※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新名 一三六(しんな・いさむ)

#ref(ここに画像のURL)
名前 新名 一三六(しんな・いさむ)
危険度 極めて高
人間友好度 極めて低
活動場所 幻想郷の人里の外れの沼地
種族 妖怪(貧乏神のようなもの)
能力 幸運を奪い取る程度の能力
二つ名 不幸の知らせ
性格・特徴 不明
所在 不明(異界?)
年齢 不明
登場作品、SS 東方シリーズの隠しステージ(未確認情報)
身長 低い
体重 不明
外見・服装 白と黒のまだら模様のドレスを着ており、髪はポニーテール。
髪の色も白黒まだら模様で、人間の体毛ではありえないと分かる。
色白で目の大きい美少女だが、眉毛が公家のような黒丸形である。

幻想郷の人里の外れの沼地に住んでいる。
その姿を目にした者は、運を吸い取られてしまい、一生幸運に恵まれなくなる。
また、彼女自ら人間を狙う事もあり、その時は色んな動物に化けて、追跡や
待ち伏せなどを行い、自分の存在を察知させて、怖がらせる事で、徐々に、
死なない程度に運を吸い取っていく。
したがって、彼女を目にし、存在を間近に感じた時点で終わりである。
彼女は人間界とは別の世界から来た存在であり、人間や動物や妖怪が
口にするのと同じものを口にはできず、物質的なものとは別の何かを
吸って生きているのだ。それは人間の運気であると思われる。
幻想郷に来てからは、人間や妖怪の誰とも親しくならず、名のある妖怪とは
会ったことすら無いため、交友関係は皆無であり、孤独な生活を送っているが、
流行に疎いわけではなく、最近はスペルカードを覚え、人間に勝負を仕掛ける
ふりをして、適当に弾幕を撃ちながら運を吸い取る手口を使っている。
絶対に、彼女に会ってはならない。近づいてもいけない。
勝負しようなど、もってのほかである。
たとえ打ち勝てたとしても、一生運が無くなるから。

  • 注釈
彼女に遭遇できるのは、隠しステージ(Stage X)のみ。
隠しステージは、LunaticモードのStage1~5終了直後に、コンティニュー無しで、
他にある条件を満たすと、そのゲーム中に一度だけ入れる。
隠しステージの中でゲームオーバーになった場合、コンティニューすると
次のステージから再開できる。

(彼女の目撃例は、紅魔郷、妖々夢、永夜抄、風神録など、東方シリーズの
色んなゲーム中に隠しステージボスとして登場したというものが全てだが、
公式には確認されておらず、確固たる記録も残されていないため、バグにより、
未公開の没データがゲーム中に突然割り込んで現れた可能性がある。
また、目撃したと言われる人は、プレイ後に不幸な目にあったというエピソードも
添えられるため、これらの目撃例が都市伝説という可能性もある。)


スペルカード 黒符「フォーチュン・アブソーバー」(Lunatic)
黒&白符「フォーチュン・マグネティズム」(Lunatic)
点滅星「ラッキースター&アンラッキースター」(Lunatic)
不幸星「妖怪ブラックホール」(Lunatic)

スペルカード解説
  • 黒符「フォーチュン・アブソーバー」
輪郭のぼやけた黒い弾を画面上にランダムにばら撒く。
黒い弾は個々に重力を持ち、接近するとプレイヤーを引き寄せる。
  • 黒&白符「フォーチュン・マグネティズム」
黒と白の大きな球を画面の上下に一個ずつ発射し、
画面上部中央に黒い球、下部中央に白い球を定置した後、
白い球から全方位に放射状に白い弾が発射され、それが段々黒ずみながら、
上の黒い球へと引き寄せられ、画面上を下から上へ流れていく。
  • 点滅星「ラッキースター&アンラッキースター」
本体の体が一定間隔で白黒に点滅しながら、弾幕を放ったり吸い込んだりを
繰り返す。本体が白い時は、画面上一杯に白い弾幕を高密度で放ち続け、
本体が黒くなると、画面上の弾幕が全て黒変し、本体へ吸い込まれていく。
  • 不幸星「妖怪ブラックホール」
本体が画面中央に移動し、巨大な黒い球で包まれた後、四方に白い球が出現し、
本体の黒い球の周りを時計回りに回転しながら、白い弾幕を放射し続け、
白い弾幕は徐々に黒変しながら、中央の黒い球に吸い込まれていく。