ティンとくる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ティンとくる


元ネタはアイドル育成ゲーム「idol m@ster」の社長がプレイヤーに冒頭にかける「ピンときた」が「ティンときた」に聞こえるということから。
転じて勘が告げたこと。ここでは主に汝は人狼なりや内で使用される。
このゲームは序盤は狼か村人かよくわからない人を適当に吊るしていくが、情報が本当にないときは各人の勘である。
ここでれったんが「ティンときた人に僕は投票する」と発言したために以降、直感投票の代名詞となった。
ティンの精度にも多々あり、たまに知らないうちに狐を沈めていたりすることもある。
なお、直感投票で釣られたばあい、「ティられた」などという。