【TF】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【TF】


 シリーズ内のシナジーが非常に強い、TFと名のつくモンスター及びその関連カードを使用したデッキ。




 TFのモンスターを役割毎にまとめると

 アタッカー

 チューナー

 補助

 切り札

 など、様々なモンスターが揃っている。
 また、ドロー補助としてはツモ神の加護TF-全国のお土産がある。
 上記のモンスターの中にも、ドローを補助するカードがあるので、いくらか採用しておくとよい。
 このほか、「TF」とはつかないが、実質的な専用モンスターとして、管理人シリーズが存在する。




 まず、基本的な採用モンスターであるが、アタッカーとしては高い攻撃力を備えつつ、様々なメリット効果を備えた「TF-死神の深夏」や自身の効果により半上級モンスターとなる「TF-黒翼のtopaz」が候補に挙がる。「TF-黒翼のtopaz」は、サーチ効果ももつので、デッキの安定性を高めてくれる。
 また、シンクロ召喚が重要な鍵となっている現在、「TF-名産の芽衣」や「TF-飯旨のメシウマ」の効果は、非常に強力である。
 「TF-飯旨のメシウマ」や「TF-爆発のぶっぱ」など、墓地にあることに意味があるモンスターも多いので、「TF-暴走のおみくじ」や「手札抹殺」などを使い、素早く墓地に送りたい。
 「TF-異界のNOIR」は、攻撃力が不安定であるが、このデッキの弱点である、次元に強いので、採用する価値はある。
 エンドカードとなりうる性能を秘めた「TF-終焉のなな」は、非常に強力で、自身の召喚コストで相手モンスターの除去も行うが、積極的な効果によるドローや、サーチで手札に加えることが出来ないので、若干安定性にかける。

 関連カードである、管理人シリーズは、効果は強力だが少々扱いが難しい。
 というのも、変化前が存在しなければフィールドにだせないのである。
 このあたりは、様々なサポートを駆使して補いたい。

 専用の魔法・罠カードとしては、あらゆる行動を無効化できる「アンドゥ」や「貪欲な壺」を凌駕する性能を持つ「TF-全国のお土産」、実質2枚サーチに等しい「ツモ神の加護」が非常に強力。

 また、「TF-希望の試合終了」の存在を忘れないようにしたい。
 そのため、短期決戦を心がける必要がある。




 基本的には、それぞれの効果でモンスターを大量に展開し、素早くシンクロ召喚し、そのまま一気に攻め込む、という流れになる。
 シンクロモンスターとしては、「TF-暗黒のしす」が筆頭に上がるが、無論、他のデッキでも採用される、「ダーク・ダイブ・ボンバー」なども強力である。
 「TF-会場のテラふりーだむ」のライフ半減効果もあわせて使えば、1ターンキルも夢ではない。
 その他、自分の「TF」全ての攻撃力を倍にする「副管理人 Spiral Hiroto」もある。
 これらのカードを駆使すれば、「TF-希望の試合終了」を気にする必要はあまりない。

 モンスター展開に関しては、1体「TF」を場に出せば、連鎖的に特殊召喚することが出来る。
 そのため、あまり他のサポートカードを使うことはない。
 その分を除去カードなどに回せるのは大きい利点である。

 上記のカードで素早く相手ライフを削り、「TF-死神の深夏」で直接攻撃を決めて終わらせれば、マッチキルまで出来る。




 このデッキの弱点は、墓地利用が多いため、全体除外の影響を大きくうけるのと、特殊召喚を制限されるとつらいということである。
 これらの対策のために、「サイクロン」は勿論のこと、「ツイスター」や「砂塵の大竜巻」を多少多く採用しても構わない。
 ただし、全体除外に関しては「TF-異界のNOIR」でそれを利用することも出来る。
 また、全体除外状態でも、特殊召喚が封じられていなければ、「TF-暗黒のしす」で罠カードを捨てるだけで、即座に状況を打開できることは覚えておきたい。

 特殊召喚封じでは特に「大天使 クリスティア」への対策は考えておくべきである。
 「月の書」や各種除去魔法で対応したい。
 「王宮の弾圧」には「王宮のお触れ」が有効であるが、「アンドゥ」を始めとするカウンター罠で潰していってもいい。
 いずれにせよ、このデッキにとって特殊召喚が封じられることは身動きが取れない状態になることに等しいので、何らかの対策は用意しておきたい。