※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

阿行三叉行悟ナトラ

名前 阿行三叉行悟ナトラ(あぎょうさんさぎょうご・なとら)
種族 妖怪島鮫
能力 事象の真偽を反転させる程度の能力
二つ名 幻想郷第八の七不思議
性格 絶対に嘘をつかない
職業 詐欺師
趣味 真実を教えることで嘘を信じ込ませること
身長 2メートル超
体重 300キロ超
外見・服装 角が6本、目が4つ、鼻が2つ、兎の耳が5本生えていて、口が3つある。
腕が8本、脚が10本あり、全身毛深く、頭の天辺は皿のようにツルツルで、
頭に腰ミノ、手に靴を、脚にセーターを履き、足には手袋を付けている。
左の口にはヤツメウナギの歯、右の口には毒蛇の牙、
真ん中の口には鮫の歯が生えており、左の口からは若い女の声、
右の口からは低い男の声、真ん中の口からは怪鳥の鳴き声を発し、
上の鼻は象のように長く、下の鼻は天狗のように長い。
上の目2つは空を全て見渡せるほどに、トンボの複眼のように大きく突き出ていて、
下の目2つは遠くの獲物も見つけられるような鷹の目をしている。
吐く息は牛糞を腐らせたような激しい異臭を持ち、
その猛毒により一分と待たず動物を死に至らしめる。
涎からは卵の腐ったような硫黄臭が広がり、
触れるもの全てを溶かしてしまうほどの強酸性を持つ。
(情報元:T・I ならびに多数の妖怪兎)

  • スペルカード
九面「海底世界」
神業「二百五十六連打鉄板破壊」
予言「ジュライ・1999・カタストロフィ」
進化「空飛ぶ肥満鳥」
(T・I さんによる目撃情報)

  • 説明
幻想郷全土にわたって、毎年春の卯月朔日午前中に目撃されるという妖怪。
ただし部分的にしか姿を目撃されておらず、全貌は明らかにされていない。
竹林のうさぎ達による目撃例が多く、情報も断片的でチグハグなものが多い。
しかしそれにも関わらず、目撃者は後を絶たないため、実在すると思われる。