※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京随一の面倒見の良さで大躍進の注目校(^o^)/  東京都立新宿高校

所在地…新宿区内藤町

最寄駅…新宿駅・新宿三丁目駅

どんな高校?

新宿駅から徒歩4分の交通至便な学校。1921年(大正11年)に府立第六中学校としての創立が起源の伝統校。質実剛健の校風で、創立以来80年以上続く臨海教室は、同窓会の支援により続く名物行事。戸山高校と戦う戸山戦も有名。戦艦三笠の鐘が校内に眠っているという伝説がある。「予備校いらずの面倒見主義」で進学実績を大きく伸ばし、多くの雑誌等で取り上げられている注目校。進学指導重視型単位制高校としてきめ細かい教育を徹底。高3になっても予備校通いは少数派。夏期講習等の講習は校内で2000時間を超える。自習室を夜8時まで開放。主要教科は全てが学力別授業編成で、自分の学力に合った授業を受け、テスト毎に入れ替わる。特進クラスである国公立クラスⅡを設置。教員は公募制によって質の高い教員のみを選抜・配置している。

入試概要

東京一面倒見が良い学校との呼び声も高く、進学実績も年々上昇と好材料揃い。私立高校のように行事や部活動を大幅に制限・縮小していない点も好感材料。一般入試倍率でも2倍を超える。自校作成校なので、応用力をつける必要がある。

新宿生の声

大学受験で予備校に通う必要はまったくない

・主要教科全てが学力別授業なので、苦手教科は克服できて、

 得意教科はどんどん伸ばせる

・ライバル校の戸山高校と球技で戦う戸山戦は燃える!

・OBやOGが多く駆け付ける館山の臨海教室は感動もの!

 新宿高校のいま(外部リンク)

学芸大学附属高校や海城高校、桐朋高校よりも日比谷高校や西高校を選ぶ理由

 都立高校が大人気。学芸大学附属高校や筑波大学附属高校よりも日比谷高校などの都立トップ校を選ぶ人が増えている理由って? 

大学受験を考えるなら学芸大附属高校・筑波大附属高校より都立トップ校を薦める理由

 しっかり大学受験の面倒をみてくれる都立トップ校、塾任せの国立大学附属高校

学芸大学附属高校?筑波大学附属高校?都立トップ校?

 塾では教えてくれない都立トップ校と国立大学附属高校の違い

海城高校や桐朋高校の東大合格者激減 背景に高入生の不振

海城高校、桐朋高校といった難関国私立高校からの東大合格者はほとんどが中高一貫校出身の生徒であり、高校から入学した生徒は受かっていないという事実