※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神奈川公立のトップ校(^o^)/ 神奈川県立横浜翠嵐高校

所在地…横浜市神奈川区三ツ沢南町1-1

最寄駅…三ッ沢上町駅

どんな高校?

1914年に創立の第二横浜中学が前身の県下トップ校。初代校長の唱えた「大平凡主義」を教育目標にする。東京の都立日比谷高校を手本にした学校改革を進め、予備校なしで現役で難関大学進学ができる学校体制が整う。国公立大学進学を重視したカリキュラムを編成。男子が女装する「可愛子」が伝統の体育祭が最大行事。

入試概要

神奈川県立最難関高校。横浜市内では、川和高校や柏陽高校と共に横浜の県立御三家を形成。前期選抜はオール5が最低ラインとして必要。後期選抜もオール5近い内申点に加えて、独自入試問題に対応できる学力が求められる。

 横浜翠嵐高校のいま(外部リンク)

学芸大学附属高校や海城高校、桐朋高校よりも日比谷高校や西高校を選ぶ理由

 都立高校が大人気。学芸大学附属高校や筑波大学附属高校よりも日比谷高校などの都立トップ校を選ぶ人が増えている理由って? 

大学受験を考えるなら学芸大附属高校・筑波大附属高校より都立トップ校を薦める理由

 しっかり大学受験の面倒をみてくれる都立トップ校、塾任せの国立大学附属高校

学芸大学附属高校?筑波大学附属高校?都立トップ校?

 塾では教えてくれない都立トップ校と国立大学附属高校の違い

学芸大学附属高校と都立日比谷高校の差

日比谷高校の文化祭は最大行事ですから、どの生徒も夏休みを返上して準備を行います。けれど、それでは予備校の夏期講習や学校の講習に参加する時間的余裕はないように思えます。そこで、日比谷高校では文化祭の準備の間に講習に参加できるよう、学校講習の時間割を工夫しています。

それによって、文化祭準備→英語講習→昼食→文化祭準備→数学講習といったように、文化祭準備と受験対策のメリハリある生活が可能になっているようです。結果として、日比谷高校の生徒たちは入学時の学力以上の現役進学力を誇っているのです。

 東大教授が見た都立日比谷の復権

学芸大学附属高校時代の内部事情と都立高校の復権

海城高校や桐朋高校の東大合格者激減 背景に高入生の不振

海城高校、桐朋高校といった難関国私立高校からの東大合格者はほとんどが中高一貫校出身の生徒であり、高校から入学した生徒は受かっていないという事実