AKB


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AKB


猫シンクロデッキの派生で、アーカナイトビート、もしくはアーカナイトボンバーの略である。
またしてもキーカードはダーク・ダイブ・ボンバーである。
またの名をA(アンタ)K(キモいよ)B(バカ野郎)である。

その名にふさわしい凶悪性を誇る環境最強とも言われるデッキスタンスである。
その特性として、類稀な安定性に加え、爆発力をも兼ね備えている万能性が挙げられる。
通常の猫シンクロと大きな差異はないが、魔法使い族(主に墓守シリーズ)を大量に採用し、アーカナイト・マジシャンをシンクロ召喚することに重きを置く。爆発重視の通常の猫シンクロに比べ、こちらは安定性と確実性で勝る。

一番有名なパターンはサモンプリースト→サモンプリースト→レスキューキャット→Xセイバー・エアベルン二体→アーカナイト・マジシャン+ダーク・ダイブ・ボンバーの流れである。
1KILLこそ出来ないが、単体除去二回の権利を持って召喚されるアーカナイト・マジシャンで相手の場を荒らし、ほぼ確実にダーク・ダイブ・ボンバーの攻撃を通すことが出来る。

また、ダーク・ダイブ・ボンバーによる1KILLを阻害するためにゴーズやトラゴエディアが出て来て攻撃が止められた場合でも、アーカナイト・マジシャンのカウンターが残っていればメインフェイズ2に破壊出来る。

魔力カウンターを使いきって弱体化してしまったアーカナイト・マジシャンはダーク・ダイブ・ボンバーで射出してやればよい。安定性は下がるがバスターモードというロマンも存在する。

好き放題荒らされた揚句1400ものダメージを受けてしまえば、相手はたまらないだろう。
というか、普通にダーク・ダイブ・ボンバーの攻撃も通っていることが多いので、これだけで4000ダメージとも言える。ダーク・ダイブ・ボンバー自身も射出すれば5400。相手の場ががら空きならアーカナイト・マジシャンのダイレクトアタックもあわせて5800。バスター化させればワンターンキルである。
勿論、バスター化していなくとも後ほんの少し攻撃してやればゲームエンドである。

早い・簡単・強いとどこぞの牛丼屋みたいなキャッチで大会を席巻している凶悪デッキである。
ダーク・ダイブ・ボンバーが制限になったとしても大して困らない。
途中で射出してしまったとしても、貪欲な壺で使い回すことが出来るからである。
そもそも大抵は爆弾魔が出た時点でフィニッシュの計算が出来上がっている。

一応、ダーク・ダイブ・ボンバーが禁止になれば多少は痛手を受ける。
だが、どっちにしろ強力なスタンスには変わりなく、制限改定次第では依然環境に君臨し続けるだろう。

猫やサモプリも凶悪性を少なからず支えているのは間違いない。

全てはKONAMIの匙加減次第である。頼むよKONAMI。