※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「大月 多摩」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

大月 多摩」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *プラズマ団ボス 大月 多摩
-&blankimg(大月多摩_彩色絵全身_ver0_2.png,width=600,height=600)
+&blankimg(大月多摩_彩色絵全身_ver0_3.jpg,width=600,height=600)
 |&bold(){名前}|大月 多摩(おおつき たま, Ohtsuki Tama)|
 |&bold(){危険度}|高|
 |&bold(){人間友好度}|高|
 |&bold(){活動場所}|外界~妄想郷 妖怪の山 湖底に沈む巨大宇宙母艦|
 |&bold(){種族}|化け狸|
 |&bold(){能力}|プラズマを操る程度の能力|
 |&bold(){二つ名}|プラズマ団ボス|
 |&bold(){性格・特徴}|唯物論者であり、何事も科学で説明しないと気が済まない。拘り性。|
 |&bold(){職業}|科学者(外の世界では大学教授)|
 |&bold(){所在}|妄想郷 妖怪の山 湖底に沈む巨大宇宙母艦内部|
 |&bold(){年齢}|160歳|
 |&bold(){登場作品、SS}|[[東方金水泡>http://www42.atwiki.jp/kkrkki/pages/498.html]] Plasma Stage ボス|
 |&bold(){身長}|低い|
 |&bold(){体重}|軽い|
 |&bold(){外見・服装}|13歳程度の外見。水色のカーリーなショートヘアで、一見すると河童に似ている。&br()河童の帽子に似た青い帽子を被り、狸の尖った耳がはみ出している。&br()分厚いメガネに隠れてよく見えないが、目はクリッとしてて大きく、水色の瞳を持つ。&br()眉毛は細長く綺麗なアーチ状で、柔和に見える。&br()服装は、水色のカッターシャツに、青のロングスカート。上から白衣を羽織り、白いブーツを履いている。&br()化けるのが苦手なため、常に尻尾が出ており、スカートで隠している。|
 |&bold(){関係人物}|[[烏瓜 梓(旧友)>http://www42.atwiki.jp/kkrkki/pages/496.html]]、[[冠木 りん(旧友)>http://www42.atwiki.jp/kkrkki/pages/236.html]]|
 |&bold(){好きなもの}|科学、考える事|
 |&bold(){嫌いなもの}|迷信、思考の放棄|
 
 元は四国八百八狸の一員であったが、妖術の才能に恵まれず、一族を抜けて行方知れずとなった化け狸。
 その後、人間社会の中で人間に紛れてひっそりと暮らしつつ、身寄りのない子供として施設から学校に通い、
 苦学の末研究者となった。
 その後、各地を放浪していた幼馴染の烏瓜梓と再会し旧交を温めるも、人生の針路が異なるため、再び別れた。
 そして数年後、大学教授となった彼女は、宇宙開発の研究中に、正体不明の電磁波を計測した事で、
 妄想郷の存在に気付き始め、電磁波の発信源を探りつつ、交信を試み始める。
 試行錯誤の甲斐もあり、数日後には妄想郷の位置を特定し、そこに旧友がいる事を知った彼女は、異世界である
 妄想郷に入るための乗り物の製作に取り掛かり、小型宇宙基地用に作り掛けていた次世代型宇宙母艦を改造した
 空間転移装置を完成させる。
 そして、妄想郷から発信されるメッセージに従い、ついに彼女は空間転移装置ごと妄想郷の山に移動し、
 旧友達の前に現れ、乗り物の中に迎え入れた。
 彼女曰く、全宇宙の万物はプラズマによって構成されているらしい。
 ただ、何のことはない。彼女は旧友に会いに来ただけなのだ。そして、それこそが今回の異変の原因である。
 主人公は、彼女を訳の分からないカルトの首謀者と判断し、撃滅する事とした。
 
 
 |>|&bold(){スペルカード}|殆どがExtraステージ2ボスの&br()スペカに対する批判的回答。&br()妖力を一切使わず、科学力によって&br()構成されている。|
 |1枚目|論文概要「宇宙の神羅万象はプラズマが原因」(Plasma)|スペルカード全体のテーマの縮図|
 |2枚目|論文第一章「ブロッケンズ・スペクターは気象現象」(Plasma)|「ブロッケンの妖怪」:&br()虹のような大気光学現象|
 |3枚目|論文第二章「人面花はシミュラクラ現象による錯覚」(Plasma)|「シミュラクラ現象」:&br()人が顔を認識するための&br()脳の働きにより、&br()逆三角形状の3つの点(∵)を備えた&br()模様や形が顔のように見える現象|
 |4枚目|論文第三章「巨鳥フリの羽ばたきはダウンバースト」(Plasma)|妖怪「フリーカムイ」に対する見解。&br()「ダウンバースト」:&br()局地的・短時間に上空から吹く&br()極端に強い下降気流|
 |5枚目|論文第四章「ビッグ・ローリーを駆る人間狩り時間旅行者」(Plasma)|妖怪「片車輪」に対する見解。&br()「ビッグ・ローリー」:&br()手塚治虫の漫画「W3」に&br()登場する一輪車|
 |6枚目|論文第五章「宇宙忍者バルタン星人の禅問答」(Plasma)|妖怪「蟹坊主」登場。&br()ただし特撮用着ぐるみのホログラム|
 |7枚目|論文第六章「共同幻想~トライアングル・ファンタジー~」(Plasma)|「バミューダ・トライアングル」という&br()世界的都市伝説に対する回答|
 |8枚目|論文第七章「噴火湾のメイルストローム」(Plasma)|妖怪「アッコロカムイ」に対する見解。&br()「メイルストローム」:&br()渦潮|
 |9枚目|論文第八章「近代幻想・相馬の古内裏~滝夜叉姫の髑髏召喚~」(Plasma)|妖怪「がしゃどくろ」登場。&br()ただし巨大な骨格標本のホログラム|
 |10枚目|論文第九章「二重幻想~粘菌太歳様のビックリフェイスショウ~」(Plasma)|粘菌生物・通称「太歳」が&br()妖怪「大首」に扮して登場|
 |11枚目|論文第十章「不滅の幻想・神経伝達情報ウイルス=呪い」(Plasma)|「牛鬼」、「菅原道真公」の&br()呪いに対する答え。&br()※耐久スペル|
 |12枚目|論文考察「幻想と迷信の境界~ファンタスティック・パンデモニウム~」(Plasma)|「妖怪」そのものに対する&br()唯物論的観点からの考察|
 |13枚目|論文結論「プラズミック・ユニバース」(Plasma)|プラズマを駆使した化け狸の妖術を&br()科学力で完全再現する最大火力スペル|
 |14枚目|論文後書「軽金製錬~アルミナム・サイエンティフィック・フューチャーワールド~」(Plasma)|化け狸の錬金術を超越した&br()科学力による未来型スペル|
 |ラスト|論文付録「松山城のお家騒動~ヒトの悪事は大体狸の所為~」(Plasma)|八百八狸の騒動は人間のせいで、&br()刑部狸は濡れ衣であるという意見表明|
 
 |>|&bold(){スペルカード友情出演}|
 |プラズマ団・団員2号 [[水又 金広(みなまた かひろ)>http://www42.atwiki.jp/kkrkki/pages/241.html]]|大月のスペルカード用機材の製作協力|
 |プラズマ団・団員3号 [[野又 夜白(のまた やしろ)>http://www42.atwiki.jp/kkrkki/pages/243.html]]|妖怪「大首」に扮して出演|