※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖天大聖紫婆(せいてん・たいせい・シヴァ)

#ref(ここに画像のURL)
名前 聖天大聖紫婆(せいてん・たいせい・シヴァ)
危険度
人間友好度
活動場所 天界
種族 天人
能力 時間よりも速く変幻自在な動きをする程度の能力
二つ名 超越次元の舞踊神
性格・特徴 じっとしている事ができず、いつも踊っている
職業 隠居(元・神将)
所在 天界
年齢
趣味 踊り
登場作品、SS なし
身長 高い
体重 たぶん軽い
外見・服装 虹色の長髪、茶色の帽子に、金の輪っか状の止め具。
妖しく輝く虹色の瞳に、不敵な笑みを浮かべている。
真っ赤なネグリジェのような服を着ており、
虹色の雲の上に乗ったまま移動する。
3サイズ グラマー
関係人物 聖天峨寧沙(第一子・長女)

天人の名家の創始者。「大聖」は呼び名で、「紫婆」が本名。
偉い人なので、身内以外に本名で呼ばれる事は無い。
有り余る行動力で瞬く間に人脈を築き上げ、一代で地位と財を成した大天人。
隠居後も大人しくしていられず、色んな人物に顔を利かせてたり、沢山の
子供を設けていたりと忙しい。
周りからはいい加減大人しくしろと言われ続け、岩山に幽閉された事もある。
活動的で、その人生の大半を働くことに費やしてきたため、極めて晩婚であり、
初めての子供は隠居後に設けた。その子供が聖天峨寧沙である。
彼女が戦場で首を取られたと聞いた時は、とても嘆き悲しみ、話も聞かずに
葬式を上げようとしたが、その後で彼女が生きていると聞いた時、葬式の
準備をしていた事も忘れ、愛娘の顔を一目見ようとすっ飛んで行った。
しかし、首から上が別人になった愛娘を見た瞬間、血の気が引いて、
生まれて初めて何もせずに部屋に引きこもる日が続いたという。
特に、愛娘から、一族の証である虹色の髪と瞳が失われた事が大いにショックで、
愛娘の新しい頭を体に馴染ませて、虹色の髪と瞳を戻すための妙薬を研究し、
それを毎日のように送り続けている。

スペルカード
踊符「時分解能突破・阿修羅」(Easy/Normal)、
踊符「時分解能大突破・千手観音」(Hard/Lunatic)
乱舞神「チェレンコフ後光の千手観音」(Phantasm)
紫婆奥儀「神弾幕結界」(Phantasm)

元ネタ解説
  • 聖天大聖
孫悟空の別名「斉天大聖」のもじり。
  • 紫婆
「シヴァ」という読み方に、さるお方の漢字を当てたもの。
  • 服装や装飾品など
孫悟空+ムラサキの妖怪

スペルカード解説
  • 踊符「時分解能突破・阿修羅」、踊符「時分解能大突破・千手観音」
時間の最小単位よりも高速に変幻自在な動きをすることで、
咲夜の時間停止能力をもってしても、その瞬間の動きを把握できず、
何本もの腕が実体を伴った残像として現れる。
移動前の腕と移動後の腕が両方同時に存在しているという事。
量子力学の世界でしか説明できないスペル。
  • 乱舞神「チェレンコフ後光の千手観音」
上のスペルの完全版。光速を超えるためにチェレンコフ光まで発生する。
  • 紫婆奥儀「神弾幕結界」
自らが画面上を埋め尽くすほどの高速移動による分身を繰り返し、
画面上が彼女で埋め尽くされる。