※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三池 ミズチ


名前 三池 ミズチ(みついけ みずち)
種族
能力 水の気を操る程度の能力
二つ名 主不在の水の主
性格・特徴 我慢強く、水辺の生き物たちに尊敬される気高い性格。
しつこいヤツが嫌いで、そういう相手には我慢ができない。
一度怒ると手が付けられないほどに暴れる、気が静まると反動で目一杯落ち込む。
年齢 六百余年
身長 全長155㎝(ZUN帽が縦に長いため正確な身長は不明)
体重 池の蓮の葉に乗れるくらい
外見・服装 赤い角っぽい帽子、白い首輪、長い三つ編みポニテが特徴の少女(自称)
3サイズ ぺったんこ・ほそい・うすい。
関係人物 某河童(人間の敵なので嫌われてる)
某蛙神様(勝手に蛙の池に入ったので嫌われてる)
好きなもの 水辺の生き物
嫌いなもの しつこいヤツ

幻想郷のとある池の生き物たちの主。
 その力で雨を降らせたり、人が近寄れないよう霧を撒いたり、敵意ある者に毒を浴びせたりする。
 龍神不在の幻想郷の(その池の)実質的主だが妖怪たちには龍神以上に慕われている。
 しかし、人との関わりを断つことでその秩序を保っているため、河童あたりには好かれていない。


スペルカード 蛇符「猛毒の独房」
蝮符「生き延びる千の日々」
蛟符「耐え忍ぶ千の年」
龍符「曝け出す千の時」
水神「主無き池の守り神」

台詞
:「…この先は人立ち寄ることまかりならん、立ち去れ…」
「立ち去れと言っただろう、どうなっても知らないぞ」
「何度も何度も、しつこいな、こっから先は守り神の聖域だから帰れって」
「来るなって言ったのに、神様だって三度までだ! 手加減ナシで噛みついてやる!」