竜破壊の勇士―ブラック・パラディン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

竜破壊の勇士(ドラゴンバスターブレイブ)―ブラック・パラディン



闇 ☆9 魔法使い ATK/2900DEF/2400

このカードは通常召喚できない。自分フィールド上に表側表示で存在する「超魔導剣士―ブラック・パラディン」1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。自分、又は相手が魔法カードを発動する度にこのカードの上に魔力カウンターを1つ乗せる。
このカードの攻撃力は、このカードの上に乗っている魔力カウンター1つと墓地とフィールドのドラゴン族モンスター1枚につき500ポイントアップする。このカードはドラゴン族モンスターとの戦闘では破壊されない。このカードは相手フィールド上のドラゴン族モンスター全てに1回ずつ攻撃することが出来る。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、魔法カードの発動を無効にし、破壊することが出来る。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが罠・効果モンスターの効果の対象となった場合、デッキの上のカードを1枚墓地に送ることで、その発動を無効にし破壊する。
このカードはこのカードのレベル以下のドラゴン族モンスターの効果を受けない。魔力カウンターが5つ以上乗っているこのカードが破壊された場合、フィールド上の全てのカードを破壊する。



非常に長いテキストを持つ魔法使い族モンスター。
永続効果だけで自身に魔力カウンターを乗せ、その数とドラゴン族の数だけ攻撃力をあげる、ドラゴン族モンスターとの戦闘では破壊されない、ドラゴン族モンスター全てに攻撃できる、レベル9以下のドラゴン族モンスターの効果を受けない、と非常に多い。
様々な耐性を持ち、魔法に対するカウンター効果のコストはノーコストに変更、と進化前より使いやすくなった。
一定数以上の魔力カウンターが乗っているときに破壊されると、フィールドをリセットできるが狙って発動できる機会は少ない。
そもそも高い攻撃力に、この効果耐性なので破壊される方が難しいかもしれない。
破壊が条件なのでバウンスなどに弱い、と思われるだろうが、このカード1枚を対象にする効果は無効化できるため、ブリューナクなどの効果も受け付けない。
無論、次元幽閉などもうけつけない。

条件を満たすことになるおもなカードは、死のデッキ破壊ウイルスや激流葬などが主な所だろう。
全体除去であるブラック・ローズ・ドラゴンはレベル7のドラゴン族のため対処されない。

無論、天魔神ノーレラスなどには何も出来ずに除去される。
こちらが相手ではリセットも発動しない。(発動出来たところで意味も無いが)

上記のように効果は強力だが召喚がしづらい、という根本的な問題点が進化前から改善されていない。

なにしろ、進化前のブラック・パラディンが最上級モンスター同士の融合モンスターである。
未来融合→英霊の転生進化する力と繋げるにしても手札を3枚消費する。
更に未来融合は制限カードなのでそうそう揃うものではない。


使用者:武藤遊戯

小説にて―
遊戯VS海馬戦において遊戯が召喚。
その効果で一時フィールドを支配し、青眼の光龍を撃破するも、シャイニング・ノヴァで相打ちに持ち込まれる。
攻撃名は、超・魔・導・竜・滅・斬。