※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

離世 強者

名前 離世 強者(はなれよ つわもの)
種族 亡霊
能力 成仏できない程度の能力
二つ名 亡霊剣士
性格・特徴 好戦的な性格
性別
年齢 不明
趣味 戦闘
所在地 幻想郷

説明
 幻想郷を彷徨う亡霊の剣士。最上位の実力を持つ者とも互角に渡り合う実力を持つ。常に戦いを欲しており、こちらに敵意を持つものに対して攻撃を加えてくる。また、鍬や鋸などの武器として使える道具を持つ者にも襲いかかる。その激しい気性と高い戦闘能力の為、現在最も危険視されている存在の一つ。定義上、人の形をし、触れる事が出来る為、亡霊とされている。
 その正体は、夢半ばで倒れていった古の強者達の無念と絶望の集合体である。無念と絶望が複雑に折り重なり、亡霊として具現した者。存在そのものが無念と絶望である為、成仏できない。彼の持つ二本の剣は、これら「無念と絶望の象徴」であるとされている。
 悲しく哀れな魂は、強者を求め幻想郷を彷徨い続ける。

補足
 上記の理由の為、彼には生前の名前はない。現在の名前は自ら名乗ったものではなく、「現世から離れるべき強者の魂」との意味を込めて第三者から名付けられたもの。

スペルカード
剣符「十文字切り」
急襲「微塵切り」
走破「闇駆け切り」
乱符「嵐切り」
斬魔「人を、切る。」
斬魔「地を、切る。」
斬魔「天を、切る。」

台詞
「何しに来た」
「弱いなら消えろ」
「やる気がないならさっさと死ね」
「強いな、殺してやる」
「次こそ・・・殺・・す」
「バラバラにしてやる」
「ズタボロにしてやる」
「形がなくなるまで殺ってやる」