※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インヒュージュ・ミラー

名前 インヒュージュ・ミラー
種族 鏡の魔物
能力 望まぬ姿を具現化する程度の能力
二つ名 見知らぬもう一人の自分
外見・服装 服装:妖精たちと同じくらいの体格の幼女(妖精扱いされることも)。
銀色のゴスロリっぽい服でロングスカート。真っ白な髪、真っ黒なリボンが後頭部。
性格・特徴 意地悪い、常に不気味に微笑、生命の精神的弱点を知っているので戦う相手を常に嘲笑する、ナルシスト

人間の深淵を具現化する魔境に呑み込まれた魔女の少女が対抗して魔境を徐々に魔力でもって侵食し、その果て支配してしまった。魔境に映った者の心とは正反対(或いは最も望まぬ自分)を具現化し、放つ。
そうやって無理矢理人に自分の正体を見せ付け、その反応を嘲笑する。そして具現化された逆の自分に負けた者は魔境に取り込まれ、具現化された方が残る。
動きたい時は自分の姿を出し、鏡を持たせて移動する(この自分は魔力の塊なので、逆の自分ではない、普通に具現化された自分)。
裏表の無い人間が大嫌い。

スペルカード
凛鏡「ミラージュアタック」→「ミラージュテンペスト」
魔鏡「見知らぬ自分」→「アンチオリジナルミラージュ」
深淵「反射鏡カタコンベ」→「現と幻の混沌世界」
真理「乗り越えられない自分」