※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 パーヴォー・カルネ・トントロ(愛称:パー坊)
活動場所 自宅
種族 餓鬼
能力 食い尽くす程度の能力
二つ名 国(ごく)潰しのトン坊
性格・特徴 いつも食べてばかりいる。その割に自分では何もしない。
何で生きてるのだろうか。死ねばいいのに。と思われてる。
職業 自宅警備員(正式に任命されたらしい)&堆肥製造係
所在 漂流都市
身長 5メートル
体重 5トン
外見・服装 餓鬼の腹が膨れてるのは栄養失調のためだが、こいつはただの肥満。
部屋から出られない肥満アメリカ人をも超えるくらい巨大で太い。
太り過ぎて自分で歩くどころか立ちあがる事すらできないので、
不要と判断し、靴も靴下も履かず、いつも特大サイズの便器の上に
座ったまま、腰布を上から掛けている。上半身は裸。
手足が太すぎて動かすのも億劫なため、頭に穴を開け、差し込んだ
プラグを繋いだ状態でパソコンを操作して、何かに熱中している。

解説
幻想郷や幻想卿、妄想郷などの様々な世界の間を漂い続ける漂流都市で一番の
大財閥「トントロ・コンツェルン」の御曹司。
総帥である「ママン」(母親)から過保護に育てられすぎたせいで、ただの太っちょな
穀潰しとなった。二つ名では「国潰し」となっているが、国を一夜にして枯渇させる
レベルという意味である。

こいつに食べさせるためだけに、母親はあらゆる世界から食糧を輸入し続けたため、
取引先の一つである妄想郷では深刻な人間不足が起こり、妖怪の食糧問題が深刻化
している。そのため、幻想郷への移住計画が持ち上がり、このままでは妄想郷の
全妖怪が移民せざるを得ないとして、トントロ・コンツェルンの責任問題にまで
発展しつつあった。
トントロ・コンツェルンでは表向き、妄想郷の人間不足の責任を取る形で、
食糧生産基地を作る計画が立ち上がった。
が、本当の目的は、このトン坊に喰わせるための食糧を自給自足するためである。

生産拠点は妄想郷に作るはずだったが、妄想郷では妖怪の数が増え続けているという
別の人口問題があり、その上、元々地盤が不安定な世界で、適した土地が無かった。
このままでは妄想郷の人間が絶滅し、増え過ぎた妖怪が生きて行けず、世界崩壊の
運命を辿るため、一刻を争う状況で、悠長に決めている時間など無かった。

そんな時、幻想郷の最古参の某妖怪が、生産基地のための土地を提供してもよいと
打診したため、誰も来ないような奥地に食用人間牧場を作る事が急遽決定した。
面倒を押し付けられる形になるため、彼女の周囲の妖怪達はあまり良い反応では
なかったが、彼女はそれよりも、妄想郷から移民がやってくるほうが嫌だったので、
そういう決断をせざるを得なかったのだ。妄想郷側も、自分達が嫌われていると
自覚しているため、移民するというのが脅しとして効く事を見抜いていた。

そんなわけで、食用人間計画は開始した。

おまけ
名前 ヤヴァンヴァ・カルネ・トントロ(愛称:ママン)
活動場所 広い
種族 山姥
能力 子供を守る程度の能力
二つ名 ゴッド・マザー
性格・特徴 一人息子を守る事ばかり考えており、異を唱える者には容赦しない。
職業 財閥総帥
所在 漂流都市
外見・服装 幻想郷の古参妖怪よりずっと年下だが、一番年上に見える程度の外見。
金ラメの入った白髪を後ろで纏め、塩沢トキのような髪型。
横にホクロの付いた魔女っ鼻と、梅干しを含んだような口。
歯は健康そのもので真っ白く、発達した牙まである。
いつも紫色の服を着ているが、幻想郷の最古参の大妖怪に対抗意識を
持っており、彼女と会食する際も、相手の色にぶつけるつもりで、
紫色の服を着て行く。相手は嫌がり、その時だけ色を変えるらしい。
関係人物(血族) パーヴォー(一人息子)
関係人物(仕事) 八雲 紫(幻想郷外交使節)
徴(妄想郷外交担当)
幻想卿(幻想卿最高元首)
他多数

解説
パーヴォーの母親。トントロ・コンツェルン総帥。息子を過保護に育てた張本人。

おまけ2