※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大神実 弥生


名前 大神実 弥生(Ookamuzumi yayoi)
種族
能力 朽ち果てない程度の能力
二つ名 不朽の桃源郷

吉祥と不老を司る神。彼女が居る所には永遠の繁栄と行幸が約束される。
しかしそれは、彼女が生み出したものではなく、彼女が呼び寄せているものである。
つまり、彼女が一つ所に留まれば留まるほど、他の地は枯れ、衰えていく。

繁栄する事は、必ずしも良い結果をもたらすとは限らない。
たとえ、奢らぬ人であったとしても、精々百年程度しか生きられない人間の身では、
神の恩寵による幸せを享受する事などできないからだ。
そして、奢る人であれば尚更無理である。
十年ほど前、多くの人が奢るのを見て、彼女は幻想郷へ移り住んだ。
その事によって、国は衰え、人は苦しむかもしれないが、
熟れて腐るよりは良い、と判断したからだ。

幻想郷へ移るために力を使い果たし、彼女は深い眠りに付いた。
しばらくして目覚めた時、彼女はまず、少し驚いた。
周囲には、どこまでも続く桃の林があったからだ。
次に彼女は、大いに驚いた。
桃の林の合間には、溢れるほどの向日葵が咲いていたからだ。

はて、自分にはこんな力があっただろうか。
そう思った彼女は、とりあえず辺りをうろついてみる事にした。

その後出会った妖怪は、彼女にある提案を持ちかけた。
ちょっと咲き誇ってみない? と。
別に断る理由もない上、彼女はちょっと寝ぼけていたので、試しに彼女は咲き誇ってみた。
それが、どのような事態を招くかも考えずに。