね、何か」
オレ「うん」
雨が二人だけの世界を模った。
オレの腕を掴む紀子姉。

紀子「こうした方がけいが濡れないかなと///」
言い訳がましいw可愛いぜ。
胸が微かに当たる。
全神経をそちらに集中してしまう。これも生き物のサガか…。


295 50 sage 2007/10/26(金) 02:05:56 ID:G9q5YZUX0

「ちょっと遠回りしよう」
と言いながら、紀子姉はオレの腕を引く。
近所のお寺に入る。
入り口あたりには樹木はあまりなく、先の方まで見通せる。
並んで奥の池まで歩いた。

あまり人はいなさそうだ。
「答えって簡単そうで見つからないよね」
屈託無く笑う紀子姉。
雨が何とか凌げそうな場所に腰を下ろす。
紀子姉の髪は濡れていた。
上手く傘さした筈なのになあ。
霧のような雨が寺を幻想的にしていた。
こんな日は超展開もありだ。

そこで長いキスをした。


297 50 sage 2007/10/26(金) 02:06:32 ID:G9q5YZUX0

紀子「一つだけ聞きたいんだけど」
オレ「はい」
何故か敬語に。
紀子「アキのこと好きだったの?」
オレ「いや、そんなことは」
紀子「でも異常に仲良くなかった?」
オレ「うん」
紀子「もう煮え切らないなあ」
オレ「紀子姉の方が…好きだ」
紀子「 方 が ? 」
びくっ。
何か恐ろしいものに触れたのかなwww

紀子「 ふ ー ー ー ん 」
ちょwwあんた誰ですかwww


298 50 sage 2007/10/26(金) 02:07:25 ID:G9q5YZUX0

オレ「いや、従兄妹として、アキも好きだけど」
紀子「 ふ ー ー ー ん 」
オレ「なあ、聞いて」
紀子「 ふ ー ー ー ん 」
紀子「 ふ ー ー ー ん 」
紀子「 ふ ー ー ー ん 」
やべバグッてるwww

もし、このときアキに彼氏がいなかったら
紀子姉もこんな態度は取っていなかったと思う。
オレは紀子姉の両肩を掴んだ。
紀子「 ふ ー …ちゅ 」
頬にキスをした。

紀子「 ふ ー ー ー ん 」
効果はなかったwww


299 50 sage 2007/10/26(金) 02:08:21 ID:G9q5YZUX0

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)
     ノヽノヽ
       くく
くすぐる!

紀子「あ、ちょあははは」
効果は抜群だ。
オレは既にかける言葉のストックがなくてくすぐり続けた。

紀子「もう、や、あはははは」
二人で濡れても気にしない。若いっていいなあ。


300 50 sage 2007/10/26(金) 02:09:11 ID:G9q5YZUX0

オレ「ここか?」
紀子「あはははダメ、だってははははは」

しばらくやってたら二人でかなりびしょびしょw
オレがくすぐるの止めてからも
二人でしばらく「はあはあ」言ってた。
テラバカスw

紀子「もう!服びしょびしょじゃない…大丈夫?」
オレ「あははは紀子姉も」
紀子「風邪引いたら看病しに来てね」
オレ「オレが引いたら」
紀子「 自 業 自 得 で し ょ ? 」

いや、もうそのキャラ怖いから止めてくれ。


301 50 sage 2007/10/26(金) 02:09:43 ID:G9q5YZUX0

雨が少し休んでくれたようで
紀子姉と二人で帰ることにする。

今までのことが夢だったかのように
普通に話せた。楽しかった。
二人で冗談言いながら
叩き合いながら。
紀子姉の鼻歌が心地よかった。

時間は不公平に過ぎていく。
楽しい時間はとても短い。

「ただいまー」
「あ、オネエ。今からお母さんと一緒にご飯食べに行くんだ」
「ども」フツメンが頭を下げる。まだ居たのかお前w


302 50 sage 2007/10/26(金) 02:11:01 ID:G9q5YZUX0

「オネエも一緒に行く?弘(アキの彼氏)も来るけど」
「そうなの?邪魔したら悪いし、行ってきなよ」
「そうだな。オレも服乾かしたいし」
「けい君は誘ってないよwww」
「つめてーなw」
「アキ、お父さんは?」
「留守番?かな」

結局オレと紀子姉は二人になる。
いざ二人になると話すことないんだよなあ。
「私の部屋来て」
「うん」

「けいでも入るジャージ探すからちょっと待っててね」
「あ、でも先に紀子姉着替えなよ」
「何、ちょっと紳士になった?」ニヨニヨすんなw


304 50 2007/10/26(金) 02:44:01 ID:qwpKfcZDO

「そんなとこ」
「じゃ、着替えるから覗かないでよ」
「覗かないよ!」
「言ってみたかっただけだよw」
まあ、ブレザー脱いだときに
シャツから透けるブラは見てしまったから、おあいこだな。
水色ってどうなんだとかドギマギしたんだぜ。

二人してジャージ。
炊けているご飯で紀子姉は
おにぎりを作ってくれた。
温かい緑茶って旨いのな。

うーん。泊まるのかな、オレ。
だめだろ、流石に。


305 50 sage 2007/10/26(金) 02:44:51 ID:G9q5YZUX0

「けい、今日は泊まるつもりだったの?」
「うーん」
「久しぶりに来たんだし、泊まったら?」
向こうからお誘いが。

「ごちそうさま。美味しかったー」
「大袈裟だよw」
 帰るのが面倒 × 紀子姉ともっと話したい
= 泊まらない理由がどこにあると言うのか。
朝令暮改もいいとこだなwww

「けい」

キス。

「会いたかった」


306 50 sage 2007/10/26(金) 02:54:52 ID:qwpKfcZDO

オレは止まることができなかった。
紀子姉の部屋でまた身体を重ねることになるとは。
オレ自身がアキに対してつけた傷を憶えている。
忘れてはいけないことだと分かっていながら
そんな罪悪感は紀子姉の前では小さくなっていった。

今の年齢になっても思うことだが
人間って理屈に合わないことをすることがある。

「私たち、従姉弟だよね」
「そうだね」
「分かってるなら、いい」
久しぶりに近くで顔をみた気がする。
紀子姉は自分で美化した以上に綺麗だった。
たった数ヶ月でこんなに大人っぽくなるなんて。


307 50 sage 2007/10/26(金) 02:56:19 ID:G9q5YZUX0

紀子姉とのキスは素直に受け入れることができた。
オレが本当に好きだったからだろう。
従姉弟であるとか関係なく。
今思えば、アキに対する感情とは
また違ったものだったのだろうと思う。

オレは紀子姉に体重を預けてみたが
肌同士で触れ合いたくて
紀子姉のジャージを脱がせようとした。
「さっき着替えたばっかりなのに」
と口では言いながら紀子姉は微笑んだ。
「ずっと二人だったらいいのに」とオレが言うと
「そんなことになったら、けい、もっと変態さんになるでしょ」
と笑い、しばっていた髪をほどいた。


309 50 sage 2007/10/26(金) 03:01:56 ID:qwpKfcZDO

待ってくれた人、スマンな。
連投規制にどうも引っ掛かる。
携帯も使ってみたが効率悪すぎだw
こんな時間だし、また続きは明日にします。


315 50 sage 2007/10/26(金) 20:01:42 ID:G9q5YZUX0

別にそれが合図でもなかったんだが
オレは無言になり、
紀子姉の肩や手を撫で始めた。
紀子姉も何も言わなくなる。

「けい」
紀子姉はお互い向き合う形にして
オレの頭を抱きながら撫でた。
オレは最初恥ずかしかったが
落ち着いてきて、また別の気持ちよさを味わった。

「けいがここに居ることがうれしいよ」
オレは紀子姉の腰に手を回した。
力を込めて抱きしめる。


316 50 sage 2007/10/26(金) 20:02:39 ID:G9q5YZUX0

お互い好きなんだ。
こうしていると何の疑いもなくそう思える。
幸せ、なんだろうなあ。
紀子姉もそう思っていてくれていると良いな。

「けい?寝ちゃった?」
面白いので、そのままにする。
「あらあら」
かぷ。耳を噛まれる。
「うひゃ」
「…寝たふりだ」
「いや何か楽しくて」
「寝てもいいんだよ」
「寝ないよ」目の前に胸があるのに眠れるかw


317 50 sage 2007/10/26(金) 20:03:47 ID:G9q5YZUX0

紀子姉の身体を思い出しながら
ゆっくり自分の手に馴染ませた。

胸を触ると反応がある。
「あっ」
やはり、アキより大きい。
手で触って分かるくらいだから相当違うのかな。

「ああん、けい…久しぶりだね」
半分目を閉じたまま嬉しそうに言うからクラクラした。
紀子姉もこうしたかったんだ。

そう思うと緊張が解れていって、
自然に身体に触れることができた。


318 50 sage 2007/10/26(金) 20:04:56 ID:G9q5YZUX0

「っ、けい、何か上手でこわいよ
 え、ダメだよぉ下は脱がせないで
 恥ずかしいから……いやじゃないけど
 うん……じっと見ないで、お願い
 やぁだってば、ああ」
オレの感覚という感覚は
紀子姉から様々な刺激を受けて敏感になっていた。
耳を舐めながら胸を手のひらで撫でる。
紀子姉も敏感になっているようだった。
「あんっ、あ、ああ!」
全裸で触れ合うと、
あり得ない快感がおそってくる。
我慢できず、紀子姉の胸を舐めた。

「あああ、あっ、あ、いやあ気持ちいいよお
 けい、の舌、気持ちいい」


319 50 sage 2007/10/26(金) 20:05:30 ID:G9q5YZUX0

オレは紀子姉に自分のモノを握らせた。
素直に握る。
おずおずと動かしだす。
「もう少し強く握っても大丈夫だよ」
そう言ってまた舌で乳首を弄る。

「ダメ、触れないよ、そんなこと、されたら
 いいの、触れなくて?ああ、もうっ、あん
 あ、いい、の?ああん」

舐めるのを止めて紀子姉の頭を撫でる。
「もうイジワル!」
「ごめんごめんw」
と言いながらも、
オレは紀子姉の足の方に手を伸ばした。


320 50 sage 2007/10/26(金) 20:06:30 ID:G9q5YZUX0

足を固く閉じる紀子姉。
目も強く閉じられる。
「力抜いて」
「恥ずかしいから」
それでも優しく太股を撫でると
リラックスしたのか次第に力が抜けていった。
そして、紀子姉はオレの頭を強く抱いた。

「本当に恥ずかしいんだよ?」
「うん」
太股からアソコに指をもっていく。
豊かに濡れている。
汗とはまた異質の粘つく液体が
紀子姉の身体から出ている。
それは、気持ちよくなってくれている証でもあり。


321 50 sage 2007/10/26(金) 20:07:21 ID:G9q5YZUX0

体液の出ている場所を指で撫でる
「ああっ!ああぁ、ああんっんそ、こ、は
 刺激が、強過ぎるよ」
オレは止めなかった。
「イヤ?」
「また…そんなこと聞くぅ
 あっっ、続けて、ぃぃよお」
「ありがとう」
「あ、あぁ何か、おかしいの
 けい、ねえどうにかしてぇ」
その言葉と同時に紀子姉の止まっていた手が
オレのモノを扱き始めた。
余裕がないのか力強く、単調な動きで
逆にそれが気持ちよすぎた。

オレはただ紀子姉に気持ちよくなって欲しい一心で尽くした。


322 50 sage 2007/10/26(金) 20:08:00 ID:G9q5YZUX0

「っーーーー」
オレの限界も近い。

「あああ、ああっあんっあんっ
 いやぁ、何も見ないでええ、
 ああん、もうこれ以上はダメっ」
オレのモノを上下に扱きながら
紀子姉は乱れ、見たこと無いほど濡れていた。

「おっぱいも、舐めちゃ、
 ダメだってばぁ、ああああヤダあ
 あっあっあぁっダメっ本当に
 ダメなのぉっあああん!
 ああ、けいぃぁああいっちゃうっ!!!」


323 50 sage 2007/10/26(金) 20:08:54 ID:G9q5YZUX0

興奮が興奮を呼び
自分がどんな状態にあるかも
分からない状態でオレも果てた。

布団に精子が沢山かかっていた。
気付けば1時間も経っていた。
とても短い時間だったように感じたが
それだけ密度が濃いものだったのだろう。

その後はお互い照れながらベッドメイキングw

結局アキ達が帰ってきたのはさらに
1時間もあとのことだった。

333 50 sage 2007/11/03(土) 01:50:35 ID:iI05YJa10

紀子姉と付き合うでもなく、
全く切れてしまうわけでもなく。
ただ、紀子姉はオレが会いたいと思うときは
体の関係も含めて拒まなかった。

高校生になり、友人たちには彼女ができはじめた。
オレは女性の身体を触ったことがあるなんて
優越感をどこかに忘れてしまった。
何故か劣等感ばかりが増した。

どうせ付き合えないんだ。
結婚もできない。
オレは何がしたいんだろう。
好きなのになあ。


334 50 sage 2007/11/03(土) 01:51:20 ID:iI05YJa10

友人たちの自慢話や惚気話を聞かされて
『もう最後までしてもいいのかな』
そう思いはじめていた。

紀子姉は看護師になりたくて勉強をしていた。
地方の4年制の看護学校に行きたいと言う。
合格しないで欲しいとも思ったが
素直に応援していた。別れる日を想像できなかった。

それなら、もう会わない方がいいんじゃまいか。
何度そう思ったことか。
それでも会いに行ってしまう。
女性の身体は魅力的だったし、紀子姉だし。
男ってダメだよなwww


335 50 sage 2007/11/03(土) 01:52:19 ID:iI05YJa10

「けい?」
何も言わず押し倒す。
紀子姉はいつもと同じように
微笑んで優しく目を閉じる。

この瞬間だけが安心できる。
「なーに?受験生は忙しいんだよ?」
キスをする。応じる紀子姉。
高3の紀子姉は誰にも渡したくないほど
キレイで可愛くて、やはりまだ処女だった。

「んっ。」
白いブラウスの上から胸を触る。
「えっちーw」
笑いながら言うな。萌えるじゃないか。


336 50 sage 2007/11/03(土) 01:53:11 ID:iI05YJa10

「はぁはぁ何か…激しいね」
そう言われて、もっと激しくした。薄い唇の間から息が漏れてくる。
「あ、ヤダよお」
ブラウスのボタンをちぎらん勢いで外す。
豊かな胸の谷間が誘惑する。

「大きいな…」
他の女アキしか知らない癖に何言っちゃってんのw
「誰のせいよ」
拗ねたようにこっちを睨む。
「そんなに触ってない…」
「けい以外に触らせたことなーい」
抱きついてくる紀子姉。
甘えモードww大歓迎www
この場面、回想シーンにいつも出てくるんだぜ。



337 50 sage 2007/11/03(土) 01:54:03 ID:iI05YJa10

若いなりに、紀子姉の身体の感覚を分かってきていた。
どうすれば気持ちいいか。どこがくすぐったいか。

「ああ、けいっ。あああダメっダメ
 気持ちよすぎだよ///」
「紀子姉、上に乗ってみて///」
自分からリクエストするのすら勇気いる
オレは未だに風俗未体験w

ハダけたブラウスがふわっとなって後光のようだった。
息を飲んでブラを外した。

下から見上げた紀子姉の半裸は
正に神々しさすら感じるものだった。
「そんなに見ないで」
すぐに胸を手で覆いそのまま被さってくる。


338 50 sage 2007/11/03(土) 01:55:15 ID:iI05YJa10

胸がお互いの身体に挟まれてつぶれるのが好きだった。
当時はDだと言っていたな。

あんまり有難みは分かっていなかったが、
後々の女性関係でイヤというほど知ることになったw

「こういうのも気持ちいいよね」
「うん」
ぴったりと合わさるのは何も結合したときに限らない。
「けいのこと、身体全体で感じるよ」
「うん」

キスを求められ応じて、舌を出して絡められる。
お互いの唾液が混ざる。
口の中で蠱惑的な音がぶつかり合う。


339 50 sage 2007/11/03(土) 02:00:34 ID:iI05YJa10

そのまま紀子姉はオレの首筋を
舌で自由に撫でた。
間に耳たぶを噛んだりしながら器用に口を使う。
オレは目を閉じて快感に飲まれた。

「けい…気持ちいい?」
「すごく」
「ふふ、じゃあいいw///」
また再開する。
きっと口が疲れたりもしてるんだろうが
紀子姉もオレを気持ちよくしようと頑張る。

乳首を舐められる。
つい声が出そうになるほど、
本当に気持ちよかった。


340 50 sage 2007/11/03(土) 02:05:50 ID:iI05YJa10

紀子姉の髪に触れる。
舐められた胸部はぬめって光を僅かに反射させていた。
顔を上げてこちらを見る。
何でいつも微笑んでるんだろう。

「そのまま」
もっと気持ちよくなりたくてそう言った。
紀子姉は満足そうにまた乳首を舐めてくれた。
しかも音がするくらい激しく。
口にスッポリと含まれた乳首は
いいように舌で転がされ、固くなる。

腰を擦り付ける。
上に乗っている紀子姉のスカートをめくって
両手で太股を撫でる。
紀子姉は淫らに乳首を舐め続けた。
|