※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

淡白 尿夢

名前 淡白 尿夢(たんぱく・にょうむ)
種族 半狆半猊(はんちんはんげい)
能力 道を扱う程度の能力
二つ名 金のライオンを持つ女
性格・特徴 とても真面目で曲がった事は嫌いだが、奇妙な外見と、
言葉の変な訛りのせいでお笑いキャラと勘違いされやすい。
外見・特徴 茄子みたいなシャクレ&下膨れ顔だが、目が真丸くクリッとしてて可愛い。
髪型は野口英世か鳩山由紀夫かナベアツのようなモコモコのモジャモジャで、
後ろが長いシッポのようになってて、その先にライオンのような頭がくっ付いている。
この頭は自分の意思で動き、人語を話せるが、彼女の半身でもある。

解説
異なる獣同士のハーフで、かつ生まれつき妖化しており、人間の姿で生まれてきたため、人間の老夫婦に拾われて、人間として育てられたが、無意識のうちに奇妙な訛りを使うせいで、周りの子供から変人扱いされるようになり、皆と違うという思いを持ち始める。
そんなある日自分の髪の毛の先にライオンの顔が生え始めたのをきっかけに、自分が人間ではない事に気付き始め、そしてとうとう、ライオンの顔が成熟した頃に、ライオンの口から彼女の正体が告げられる。
彼女は、狆(ちん)と俊猊(さんげい)のハーフで、生まれつきの妖力で守られていたのだ。
(「俊」は、にんべんの部分をけものへんに変えた漢字を使う。)
しかし、彼女の体は狆をベースにした非力なものにもかかわらず、生まれつき俊猊の強大な妖力に晒され続け、無理やり人間の姿となっていた副作用で、うまく人語を話せず、無意識のうちに出てくる変な訛りに苦しめられる事となる。
そのために、真面目な話もろくに聞いてもらえず、仕方なくひょうきんな人間として振舞っていたが、彼女が通っていた寺小屋で教鞭を振るっていた慧音に、本来の性格と学識を見抜かれ、哲学者になる事を勧められる。
それから彼女は人里離れた草庵に住み続け、書物を読み書きしながら、生計を立てるために時々本を売り歩いたり、弁舌を披露したりしている。
また、訛りのせいで呪文やお経を正しく唱えられないので、独自にアレンジした「道」という変わった術を使う。
スペルカード名にも彼女独特の訛りが使われている。

スペルカード
  • 気道「壊滅狆空破」(かいめつチンくうは)
本体と進行方向を結ぶ直線状に真空のチューブが出現し、1秒後に本体が真空の中を瞬間移動。
それから一呼吸置き、真空のチューブが破裂し、小粒の弾が飛び散る。
予告レーザーは無い。
ちなみに、真空のチューブに接触すると、たとえグレイズでもミスるので注意。
制限時間40秒。
Hard以上だと、チューブを挟んで本体から見て左右30度くらいに直線状の弾幕が設置され、チューブが破裂するのに反応し、チューブのあった直線に吸い寄せられるように、弾幕が動き始める。
  • 食道「麺・弾幕餐庁」(ミェン・だんまくさんちょう)
本体と自機を結ぶ直線を挟み、本体から見て左右15度の範囲に、自機の後方から徐々に麺状の弾幕が出現し、本体まで結ばれた後、本体が急激な勢いで麺弾幕を吸い込み始める。
全て吸い込んだ後、本体から炎のような赤いオーラが迸り、本体がハイスピードで画面の中を5秒くらいランダムに動き回った後、徐々に赤いオーラがしぼみ、本体は定位置に戻り、再び同じ弾幕を出し始め、これを繰り返す。
制限時間40秒。
Hard以上だと、麺弾幕の周辺に、粒状のスープ弾幕が出現し、麺弾幕に絡むように吸い込まれる。
Lunaticではスープ弾幕に加え、薬味弾幕も出現する。
この弾幕は吸い込まれずに残る事がある。
  • 聴道「鐃鉢御音叉」(にょうはちミョンさ)(「鉢」は「祓」のしめすへんをかねへんに変えた漢字を使う)
打楽器の「ジャーン」という音が鳴り、本体から円形の弾幕がゆっくりと放たれる。
その後、打楽器の「シャーン」という音が鳴り、本体から円形の交叉弾幕がゆっくりと放たれる。
これらを行った後、本体は自機のいる場所に移動し、再び上記の弾幕を発射する。
これを、徐々にスピードを上げながら繰り返す。
制限時間30秒。
Hard以上だと、「ジャーン」の後に、自機狙いの弾幕も一緒に発射され、「シャーン」の後に、エターナルミークのような全方位高速弾幕が一度だけ発射される。
  • 尿道「涅槃寂静黄金悲惨剣」(ねはんじゃくじょうおうごんひさんチェン)
本体が画面上を曲線運動し始め、移動方向とは逆に半透明の黄色い粒状弾幕を発射し続ける。
軌道は、橙のラストスペルに似ている。
制限時間80秒のラストスペル。
Hard以上だと、移動方向と逆方向の他に、そこから左右120度開いた方向にも弾幕が発射される。
Lunaticだと、Hardの3方向に加え、その間の方向、合わせて6方向に発射される。