1-6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

604名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2009/04/16(木) 08:16:23.82 ID:Ax0QvrS80

次の日から、昼食を作ってみた。
自分一人だからごく簡単な物だったと思うけど、(何作ったか覚えてない)でも、作ってみた。
あぁ、出来た。と思った。

帰ってきた母ちゃんに、昼飯作ってみた、と言ったら、呼吸困難に陥るくらいめちゃくちゃに抱きしめられた。
たかが昼食を作っただけなのに、大げさな、と思ったけど、単純に嬉しかったと思う。

 

 

608名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2009/04/16(木) 08:21:08.53 ID:Ax0QvrS80

兄と妹にも褒められた。
「やれば出来るじゃん!」
「お姉ちゃんすごーい」
とかいって、ぱちぱち手を叩かれたと思う。
何だか気分が良くなったので、明日も作ろうと思った。

昼食を自分で作り始めて数週間。
妹の合唱祭の日が近づいてきたので、弁当を作ってやろうと思った。
その頃は朝起きれたら朝食も作るようになってたし、ついでだからと思って。

「お姉ちゃんがお弁当作ってあげるよ」
と言ったら、妹は100点の笑顔で、おかずのリクエストをくれた。
からあげが食べたいと言われたが、実は揚げ物が苦手だった私は、妹のリクエストのために毎晩ひそかに練習をしていた。
練習したからあげを食べる役目は兄だった。
毎晩毎晩からあげを与えたせいで、この時ばかりは兄の体重が3キロ増えたらしい。

 

 

614名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2009/04/16(木) 08:24:05.10 ID:Ax0QvrS80

合唱祭当日、朝6時に起きようと思ったが、何だか興奮して眠れなかったので結局4時に起きて弁当を作り始めた。
朝6時。ばっちりからあげも美味しそうに揚がり、ちゃんとりんごもうさぎに出来た私は、なんか緊張して、リビングで弁当を前に正座してみんなが起きるのを待った。

弁当と一緒に正座してる私を見て、母ちゃんは「何してんの?」と笑ってたけど、なんか、ひとつの作品を作り終えた芸術家みたいな気分で、誇らしかった。

 

 

617名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2009/04/16(木) 08:25:34.23 ID:Ax0QvrS80

つーか私も眠い
ほんと限界だ
しかし今日中に何とか終わらせたい


ので、数時間寝ます
落ちたらまた勝手に立てます

 

1-7へ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。