※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蛇傑王 闇子(じゃけつおう あんこ)

#ref(ここに画像のURL)
名前 蛇傑王 闇子(じゃけつおう あんこ)
危険度
人間友好度
活動場所 不明
種族 闇撫(やみなで)
能力 影の裏に潜む程度の能力
二つ名 影の影
性格・特徴 引っ込み思案で目立ちたがらない。影からこっそり見守るのが好き。
職業 隠密
所在 不明
年齢 16歳
趣味 ストーキング
登場作品、SS なし
身長 低い
体重 軽い
外見・服装 カラスの濡れ羽色のポニーテール、色白で黒い瞳。
ラズベリー型の飾り付きイヤリングと髪留め。
焦げ茶色の忍び装束と黒いニーソックス。
3サイズ スレンダー
関係人物 蛇傑王 闇丸(兄)

強大な忍者一族の末裔で、幼い頃に姿を消した兄に憧れ隠密になったものの、
厭戦的な性格のせいで、いまいち活躍できないでいる。
ただし、隠れることに関しては右に出るものはスキマ妖怪を除けば誰一人おらず、
特技ともいえるレベルにまで洗練されている。
腕っ節に関しては人間の女の子同然で、妖怪には全く歯が立たず、
交戦せざるを得ない状況下になった時点で、負けは確定である。
まだ隠れることに関して未熟だった頃、妖怪に襲われている人間の女の子を
助けに入り、自分が襲われそうになった時、何者かに物影へと叩き飛ばされ、
気を失っている間に、その何者かと妖怪が共に姿を消していたことがあった。
その時、一瞬だけ見えた大きな人の形をした影の主を今でも忘れられず、
彼女はその者を兄ではないかと信じている。

スペルカード
隠符「影鼬の空中マキビシ」 逃げるためだけの弾幕。
逃走開始と同時に黒アゲハと黒い蛾(ウメスカシクロバ)と
カラスを後ろに向けて一斉に放ち、画面を黒い飛行体で
埋め尽くしている間、その影に紛れて、
15秒程度で完全に姿を消してしまう。