※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

徹底した面倒見の良さで県下トップクラスの進学実績(^o^)/ 

川崎市立川崎総合科学高校 科学科

所在地…横浜市幸区小向仲野町5-1

最寄駅…川崎駅、矢口渡駅

どんな高校?

科学科は川崎市内のトップ校で、理数系難関大への現役進学率は公立高校で有数の進学校。2010年は現役の国公立医学部医学科合格者を輩出するなど、医学部への強さも公立トップクラス。神奈川で最も大学受験への面倒見が良く、朝7時30からの朝ゼミ、弱点補強の教科ゼミ、学力向上支援テスト、勉強合宿、科学科専用自習室などがそろう。

入試概要

近年その教育力が注目され、入試難易度が大きく上がっている。2010年度入試の結果では、前期選抜は125以上、後期選抜は入試得点220点後半が目標となる。横浜翠嵐や川和レベルの受験生が流れてきているため、油断は禁物。

 川崎総合科学高校科学科のいま(外部リンク)

県立多摩高校よりもおすすめ!?川崎総合科学高校科学科の魅力

 浪人が多い多摩高校よりも、川崎総合科学高校のほうが進学率はダントツ