フラグクラッシャー (グロンギ語版)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「じゃあ、彼女の話相手になってやってね」

 看護婦がウインクする。

 少年は無造作に病室に入った。

 長いストレートの黒髪の少女が物憂げに空を見ていた。

「・・・ボボビギスボパジュグビョグシャダバ。バンンビョグギサ」
「心臓病よ」
「ゴグバ。サブビギデジャス」

 腰のホルスターから拳銃―グロック19という型だ―を引き抜き、3回発砲した。

 あまりに緩慢で無造作な動作に、少女はただ銃口を見つめているだけだった。

 直後、あたりに脳漿と血と頭蓋骨が飛び散る。

 グッタリした少女を見ると呟くように言った。

「ボボガビボゼヅドグギデギギデギグジョシラギダダダソグ。バンシャギソ」




 ある日のこと。
 彼はいつものように、自宅へと戻ってきた。

 鍵を開けようとして、あることに気がつく。

 鍵が開いている。

 警戒しつつ、家の扉を開ける。

 その物腰に油断はない。一歩一歩、音を立てないように進んでいく。

 すると。

「あ、おかえり」

 見知らぬ少女から声をかけられた。

「ザセザ」
「今日から私もここで住まわせてもらうわ」
「ゼデギベ」
「―でも、それだと路頭に迷っちゃうわよ」
「ババゲソ」
「あ、わかってくれた?」

 笑顔になった少女を蹴っ飛ばして家から追い出す。
 少女が何か言おうと口を開く前に、グロック19の銃口を少女の頭に向け、引き金を引いた。

「バンシャギソ。ソドグビバジョグバゲビガボジョビゴブシボンゼジャダダゾ」



 少女は緊張した面持ちで立っている。

 誰かを屋上で待っているようだ。

「あ、来た」

 途端に心臓の鼓動がはやくなる。

「ズブ。ビサゾ」

 少女は意を決して口を開く。

「あの、好きです。付き合ってください!」

 少年は間髪をいれず答えた。

「バサボボバサドヂゴシゴ」
「え?」
「グシギビョグギバギビザ」

 そういって指を3本立てる少年。

「グシギ」
「え?」
「ドググ」
「返事は?」
「パパン」
「あの・・・」

 少年は続きを待たずにホルスターから銃を抜く。

「ボセパゲグガンゾザヅリュリュシャンゲブギブギゲギドギブグソギグシソスザザザ。ソグゲギボグゼソンサギサビガバビサボダダギザギズサギザ」

 自らの銃について語りつつ、目の前の少女の頭を撃ち抜いた。

「ダベギグジサゲギボグバ。バンシャギジョグ」




「ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイー!」

 少女は全速で道路を走っていた。

「このままだと転校初日なのに遅れちゃう!」

 流石にそれだけは避けたい。

 そのため、食べかけの食パンを口にくわえたままつっぱしっている。

 目の前に少年が現れた。

 ぶつかるッ!そう思った矢先、
「ビシュグバ!サバガバダダバ、ベサギゾダサゼザギグジザ」

 少年にぶつかるより早く、彼女は鉛弾にぶつかった。

 それも頭部に。

 発砲した少年はこともなげに呟く。

「ズン、ゾボボゴギビボロボザバギサンガ、ゴセゾレサダダボバラシガギダダダバ」



 ある朝、いつものように登校し、下駄箱を開けた彼は異変に気がついた。

「・・・バンザボセサ」

 見ると、手紙が入っていた。

「ソグバゴ、ボグシャグサゼバデデギバグバ、バ。ズブ」

 それだけ言うと、その手紙を懐に入れ、授業へと向かった。

 放課後、彼は校舎裏へ向かう。勿論、充分な警戒をして。

 ゆっくりあたりを伺いつつ進むと、人影が見えた。

(ギバダダ・・・ラシヅゲガセデギダザ・・・バサダ!)

 一気に近くの茂みに飛び込み、自分を呼び出したであろう少女の様子を伺う。

 やがて、その少女が自分が隠れている茂みに背を向けたと見るや、一気に飛び出し、その背中を蹴り飛ばした。

 さらに少女から反撃を受ける前に、スタンガンを首にあて気絶させる。

 さて、どうやって処理したものか、と考えていると、ちょうど焼却炉が眼に入った。

「ボセパギギドボソビガダダ」

 気絶した少女を担ぎ上げ、焼却炉に放り込むと、スイッチをいれた。

 燃え盛る炎を見ながら、彼はほっと一息ついた。






 彼は今日、早めに学校に来ていた。頬杖をつきながら、なんとなく窓から空を眺めていた。

「ソシパギギバ。ジジュグザ」

 そんなことを考えていた。

 このようなのんびりとした教室も悪くない―そう考えていると、
「杉くーん!うれしい、私に会うために早く来てくれたんだー!」

 そういって後ろから飛びついて来る女子生徒が。

 しかし、彼は慌てない。

 顔を蹴り飛ばし、床の上に叩き落すと、素早くナイフで喉を裂き、ベランダからグラウンドに放り投げた。

 幸い、朝早いので誰も見ていなかった。






 とある日の夕方。彼は自宅へと歩を進めていた。

 急がず鈍らず、一定のリズムで歩いていく。

 ふと気がつくと、自分の名前が呼ばれている気がした。

「杉くーん!待ってよー!」

 自分を呼び止めている少女には見覚えがあった。

 今日やってきた転校生だ。名前は忘れた。

「バンザ」

 用心深いまなざしを向けつつ訊ねる。少しの油断もない。

「覚えているかな?8年位前、家が隣同士でよく遊んでいたんだよ。私と杉君」

 彼はいよいよもって怪しいと思ったが、まだしゃべらせておいた。

「それでね、同じ学校の同じクラスになれるとは思わなかったの。また・・・よろしくね」

 最後のほうまで聞くと、一層目つきを鋭くし、冷徹な声で言い放った。

「ボセパビガラバゾギサン。ザギギジ、ジョブゴンバザジベデリスガギデビバギンベンンヅビガギボ
ゴドグバザセスバ」
「あの・・・よく思い出して?」
「ボブヒョグボヂジンゾジョゴゴギ、ドシギソグドグスデバ。ザガ、ジョジンパギサズ、ボボゴセビ
ゴンバシュザンガズグジョグドバンガゲダボパガババダダバ」

 それだけ言うや否や、少女の腹部を殴りつけ、続けざまに肘鉄を後頭部にくらわした。
 そしてすぐさま喉元にナイフをつきつけ、「バセビベギセギガセダ」などと尋問した。

 だが、どれだけ聞いても目の前の少女は目に涙を浮かべながら「思い出して」というばかり。

 埒が明かないので、スタンガンで気絶させ、周りに音が届かないところまで運び、腰のホルスターからベレッタM92を引き抜き、その頭を撃ち抜いた。