※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユニコーンモード

こちらはユニコーンモードの紹介ページっす~。紹介といってもただひたすら画像張り付けて、
ところどころコメント入れてるだけですがwでは作った順番で胴体から。
             
その背面。
             
サーベルを抜いた状態。
             
頭部。
             
腕(正面)。
             
腕(側面)。
             
ところで今までのガンダムはサーベルを胴体の背面に2本装備。というのがスタンダードだろうと思いますが、
このユニコーンガンダムは両腕に1本ずつ、つまり先ほどの背面の2本と合わせて合計4本のサーベルを装備しています。
で、腕のどこにサーベルを仕込んでいるのかというと、ほれこの通り。
             
このギミックを使えば4刀流が可能になるわけですw実際どっかのゲームでやってるのジェフさんも確認しますた。
でもこのキットにはサーベルの刀身が2本しかないし、デストロイモードには刀身が付属してないし、
ジェフさん自身ガンプラはHGよりはMG主義なので他のHGのキットから刀身パクるというのも無理なので、頑張っても
2刀流しか再現できません。残念(T-T)では気を取り直して次は脚(正面)です。
             
脚(側面)。
             
脚(背面)。
             
股関節(正面)。
             
股関節(側面)。
             
股関節(背面)。
             
股関節は下の画像のように両脚を接続しているパーツが独立していて、その部分が僅かに回転運動します。
             
             
これにより、今まで再現できなかったポージングができたり、いつも再現しているポージングでも
ほんの少し格好良くできたりしますね。てなわけで本体のパーツは全部完成~。というわけで全てドッキング。
             
全体(側面)。
             
全体(背面)。
             
次は付属のハイパー・バズーカとシールドを紹介しまっす。まずはハイパー・バズーカ。
             
こちらのハイパー・バズーカは下の画像のように格納状態に変形させて本体の背面に背負うことも可能です。
             
お次はシールド。
             
こちらもバズーカと同じく背面に背負えます。
             
次からは適当に何枚かとったアクションポーズっす。
             

             

             

             
ユニコーンモードの紹介はこれにて終了。デストロイモードの紹介もよかったら見てね~w