※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒部川 せきの


名前 黒部川 せきの (Kurobegawa Sekino)
種族 河童
能力 流れを分かち止める程度の能力
二つ名 大いなる人知の要塞
性格・特徴 何者にも流されずどっしり、飄々としている
職業 河童の中ではちょっとした有力者
外見・服装 背が高く、青い髪で、服装はポッケのついた緑のチョッキに灰色のロングスカート

その昔人間が己の力のみで作ったダムを守っている河童。
もともと自分の住処だった川を人間が治水のために加工した折、案外居心地がよくてそのままいついてしまった。
巨大な自然を捻じ曲げ、自らの能力を一部再現するほどの人間の力を面白く思い、好感を持っている。
その能力は水だけでなくあらゆる流れを止め自らから遠ざけることができ、激流の中にいても動じることはない。
近くで見ると、まるで大きな岩でもあるかのように水が彼女を避けているように見えるだろう。
よって神でも鬼でもパワーによって彼女に干渉することはできない。
彼女は誰にも流されず、誰も彼女の穏やかな日常を邪魔することはできない。

スペルカード
堰符「第四幻想郷ダム」→堰符「人里守りし信玄様」→堰符「フォースオブクロベ」
流符「並列式ライフストリーム」→龍符「地球を包む龍脈」
分水嶺「ここが勝負の分かれ目」→分水嶺「ここが運命の分かれ道」
流転「渦巻く哲学パンタレイ」
「流されぬもの」→「流れ分かつもの」
奥義「流れる世界でわれてもすえに」

台詞
「全て流れるものは分かち止められる。つまりわたくしに干渉することは不可能です。
黒部川せきのは静かに暮らしたい……この勝負、すぐに終わらせてお茶にいたしましょう!」